• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「マリオ」に込められた2つの革命

2009年12月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 さあ年末商戦です。となれば商戦の大本命「New スーパーマリオブラザーズ Wii」に触れないわけにはまいりません。

 どんなゲームなの? とたずねられたら、「とにかく、凄いゲームですよ」と答えておきましょう。

画像のクリックで拡大表示

 「スーパーマリオ」シリーズについては、説明する必要はありませんよね? ゲームの歴史に金字塔を打ち立てたアクションゲームであり、全世界でもっとも売れたシリーズです。今回の「New スーパーマリオブラザーズ Wii」も、全世界で1000万本を超えるヒット作となるのは間違いなく、2000万本まで行っても誰も驚かない、というケタ違いのブランド力を持っています。

 しかし、その最新作となる「New スーパーマリオブラザーズ Wii」は、ブランド力に甘えることなく、従来のゲームの常識を根本からひっくり返す、きわめて革命的な挑戦を行ってきました。

 くれぐれも、人気シリーズなんだから、売れて当然だよね――などと思わないでください。ゲームビジネスの未来に興味があるのなら、絶対に体験しておいて、そこに込められている挑戦心を知っておくべきタイトルなのです。

「誰とプレイするか」が面白さを変えていく

 すごいすごいと言ってるけど、何が凄いのか?

 まず、4人で同じステージを一緒に冒険できることが凄いのですね。これまでのように、1人でコツコツとステージをクリアしていくだけのゲームではなく、4人で同時にコントローラーを握り、同じ画面の中でキャラクターを操作して進んでいきます。

 おおげさにいうならば、これが「ゲームの常識」をひっくり返します。

 いままでは、誰もが、自分にとって面白いゲームを探し、プレイしてきました。当然のことです。それぞれゲームの腕が違うのだから、自分に合ったゲームをプレイするのは当たり前。

 しかし「New スーパーマリオブラザーズ Wii」は違う。なぜなら、このゲーム、あなたの実力だけでは面白さが決まらないんです。大切なのは「誰とプレイするか」なんですね。

画像のクリックで拡大表示

 たとえば、パパと子供が一緒にプレイするのであれば、みんなで和やかに協力し合うゲームになります。互いに助け合うことができ、上手い人が先導し、下手な人を先へと連れていってあげる、といった遊び方ができます。

 しかし、ひとたび同じくらいの実力の人たちがコントローラーを握ると、ゲームはまったく違う顔を見せます。互いにちょっかいを出し、妨害しまくり、トップを目指すという、きわめてスリリングな「対戦・競争型ゲーム」に早変わりします。

 まったく同じステージを、まったく同じルールでプレイしているにもかかわらず、「誰とプレイするか」によって、ゲームが産み出すエンタテインメント性が、くるくると違う顔を見せてくるんですよ。これが、なんとも凄い。

 1人でコツコツと進めていくゲームとしての完成度を、ピカイチのレベルで保った上で、「協力して遊ぶ」ことや「対戦して遊ぶ」ことを、同時に配慮しながらステージを設計しているということです。いやはや、どれだけの労力を注ぎ込めば、こんなゲームが作れるのでしょう。

みんなをクリアに導く「おてほんプレイ」

 「New スーパーマリオブラザーズ Wii」は、もう一点、革命的なことにチャレンジしています。

 それが「おてほんプレイ」です。

コメント10

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「「マリオ」に込められた2つの革命」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長