• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

54. 「そんなの知らない」と誇らしげに言う人たち。
~「下から目線」と「負の教養主義」(2)

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年11月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 前回、下から目線の人たちの「負の教養主義」について予告しておいたとおり、その話をさせてもらおう。

 ドイツ哲学やクラシック音楽や世界文学の名作や近代美術といったものを背負った「旧・教養主義」は、大正時代に誕生し、その後少しずつ性格を変えながら昭和初期に拡大、第2次世界大戦後も昭和30年代までは元気だった。1960年代の学生運動の盛り上がりと終焉は、いわば教養主義の自己解体作業だった。1980年代半ばの「ニューアカデミズム」を、旧・教養主義の最後の輝きと位置づける論者もいる。

 旧・教養主義が退潮すると、1970年代には「サブカルチャー教養主義」と「負の教養主義」が若者の文化を牽引する。

人狼城の恐怖 第一部 ドイツ編』二階堂黎人 著、講談社文庫、980円(税込)

 「サブカルチャー教養主義」とは、伝統的なジャズファンやSFマニアやミステリオタクに見られるような、サブカルチャーにかんする知識で人を恫喝するタイプの人たちの思考パターンである。これについては2006年以降、何度か書いてきた。そのことで、世界最長の本格ミステリ小説『人狼城の恐怖』の作者・二階堂黎人さんと論争(?)になったこともある。

 しかし今回あつかうのは「サブカルチャー教養主義」ではなく、「負の教養主義」の側面だ。

 「サブカルチャー教養主義」と「負の教養主義」とはどこが違うか。

 「サブカルチャー教養主義」は、ポップミュージックや大衆文学や漫画やアニメやアイドルといった文化事象にかんする知識の集積の上に立っている。のちに1990年代には、特定の分野に詳しい人のことを「××オタク」と呼ぶようになるのだが、要するにそういう「××オタク」を生んだのが「負の教養主義」なのだ。

 ここでは「旧・教養主義」が蔑視したサブカルチャーへの「のめりこみ」と、「旧・教養主義」にたいする反感・揶揄とが入り混じっている。1970年代に目立ったとはいえ、ミステリマニアやジャズファンのように、それよりずっと前から存在していたものが核となっている。そしてこの「サブカルチャー教養主義」は、21世紀に入って急速に滅亡への道を辿っている。「サブカルチャー学力崩壊」である。

コメント19件コメント/レビュー

バッハだってモーツァルトシェイクスピアだって、当時は最先端のPOP、サブカル扱いでしょ?▼3Bにビートルズを加えて4Bなんて呼び方もする向きもありますし。▼メインカルチャー、サブカルチャーと分けるのは、受け手次第だと思います。▼iPodでカラヤンも木下伸市もモー娘。も全部ひっくるめてシャッフルで聞くと、ちょっと面白いですよ。(2009/11/30)

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

バッハだってモーツァルトシェイクスピアだって、当時は最先端のPOP、サブカル扱いでしょ?▼3Bにビートルズを加えて4Bなんて呼び方もする向きもありますし。▼メインカルチャー、サブカルチャーと分けるのは、受け手次第だと思います。▼iPodでカラヤンも木下伸市もモー娘。も全部ひっくるめてシャッフルで聞くと、ちょっと面白いですよ。(2009/11/30)

3週間で消えるゴシップネタ。100年先に残るハイカルチャー。ということで案ずるなかれ。迷わず行けよ。行けば分かるさです。(2009/11/30)

芸術のジャンルなんて、肌の色の違いのようなものです。上も下もない。向いてる方向が違うだけ。また、サブカルの中にも色々な層があります。メディアに映る「秋葉原文化」は、古い人から見れば、すっかり上っ面だけの物に変質してしまいました。サブは潜ってこそ快楽なのに。メディアに脚色され、上も下も誤解だらけです。「サブカルチャー」側、殊に秋葉原の住人の一人としては、望んで自ら潜っている人も居る事を、知っておいてもらいたいです。そういう人は、大抵は他の文化にも寛容か、棲み分けができています。隣の山といった感じ。サブカル、殊にオタクという生き様の醍醐味は、世を忍び、他の文化とのギャップを実感する所にあるからです。「M」ですね、ハイ。斯様にして「上から目線!」と真顔なって怒っている、ONとOFFの切り替えをしない層とは、また違う存在なのです。しかしまあ、同じ側で素行の悪い者が居る事ほど、居心地の悪い事も無いのです。イロイロとスミマセン。(2009/11/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授