• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

59. イケメンのお百姓さんが作った野菜を食べたいですか?

  • 千野 帽子

バックナンバー

2010年1月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 昨年の終わりごろ、大勢で呑んでいて、隣にいた人Aさんから、著名なクリエイターのBさんの話を聞いた。

 クリエイターというのもまあいい加減な言葉だが、映像作家とか文筆業者とか作詞作曲家とか漫画家とか美術家とか服飾デザイナーとか演出家とかゲームデザイナーとか、要するに自分の名を冠した「作品」を公に問うて商売している人のことだ。以下の話は特定の分野の話に縛られたくないので、この大雑把な言葉を使うことをご寛恕願いたい。

 Bさんはたいへんに著名でたいへんに人気がある。私もその作品を知っている。いままで何人かの人にも、Bさんの作品はいいよ、と薦められたことがある。作品だけでなく、Bさん自身もさまざまな媒体に露出している。

 Bさんは幼少期に金でたいへんな苦労を体験した人らしい。金以外でもいろいろ苦労した人だという。そのことはよく知られていて、Bさんに詳しくない私でもなんとなく漏れ聞いたことがある。

 そして、金というのは馬鹿にならないものだ、ということを身上にしているし、作品にもその考えがはっきり出ているらしい。世の中最後は金だ、とまで言ったかどうか知らないが、その覚悟が作品に漲っているそうだ。

 呑み会で隣席にいたAさんは、Bさんのそういうところを絶賛していた。すばらしい、と。

 そうか? と私は思う。ここには、三つのことがごっちゃになっているのではないか。

1. Bさんが「金は大事だ」と考えていること。

2. Bさんの作品が大成功して、Bさんに現に巨額の金を齎していること。

3. Bさんの作品がAさんにとって良いものであること。

 以下、私が言いたいことは、Bさんの考えかたが正しいかどうかではなく、Aさんが──つまり著名なクリエイターではなくひとりの文化の受信者・エンドユーザ・消費者である私たちが──文化を受信するときに、どう考える癖があるか、という話である。

*   *   *

 まず、金が大事だというBさんはまったく間違っていない。でもそんなことは、ふつうに生きている人ならだれでも思うことだ。

コメント10件コメント/レビュー

「イケメンのお百姓さんが作った野菜を食べたいですか?」と聞かれて、「はい」と答える人は多いのではないか。同じような白菜が並んでいたら、パッケージやそこに付加された「物語」が商品購入の決め手になるというのが今の時代である。商品そのものだけでは、消費の動機付けにはならなくなっている。商品とは関係ない付加価値によって消費を決定するのは愚かだな、とは十分知りながら、それでもそういう「付加価値」や「物語」でしか満たされない、というのが、今の時代の全体的な傾向なのではないかと思う。そういう中にあって、商品そのものだけで消費をしている著者は立派だとは思うが、ただ「溝の深さ」に嘆くだけでなく、自分は共鳴できない「付加価値重視で消費する」人たちは、なぜそういう消費に走るのかこそを分析してほしいと思う。(2010/01/20)

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「イケメンのお百姓さんが作った野菜を食べたいですか?」と聞かれて、「はい」と答える人は多いのではないか。同じような白菜が並んでいたら、パッケージやそこに付加された「物語」が商品購入の決め手になるというのが今の時代である。商品そのものだけでは、消費の動機付けにはならなくなっている。商品とは関係ない付加価値によって消費を決定するのは愚かだな、とは十分知りながら、それでもそういう「付加価値」や「物語」でしか満たされない、というのが、今の時代の全体的な傾向なのではないかと思う。そういう中にあって、商品そのものだけで消費をしている著者は立派だとは思うが、ただ「溝の深さ」に嘆くだけでなく、自分は共鳴できない「付加価値重視で消費する」人たちは、なぜそういう消費に走るのかこそを分析してほしいと思う。(2010/01/20)

情熱大陸を見るたび出ている人を好きになってしまうわあと言う妻に感じる私の違和感を上手くまとめていただけた。頑張ってるのはテレビ出てる人だけじゃないんですよ頑張ったからといって好みに合うわけじゃないんですよ。番組などで一個の才能の日常を見られる面白さとそこから作品世界に入っていくのは良いことだとは思います。作品ありきになればもっと良いと思うのです。(2010/01/14)

素性や素顔を隠したり偽ったり、さらには創作までするアーティストたちの気持ちが、少し分かったような気がしました。そして、それが一般人にとっても魅力的だからこそ、ネットが賑わっているんでしょうね。「情熱大陸 千野帽子」が見たいぞ!(2010/01/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授