• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【最終回】日本人の働き方を変える、“大人のための社会科見学”の場

  • 嵯峨 生馬

バックナンバー

2009年12月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 仕事を通じて培ったスキルを生かしたボランティアであり、社会貢献のもう1つの新しいスタイルとも言える「プロボノ」。

 プロボノは、従来のボランティアに対するイメージの幅を広げ、社会人が自らのスキルを生かして社会参画することで、より大きなインパクトをNPOなどの社会貢献セクターに与えながら、同時に、自身のスキルを客観視したり、仕事に対する意識を深めたりする可能性がある。

仕事でもない、趣味でもない、第3の活動場所

 プロボノの最大の特徴は、営業、企画、広報、宣伝、総務、人事など、どんな職種の人であっても、そのポジションで培った仕事のスキルと経験を生かして社会貢献できる、という点だ。転職をするわけでも、ましてや、起業(社会起業)をするわけでもなく、かといって、日ごろ慣れないことをするわけでもなく、自らの日々の仕事をそのまま活かしてできる社会貢献の方法、それがプロボノなのである。

 連載を通じて、たびたびプロボノを経験した人の声を紹介してきたが、また別の経験者は、プロボノを「仕事でもない、趣味でもない、第3の活動場所」と呼んでいる。

 「仕事で得るような達成感と、趣味で得るような楽しさの両方が得られる充実感は、今までにないものでした。また、仕事や私生活では縁のないクライアントを担当することで視野が広がったとともに、他のチームメンバーからは、“こんな考え方、進め方があるのか!”とよい刺激を受けました」(30代・女性/ライター)

 通常、ボランティアというと、仕事とは別の世界で取り組むものと思われがちだ。そこが、プロボノの場合、参加する人の多くが、ボランティアとして(つまり社外活動として)参加しているにもかかわらず、結果的に、仕事に対する何らかのフィードバックやインスピレーションを持ち帰っているという点は興味深い。

 それにしても、なぜこのようなリアクションが生み出されるのだろうか。

 それは、プロボノを通じて支援する対象が他ならぬNPOなどの社会貢献活動であるということと、実は密接に結び付いている。

NPOのテーマは“分母の大きい分数”

 昨今、NPOに関する報道や記事を見かけることも多くなり、NPOに関して一通りの知識を持っていたり、具体的なNPO団体を知っている人も増えてきた。

 しかしながら、実際にNPOがどのように運営されているのかについて、詳しく知っているという人はきわめて少ない。また、それと同様にNPOで働く人がどういう人で、NPOに関わる人がどういう意識や価値観かといった、血の通った情報になると、なかなか一般の多くの人はリアリティを持ち合わせていないというのが標準的なところだろう。

 NPOという組織について馴染みがないのに加えて、実は、NPOが取り組むテーマそのものについても、馴染みがある可能性が低い。というのも、NPOが取り組んでいるテーマというのは、いわゆる、“ふつう”の人が、“ふつう”に暮らしていたら、あまり関係がないことかもしれないからだ。

コメント1

「PRO BONO(プロボノ)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師