• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「弱者」が「弱者」を襲う『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち』
~大人の視線は感染する

2009年11月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「ホームレス」襲撃事件と子どもたち いじめの連鎖を断つために』 北村年子著、太郎次郎社エディタス、2200円(税抜き)

 柳家小三治さんの現代落語ネタに「駐車場物語」というのがある。

 自宅近くに借りていた、駐車場の空きスペースにホームレスが住みついて、困っている。

 そばに寄りたくないし、日々、この野郎と苦々しい。「今日こそは叩き出してやろう」と出向きはするものの、「まあ……」と先送りしてしまう。このホームレス氏、意外と礼儀正しい態度なのだ。

 言い出しかねているうち、駐車場が乗っ取られていくという話で、実体験をもとにしたノンフィクションらしい。

 ワタシはCDで10回以上聞き返しているのだが、ツボは、「やだなぁ」とうつうつしていた話し手の小三治さんに、「うらやましいなぁ」の感情が芽生えてくるあたりからだ。

 腹立ち半分、好奇心にやけも混ざった心持ちで観察しているうち、ホームレスの名前を知る。「ハセガワさん」。

 ハセガワさんから呼びかけられ、ご近所の挨拶すら交わすようになるのだが、相手は勝手に駐車場に居座ったホームレスである。とはいえ、病気で寝込んでいたりすると、放っておけなくなる。

 客席が、花が咲いたかのように笑い声でわきかえるのは「ハセガワさん」を連発する瞬間からだ。とび職だったが、身体を壊してホームレスになったという身の上を理解してしまった以上、お客の目に見えるのも、物体としてのホームレスではない。そこにハセガワさんがいるかのように思えてくる趣向である。小三治さんにとって、そこにハセガワさんがいるのが迷惑なんだか楽しみなんだか、わからなくなるというあんばいだ。

なぜ子どもたちは襲うのか

 さて、話は変わる。いまから10年ちょっと前のこと。ホームレスへの襲撃事件が多発していた川崎市で、ある取り組みがなされていた。

 野宿者を狙った襲撃事件は他の都市でも起きていたが、他の自治体との大きな相違は、事態をあんじたボランティアの人たちに突き動かされるかたちで、市の教育委員会も重い腰をあげ、問題に対処しようとしたことだ。

 では、何が行われたのか?

 ある中学では、校長以下、教師が率先して「授業」として、生徒たちがホームレスの人たちにインタビューするという機会を設けた。ボランティアの人たちが行う見回りパトロールなどにも参加させ、ホームレスの実際を理解させようとするものだった。

 授業の最初では、「くさい」「汚い」という生徒たちが大勢いて、「ホームレスは襲われてもしかたない」とさえ言う子も少なからずいた。

 けれども、野宿生活をするまでは、家族もいて、ちゃんと定職にもついていた。怠け者だからホームレスになったというよりも、だれだっていつそうなるかわからない。“ホームレス=不気味なエイリアン”だったのが、ひとりひとり顔をもった人間として見えてくると、「襲撃はあってはならない」が過半数をしめるようにいたる。そこまでの変化が詳細にレポートされている。

 このときの授業を行った担任教師は、こう述べている。

〈「“野宿労働者を襲撃したっていいんじゃないか”という生徒の意見が多かったときに、“でも、絶対やっちゃいけないことなんだ!”という自分の一言で授業を終わらせてしまったら、やっぱりいけないと思った。ぼく自身のなかにもホームレスへの認識不足や差別意識など、まだ納得できない部分があったし、これはもっと話しあっていかなくてはと思いました」〉

 授業後も、自己責任だと、ホームレスに同情しないという子どもたちはいたけれど、それはそれで、小器用に優等生じみていなくて、ワタシなんかは健康的だと思う。一回の授業でコロリと全員の意見がひっくり返るなんて、そっちのほうが怖いことだろう。それでもさすがに「襲撃してよい」という子はいなくなった。

 しかし、なぜ若者たち、子どもたちは、ホームレスを襲うのか。なぜ自分たちの方からわざわざ近寄り、攻撃をせずにいられないのか。その背景をあぶりだそうとするのが、本書の柱だ。

コメント0

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授