• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「カネがないから仕方ない」なんて泣き言、ハママツでは許されません

第24回:スズキ ワゴンR【開発者編】その2

2009年12月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回「月に1万8000台、「地方の国民車」はこうして生まれた」から読む)

 どうやらガソリンは安くならないようです。

 選挙前までは、「マニフェストを守れなければ下野する」とまで宣っていた鳩山総理ですが、結局ガソリンに対する暫定税率は変わらずで、(正確に言うと、暫定税率は廃止されましたが、何か別の名前の変な税金が同額課されるようです)要は「カネが無いからしょうがないだろ」と言うことです。

 何かアレですね。結婚前まで散々良いことを並べておいて、いざ結婚してみたら何も公約を実行しない口先男の手口を見るようです。

「ねえあなた、夏休みは毎年ハワイに連れて行ってくれるんじゃなかったの?」
「カネがないからしょうがないだろ」。
「いつまで私の部屋に居るのよ。早く広いところに引っ越しましょう」
「カネがないからしょうがないだろ」。
「結婚記念日には思い出のレストランでディナーを……」
「カネがないからしょうがないだろ」……。

 国のトップである総理大臣の約束があまりに軽いモノですから、我が国を代表する大企業の提携話も、総理をダシに煙に巻かれることになる訳です。

 このたび独フォルクスワーゲンとの包括的資本・業務提携の発表をされたスズキの鈴木修会長は、11月の中間決算発表会見時には、VW社との提携を全面否定しておられました。そして先日の提携発表記者会見では、

「会っただけで(交渉を)やっているとは言えない。日本では、首相が解散権を行使する時はウソをついてもいいことになっている。それと一緒だ」

 とおっしゃいました。

 提携という企業の重要事項を、事前にわざわざマスコミに言う必要はもちろんありません。首相が平気でウソ吐くんだもん。俺らだってこれくらいの煙幕は張るわな、という鈴木氏一流のウィットに富んだマスコミ操縦術なのでしょう。

 さて、その鈴木修会長が社長に返り咲いたスズキの看板娘ワゴンR。開発者松井氏へのインタビューの続きを始めましょう。「カネがないから仕方ない」なんてフヌケタ言いぐさは、鈴木会長も、軽自動車の開発者も許さない、許されないことがわかります。

画像のクリックで拡大表示

¥   ¥   ¥

フェルディナント(以下、F):ワゴンRは今や日本を代表する軽自動車の代名詞であり、またスズキの利益を牽引する看板娘でもあります。先ほどはパドルシフトをスズキで初採用されたと伺いましたが、このクルマ専用に使っている、特別な技術とか特別な素材とか、そういうものは有りますか?

松井(以下、松):有りません。

F:ボディに特別な鉄板とか、ワゴンRだけのエンジンとか、そのようなモノって無いんですか?

松:無いですね。そんなことしたら原価が高くなっちゃうもの。ウチはコストの縛りが大きいんです。

F:そうか。なるべく部品の共通化を図って、コストダウンしなければいけない。

松:そうです。とにかく「新しい部品は起こすな!」と、会長(鈴木修会長兼最高経営責任者)にもかねがね言われているもので(笑)。

F:会長キター!(笑)。部品や技術はアリモノを使えと。

アリモノを使え! そこにこそコストとやりがいの両立が

ワゴンR 開発責任者、松井時男氏

松:そうそう。アリモノを使えと。何でアリモノかと言うと、それは今まで何十年も技術が蓄積されていて、品質も保証されているからです。特に機能部品なんかはそうで、我々もよほどの理由がない限り、新しくは造りません。それでも意匠部品など、流行廃りがあるのは時代に合わせて変えていきますが、見えない部分の機能部品は、もうとにかくアリモノを使えと。だから償却に関しても、それはもの凄い台数で出来るようにしています。

F:エンジニアからすると、どうなんですかそれは。

松:やり甲斐がありますよ。工夫のし甲斐がある。ここは前のヤツをそのまま使えるなとか、こっちはラパンに持っていこうとか……パズルをするみたいに。よほどの理由がない限り変えられないから、どうしても変えたいときは自分でうんと勉強するようになるし。

F:なるほど。ところで鈴木会長は何で社長に戻られたのですか。

松:ほい広報さん、公式回答を(笑)

ここで松井氏は、同席されていた広報部の池田氏に答弁を託す。

広報 池田氏:お答えいたします。リーマンショック以降、会社を取り巻く経済環境は非常に厳しい状態にあります。そうした状況下、社員がこれぐらいの頑張りを続けていれば、これくらい会社は伸びるだろう、と勘違いをしている人も少なくないということを会長は非常に危惧しておりまして。ここに来て急にガタっと会社の業績が厳しくなったので、その責任を取る、火中の栗を拾う思いでもう一度社長職に戻る。そういった決意の表れでございます。

F:なるほどなるほど。少し前だとユニクロの柳井さんがそうだし、最近だと日本板硝子の藤本さんもそう。スズキに限らず、業界で“勝ち組”と目されている企業のトップが続々と復帰しているのですが、これは非常に興味深い現象ですね。

池:いえウチは勝ち組だなんてそんな……

F:明確に勝ち組ですよ。だって自動車でこの時期に利益が出ているんだもの。

編集Y:しかしスズキにユニクロ、日本板硝子。すごい三題噺ですね。

コメント5件コメント/レビュー

浜松に住んでいますが、こちらはほんとうにワゴンRが多い(それとホンダのインテグラ)軽自動車といえばワゴンR、という感じです。(2009/12/25)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「カネがないから仕方ない」なんて泣き言、ハママツでは許されません」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

浜松に住んでいますが、こちらはほんとうにワゴンRが多い(それとホンダのインテグラ)軽自動車といえばワゴンR、という感じです。(2009/12/25)

今のエコカー減税は大きい車で、ちょっと燃費を良くするだけでOKというのはおかしい。相対評価ではなく、絶対評価にすべき。ただ、軽自動車の規制ももうお役ゴメンではないか?今の枠を撤廃し、燃費がよければ大幅に優遇するとすれば、軽自動車が枠ぎりぎりの大きさにして、デザインがつまらなくなったり、排気量規制のためにターボを使ったりすることなく、自由につくれる。技術力で燃費がよければ、大幅に優遇する「エコカー」ナンバーを作って差別化する。そうなると、軽自動車の優遇はなくし、真に燃費のいい車をつくる会社しか生き残れない。(2009/12/25)

私のお田舎は浜松です。高校がスズキの工場を見下ろせる場所にありました。松井さんのおっしゃる通り駐車場はミニばかりで、ここの社員は気の毒だと思っていましたが、とんでもない勘違いだったとわかりました。ワゴンR欲しくなりました。(2009/12/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長