• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リビドーは、男子中学生の得意技、ではないのだ

『精神分析入門』ジグムント・フロイト著

2009年12月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ぼくは、なぜ、ここにこうしているのだろう

気がつくと、ぼくはここに立っていた。

ぼくがこんなふうに仕事をして、このような生活をしているなんて、若いころ、ほんの少しでも想像したことがあっただろうか。ほんのわずかな予感でも持ったことがあっただろうか。

現実の力に押し切られて、意に反した振る舞いや選択をしたことは、もちろん、ある。
しかし、たいていは、そのときどきで真剣に考えて、自分の心に従って生きようとしてきたはずだ。
ところが振り返ってみると、ぼくの人生、ぼくの生活は、自分の考えや気持ちとはかけ離れた方向へ進み、そして、ぼくはなぜか、ここにこうして立っているのである。
良いとか悪いとかではない。ただ、まったくの予想外であった。

人には心がある。
心に従って生きていく。
心が人生や生活のパイロットだ。

ところがその心はとてつもなく広い。
どこまで広がっているのか、見通すこともできないほど、広い。
また、心は暗い。どんなに目を見開いても、ほとんど何も見えないほど、暗い。
街灯も月明かりもなく、手元に灯るのは豆電球ひとつ。その光がおよぶわずかな範囲だけしか、ぼくは意識できない。

この果てしない闇の中で、巨大なエネルギーを持った何かが、のたうち回っている。
姿は見えないが、そんな気配がする。
足の裏に振動を感じる。予感と胸騒ぎがする。

人は自分の心に従って生きる。
心の中の巨大なエネルギーを持った何かに揺さぶられ、押しやられ、脅かされ、そそのかされて、気がつくと、こんなふうに生きてしまっている。
ぼくの人生のパイロットである、ぼくの心。それはいったいどんなものなのだろう。何を望み、何をしようとしているのだろう。
少しもわからないまま、ぼくは今日も、こうして生きている……。

精神分析の創始者ジグムント・フロイトの本を開くと、ぼくはいつもこのような思いを抱かされるのである。

『精神分析入門』という本

「精神分析」とは、人間の心に関するフロイトの学説のことであり、また、それに基づいた心理療法のことでもある。『精神分析入門』は、フロイトが自ら著した、その入門書だ。

本書は、私が一九一五年から一九一六年にかけての二度の冬学期に、医師も非専門家も、男性も女性も加わった聴衆を前にして行った講義をそのまま再現させたものである。

引用したのは序文の一節。書いてあるとおり、この本は講義の記録なので文体は話し言葉、非常に親しみやすい。しかも、素人に伝わりにくそうなことは、親切にも繰り返し語ってくれる。

ぼくが初めてこの本を読んだのは中学生のときだった。もちろん、年齢なりの浅くいいかげんな理解しかできなかったが、いちおう読み通すことはできた。精神分析を一般向けに説明した本は多いが、「家元」が書いたこの本は、その中でも、相当わかりやすくおもしろい方なのである。

「自分の気持ち」はわからない

フロイトが講義のはじめから全力で聴衆に理解を求めるのは、人間には「意識できない心の働きがある」という事実だ。

フロイトは言う。
心と意識を区別して考えよう。「自分の心」といっても、自分に見えている部分(=意識)は、そのうちのほんの一部に過ぎない。つまり人間は、基本的に自分の心がわからないのだと。

フロイトのそんな話を読むと、小学生時代のイヤな思い出がよみがえってくる。

小学生のころ、ぼくは祖母に向かって、ひどく悪いことを言ってしまったことがある(何を言ったかは覚えていない)。悪気はなかった。キツイ言葉を口にするつもりはまったくなかったし、冗談を言おうとして、はずしたのでもなかった。「魔がさした」というのだろうか、その一瞬、なんだか自分が自分でなかったみたいだった。言った直後に、そばにいた母に強くたしなめられた。しかし、悪いことを言ったという実感もなくて、「え? あれ? 今、変なこと言ったのは、ぼく?」と、とまどっていた。ほんの数秒前の出来事なのに、何年も昔のことを思い出しているような不思議な気分だった。

これが、「自分の心は自分では把握できない」と実感した最初の経験だった。

コメント8件コメント/レビュー

人は死から逃れられません。だからその死を意味のあるものにしようと「他人のため」などの言い訳を強く求めています。と、言う考え方をすると、人間はやはり利己的だとなります。ただ、思うんですが、利己的で良いんじゃないでしょうか?私の利益が他人の利益につながったら楽しいじゃないですか?「分かり合えないまま何とかやっていこうよ」と言う結論はやっぱつまんないです。(2009/12/22)

「生きるための古典 ~No classics, No life!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人は死から逃れられません。だからその死を意味のあるものにしようと「他人のため」などの言い訳を強く求めています。と、言う考え方をすると、人間はやはり利己的だとなります。ただ、思うんですが、利己的で良いんじゃないでしょうか?私の利益が他人の利益につながったら楽しいじゃないですか?「分かり合えないまま何とかやっていこうよ」と言う結論はやっぱつまんないです。(2009/12/22)

いくら自分の精神の中をさまよっても、所詮はタマネギの芯を探るようなものですよ。人間は社会化された存在だから、他者との関係、他者の目に投影される形を通して理解すべきものもあります。自愛の価値観から最も遠い自己犠牲など、他者への愛情抜きには語れません。この辺になると宗教の世界ですが。(2009/12/22)

岡さん、ほんとうにこの世界や人々や生命というものが“現実”に“在る”ものだと思いますか?この世界の証明や認識は自己の意識下の元でしかあり得ないものかもしれないのに。時として無限の答えは、答えなどないかのように見えるものです。だけどそれはとてもシンプルなもの。それは誰にでも与えれれていて、誰も気付くことの出来ないものなのではないでしょうか。(2009/12/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長