• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今すぐ行動するための7つのアクションプラン

【最終回】言い訳する前に今日から行動しよう

2009年12月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 さて、好評をいただいたこの連載もいよいよ今回が最終回になりました。これまでビジネスパーソンのキャリアアップの1つの方法として「本を書く」ことを提案してきましたが、まとめてみるとこうなります。

ビジネスパーソンにこれから必要なのは、会社に頼らないパーソナルスキル
その1つの方法として自分の本を出版するという戦略がある
本を書くのには3つの力(コンテンツ力、出逢い力、時間活用力)が必要
会社との関係を良好にすることで、本を書くことをサスティナブルな活動にすることができる

自分に言い訳するのは、もうやめよう

 最近、ビジネスパーソンのキャリアに関してセミナーや講演会でお話する機会が増えましたが、そこで私がいつも申し上げることは「言い訳はやめてまずは行動しよう」ということです。

 例えば、以前この連載に対する読者の方からのコメントに、「内藤さんは特別な例外」というのがありました。私には、それが本を書くのは特別な人であって自分には無理、という「言い訳」に聞こえました。

 自分と同じ環境の人など誰もいません。それぞれの立場で最大限の努力をして、結果を出そうとしているのです。最初から自分にやらない理由を作るのはやめるべきです。

 仕事帰りに居酒屋に行くことがありますが、そこではいつも隣のテーブルからビジネスパーソンの言い訳や嫉妬の声が聞こえてきます。

 「あいつはいいよな」

 「オレには無理だね」

 文句を言うだけで行動しない。人と比較してひがむ。そして、自分にいろいろと言い訳をしてやらない理由、できない理由を正当化しているのです。

 この連載を読んで、自分とは違う、私の会社では無理だ、この話は例外だ、私には無理・・・などと考えているなら、それも言い訳です。実際、私以外にも、ビジネスパーソンで同じような活動をしている人は、老若男女問わずたくさんいるからです。20代で本を書き、仕事をしている人もいれば、小さな会社でコツコツ仕事をしながら出版を実現した人もいます。

 他人のせいにする「他責」はもうやめましょう。自分の現在の環境は自分の今までの人生の選択の結果であることを受け止めるのです。そこから自分の力で自分の成長をつかんでいくのです。

 現状を素直に受け入れ、そこから最初の一歩を踏み出すことを今日から始めれば良いのです。

 本を書くことに関しては、転職などと少し違うところがあります。それは年齢と共に本を書ける可能性が高まるということです。転職は30代までに、とよく言われますが、本を書くということに関しては、むしろ年配の方のほうが経験によって、たくさんのコンテンツを蓄積しており、書く引き出しをたくさん持っていると思います。

コメント2

「内藤忍の「執筆のすすめ」 読んで学び、書いて磨け」のバックナンバー

一覧

「今すぐ行動するための7つのアクションプラン」の著者

内藤 忍

内藤 忍(ないとう・しのぶ)

資産デザイン研究所社長

銀行や投資顧問、ネット証券など金融機関で30年近く仕事し、2013年に資産デザイン研究所を設立。 コンサルティングやセミナー、書籍などを通じて、お金の不安を解消する具体的なソリューションを提供する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長