• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

限られた時間を有効活用するテクニックあれこれ

【第4回】出版する価値のある本を作るには(その2)

2009年12月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回の、本を書くために必要な2つの力(「出逢い力」と「コンテンツ力」)はいかがでしたでしょうか? 何を書くかというコンテンツ力とそれを出版するきっかけを作る出逢い力があれば、後は原稿さえ書ければ、めでたく著者としてデビューということになります。

 しかし、ビジネスパーソンには本業がありますから、書くことに割ける時間は限られています。平日の朝から晩まで仕事をしている場合、執筆に当てられる時間は大きく

 平日の出勤前か帰宅後

 通勤時間

 休日

 の3つしかありません。その中で時間配分を行い、原稿を作り上げていかなければならないのです。そこで必要になってくるのが、3つ目の力「時間活用術」です。今回は執筆時間を捻出するための上手な時間の使い方について考えてみます。

「書く」という作業を分解する

 本の原稿を書く、といってもいきなり原稿用紙に向かって書く訳ではありません。少なくともビジネス書を執筆する場合は、原稿を書き始める前にいくつかのやっておくべきことがあります。私の場合、「書く」という作業を4つに分類しています。

「書く」とは、「考える」と「執筆する」に分けられる

 考える

  1. アイデアを出す

  2. 構成を考える

 執筆する

  3. ドラフトを作る

  4. 赤入れ修正して完成させる

 時間配分で言えば、前半の考えるフェーズが3割、後半の書くフェーズが7割くらいですが心理的には半々くらいのイメージです。考えることと実際に文章を書くことは、いつやるのが良いかが随分違った作業になります。

 前回お話した企画書を作るというのは、上記の「1.」と「2.」に当てはまります。実際に企画が通ったら、書き始める前にもう一度構成案をしっかりと考えておいた方が良いと思います。

まとまった時間と細切れの時間を使い分ける

 ビジネスパーソンが使える3つの時間のうち、まとまった時間が取れるのは休日しかありません。平日は油断していると、あっという間に時間が過ぎていき、細切れの時間しか取れません。執筆の時間を確保するためには、3つの時間で何をするのか、例えば次のように大まかに決めておくことが大切だと思います。

執筆の時間配分例

 平日の出勤前か帰宅後・・・ドラフトを作る

 通勤時間・・・アイデアを出す、赤入れ修正

 休日・・・構成を考える、ドラフトを作る、赤入れ修正

アイデア出しは思いつくままに

画像のクリックで拡大表示

 アイデア出しのような長い時間をかけても必ずしもアウトプットがあるとは限らないプロセスは、通勤時間のような細切れの時間が向いています。特に朝の通勤時間は頭が冴えていますので、このようなクリエーティブな活動に向いています。

 本のコンテンツの方向性を考えながら、どんな内容が考えられるかを思いつくままに書き出していくのです。つまらないアイデアや駄洒落のような語呂合わせも、意外に後から役に立ったりしますから、すべて記録しておきます。

 例えば今回の連載の構成を考える前に「アイデア出し」として書いたのは、A4判の紙に赤ペンで書いていった1枚のシートでした。

コメント1

「内藤忍の「執筆のすすめ」 読んで学び、書いて磨け」のバックナンバー

一覧

「限られた時間を有効活用するテクニックあれこれ」の著者

内藤 忍

内藤 忍(ないとう・しのぶ)

資産デザイン研究所社長

銀行や投資顧問、ネット証券など金融機関で30年近く仕事し、2013年に資産デザイン研究所を設立。 コンサルティングやセミナー、書籍などを通じて、お金の不安を解消する具体的なソリューションを提供する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長