• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

月に1万8000台、「地方の国民車」はこうして生まれた

第23回:スズキ ワゴンR【開発者編】その1

2009年12月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 来週はクリスマスだというのに、ちっとも寒くなりませんね。

 私はスキーが大好きで、雪便りを聞くともういても立ってもいられなくなるのですが、地球温暖化の影響なのか、今年は一向に雪が降ってきません。国内のスキー場はどこも絶望的な状況で、開場の安全祈願に呼ばれた神主さんが、少しも雪の着いていない原っぱのような無惨なゲレンデで、半ばヤケクソ気味に大麻(タイマじゃないですよ、オオヌサと読みます。あのシャカシャカした紙のついた棒です)を振り回していたりします。

 スキーに行くには雪道を走る必要がある(この状況では大して心配いらないのですが……)。雪道に強いのは何と言っても4輪駆動車です。とりわけ軽のヨンクは圧倒的に強い。

 今まであまり気を付けて見ていなかったのですが、見渡してみると各社の軽自動車にはヨンクの設定が実に多い。多い、というか、ほとんど全ての車種にヨンクが設定されています。これは普通乗用車には見られない、いかにも特異なラインナップです。

 何か特別な事情でもあるのでしょうか。軽自動車は日本で産まれ、日本で育まれた、非常に特殊なカテゴリーのクルマです(韓国にも「軽車」“キョンチャ”と呼ばれる似たようなカテゴリーがあるのですが、何せあちらは排気量が1000ccとかなり規格が違います。あ、クルマにご興味のない方に付け加えますと、軽自動車すなわち黄色ナンバーのエンジンは660ccです)。

画像のクリックで拡大表示

「軽」はニッポンの国民芸かも

 小さなエンジンに小さなボディ。ガチガチに制約された条件の中、それでも必要にして十分なパワーとスペースを、創意と工夫と努力と根性で捻り出してしまう。必要なものをギュッと凝縮した、自動車版幕の内弁当とも言える、世界に誇るべき我が国の至宝。“軽”を通してこそ見えてくる、日本人の底力、日本人のものづくり精神があります。

 では軽のナンバーワンたるワゴンRを造っているのは、一体どんな方なのでしょう。
 趣味は箱庭造りで、好物は幕の内弁当。なのかも知れません。

 お話を伺ったのは、ワゴンRの開発責任者である松井時男さん。二輪(バイク)が大好きで、二輪の設計を志望してスズキに入社したにも関わらず、「入社以来四輪しかやったことがありません」と仰る、私と同い年のチーフエンジニア。

 さあさあそれでは参りましょう。フォルクスワーゲンと組んで、世界制覇を虎視眈々と狙う悪の軍団ショッカー……じゃなくて浜松の雄スズキ。
 看板娘であるワゴンRの開発責任者、松井時男氏のお出ましです。

*   *   *

フェルディナント(以下、F):始めまして。フェルディナント・ヤマグチと申します。今日はよろしくおねがいします。

松井(以下、松):あ、どうも始めまして……あのぉ、あなたがフェルディナントさん……ですか?

F:はぁ、私がフェルディナントですけど……何か?

「ネクタイ締めてくるなんて、予想外でした」

松:何というか、文章からくるイメージと違うので……何かもっとこう、フザけた感じの人かと思っていました。

F:な……。のっけからそんな。それはあの、「SPA!」の記事とかを読まれたからでしょうか?

松:日経ビジネスオンラインです。

F:ええ? 私、この連載が自分の中では一番堅い文体で書いているんですけど。

松:ちゃんとしたスーツも着ているし。ジーンズとか、もっとラフな恰好でいらっしゃるのかと思っていました。

F:あのですね、私も松井さんと同じ勤め人。カタギのサラリーマンなんですよ。

 なぜかここで同行した取材陣から一斉にヤジが飛ぶ。

「あんたのどこがカタギなんですか(笑)」
「そうそう、どっから見てもその辺のゴロツキですよ」
「ほら、ボロが出ないうちにさっさとインタビューを進めて下さい」

 ……わかりましたよ。ボロが出ないうちにね……。
 ちくしょう日経BPめ。この会社は著者のことをもう少し大事にするべきだ。

画像のクリックで拡大表示

F:まず伺いたいのは、あの“ハイト系軽ワゴン”というコンセプト。それまでにも屋根が高い軽自動車は存在していました。でもワゴンRは何かが違っていた。だからこそあれほど売れてきた。あのコンセプトはどうやって産み出されたのですか?

コメント9件コメント/レビュー

軽自動車は煽られるという印象は、普通車から軽自動車に乗り換えた私もそう思います。走り的には普通車の時と同じ走りをしているはずなのですが。。。しかも、煽りだけではなく、割り込みも多い。軽自動車は車が小さい分、実際より遠くを走っているように見えてしまうからだという意見もあるかと思いますが、私が感じているのは、黄色いナンバープレートの軽自動車であることが、煽りや、割り込みの理由のように思えてます。なんで、軽自動車は白いナンバープレートにできないのでしょうか。軽自動車を特別視するより、航続距離の少ない電気自動車や不具合のようなことが発生しているハイブリッドカーを特別視するように、普通車とは違う色のナンバープレートにするべきだと思うのですが。。。軽自動車が黄色いナンバーなのは、普通車を売る側の圧力なのでしょうか。それとも、天下り先をふやすために別にしているのでしょうか。煽りや割り込みといった危険な状況を減らすためにも、軽自動車が特別扱いされないように、普通車と同じ白いナンバープレートにしてほしいと思います。月に1万8000台の国民車なのですから(2010/05/13)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「月に1万8000台、「地方の国民車」はこうして生まれた」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

軽自動車は煽られるという印象は、普通車から軽自動車に乗り換えた私もそう思います。走り的には普通車の時と同じ走りをしているはずなのですが。。。しかも、煽りだけではなく、割り込みも多い。軽自動車は車が小さい分、実際より遠くを走っているように見えてしまうからだという意見もあるかと思いますが、私が感じているのは、黄色いナンバープレートの軽自動車であることが、煽りや、割り込みの理由のように思えてます。なんで、軽自動車は白いナンバープレートにできないのでしょうか。軽自動車を特別視するより、航続距離の少ない電気自動車や不具合のようなことが発生しているハイブリッドカーを特別視するように、普通車とは違う色のナンバープレートにするべきだと思うのですが。。。軽自動車が黄色いナンバーなのは、普通車を売る側の圧力なのでしょうか。それとも、天下り先をふやすために別にしているのでしょうか。煽りや割り込みといった危険な状況を減らすためにも、軽自動車が特別扱いされないように、普通車と同じ白いナンバープレートにしてほしいと思います。月に1万8000台の国民車なのですから(2010/05/13)

地方も地方、ど田舎の豪雪地に住んでいます。高齢化も進んでいますね。だからこの記事の話はまったくリアルそのものです。特に冬、スタッドレスタイヤの時代になってから、クルマは四駆が必須です。貧困と失業が支配していますから、年寄りは出稼ぎや肉体労働で体を痛めています。だから乗りやすく荷物も詰める軽四駆で雪の中を病院通い。若者の職場も小さい事業所がほとんどですから食堂も休憩スペースもありません。食事時はクルマの中でゆっくりくつろぐ訳です。広い車内は有難いことでしょう。貧乏ですから大きなクルマは買えませんが、それでも一人一台です。駐車場は困りません。だから都会の人間の視点とはまるで正反対なんです。こういう現実もあるんですよ。ちなみに私自身の最初に買ったクルマもワゴンRでした。今は記事の中では伏字になってるクルマですが、老いた親を連れて歩くにはこのタイプしかありませんね。(2009/12/20)

年寄りが四駆を選択する理由は、本当に雪の為なのでしょうか?私の考えでは、年寄りの場合、「オートマチックがイヤ」なのと同時に「FFがイヤ」なのだと思います。リア駆動(四駆を含む)でマニュアルシフトという選択は、何も走り屋だから選ぶのではなく、年寄りは、本来の車のあり方として本能で実感しているのだと思います。古い話ですが、実際に、私の親父は、カローラがFFになった時に、カローラからクレスタ(MT)に乗り換えています(確かにATは怖いと言っていた)。FFでATの車というのは、車を単なる移動手段と割り切ったコストパフォーマンス重視からきているようにしか思えません。車が高級嗜好品から生活の一部となったのはよい事なのですが、選択の幅を非常に狭くしている(価格面で)のが現実だと思います。MTかATかという選択は別にしても、FR(MRやRRでも可)の車で若者に手の届く価格帯(150万~200万円)の車を売り続けていれば、現在の車が売れない状況がここまでひどくなってはいなかったのではないかと思う今日この頃です。(2009/12/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授