• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

宴席で譲り合う貴方、軽自動車に優しくしてますか?

第22回:スズキ ワゴンR【試乗編】

2009年12月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 すっかり寒くなって参りました。熱~く燗をした日本酒が恋しくなる季節でございます。

 通の方からすると、良い日本酒を燗してしまうなどは言語道断、人肌程度のぬる燗が一等旨いのだとお叱りを受けてしまいそうですが、やはり寒いときは熱燗に限ります。

 寒くなるのと同時に忘年会がボチボチと始まりまして、連日連夜の宴会が続きます。

「おっ、ヤマグチさん、お待ちしておりましたよ。相変わらず顔色が良いですなぁハハハハハ。いや今年もお世話になりました。ささ、奥のお席へドーゾ。え? 私が奥へ? 何をおっしゃいますやら。ヤマグチさんが奥、オク。そっちですよほら。お招きしたのはウチなんですから。ご遠慮なさらずにホント」

 こちらとしても目上の方を下座に置く訳にはいきませんから、必死で抵抗します。

「いえいえそんな。私のような若輩者が奥へ座ったらバチが当たります。オクダさんこそ奥のお席へ。あ痛たたたた。肩を押さないで下さい。いや実は自転車で転んで脱臼してしまいましてね。いやお恥ずかしい……。話せば長いのですが、ともかく肩はダメです」

 急所の肩をやられたのには参りましたが、私としても簡単に引き下がるワケにはいきません。ヤマグチさんこそ、いえいえオクダさんこそ。こんな感じで“上座譲り”の不毛な攻防戦が延々と繰り広げられます。

画像のクリックで拡大表示

 この時期のこうした光景は、私の回りだけではなく日本各地で見られることでしょう。“オヤジ臭い”と笑い飛ばすことは簡単ですが、この譲り合いの精神こそが、我が国伝統の文化。日本人の美徳なのではありますまいか。そう、譲り合いの精神です。私たちは、宴席ではシツコイほどに譲り合う。

 なのに、しかしひとたびステアリングを握り道路へ出て走り出すと、日本人はなぜかくも“譲らなく”なるのでしょう。宴席では慇懃無礼と言えるほどに腰が低いオクダ氏も、路上に出れば人格が豹変して、頑として道を譲らぬ傲慢ドライバーに変身するのでしょうか。
 ・・・特に軽自動車に対しては。

 今回の試乗記は、スズキが産んだ軽自動車界の革命児、「ワゴンR」であります。

画像のクリックで拡大表示

 「トールワゴン」というコロンブスの卵的発想でデビューしたのが今から16年前の1993年。以来着々とモデルチェンジを重ね、現行モデルは当代取って4代目。ダイハツのムーブ、ホンダのライフ、三菱のトッポ……と多くのフォロアーを産み、ひとつの確固たるカテゴリーを造り上げました。

画像のクリックで拡大表示

 何しろこのワゴンR、三代目プリウスが登場するまで、長らく“日本で一番売れていたクルマ”のタイトルを欲しいままにしてきたスズキの代表選手です。悪かろう筈がありません。後部座席を倒せば大きな荷物をポンと放り込むことができ、席を起こせば大人4人が十分に寛いで乗車することができます。軽自動車の排気量は最大値660ccと規制があるため、エンジンはバイク並みの小振りなものがチョコンと搭載されているのですが、ターボチャージャーで武装されているので、これまた信じられないほどのパワーを絞り出します。

 高速道路では100km/hの巡航なんて楽々で(リミッターは130km/h)、料金所から本線への合流も、何らストレス無く、サッと行うことが出来ます。それでいて車体が小さいから取り回しが良い。狭い道でのすれ違いも楽々です。さらに軽いから燃費性能にも優れています。高速と下道がほぼ半々の走行で、(燃費のことを一切考えず、好きなように乗り回して)およそリッター15km。これならハイブリッドなど必要無いじゃんという感じです。オマケに税金も安く保険も安い、と来るのですから、これはもう非の打ち所がありません。自動車業界のミスターパーフェクト。アーネスト・ホーストの様なクルマであります。

 しかし。しかしですよ皆様。
 幹線道路を走ると何とも酷い目に遭うのですよ。

 前回のコラム冒頭で書いた、「今回ばかりは我が国が歪な階層社会であることをイヤと言うほど思い知らされました。」というアノ部分。今回はそこをつまびらかにいたしましょう。

コメント36

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「宴席で譲り合う貴方、軽自動車に優しくしてますか?」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト