• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ありきたりの希望では救われない。そんなときはマルサスを読んで「絶望」せよ。

『人口論』トマス・ロバート・マルサス著

2010年1月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

18世紀末のことだ。

産業革命はとどまるところを知らずに拡大進展し、フランスでは政治革命まで起こった。
人間も社会も何もかも、どんどん改良されていく。

きっと将来、「理性」の力で万人の幸福が実現されるだろう。
誰もがそう夢を見た。人々の視線はまっすぐ前方に、いや、斜め上方に向けられている。

そんな時代に、トマス・ロバート・マルサスは、「人間は、理性の力ではどうにもできない不幸な宿命を背負っている」と主張する本を書いた。

彼はイギリスの経済学者にして聖職者。1798年に出版されたその本は、『人口論』である。

マルサスの「ふたつの公準」

マルサスは、『人口論』の冒頭に、ふたつの公準を置く。
「公準」とは、「証明はできないけれど、話の前提とさせてもらう事柄」だ。

ふたつの公準

(1)人間の生存には食糧が必要
(2)性欲は今後も変わらない

これが議論のスタートラインだ。

食糧に余裕があれば、人口は増える。
人口が増えれば、その分、よけいに食糧が必要になる。

だから、人口の増え方と食糧の増え方、両者のスピードに注意しよう。

食糧が、人口を上回るスピードで増えるなら、何も問題はない。
しかし、人口が食糧以上のスピードで増えるとしたら?
いつか、必ず飢えるときが来る。

人口は等比数列、食糧は等差数列

マルサスは、人口増加のスピードと食糧増産のスピードを比べてみる。

人口は、等比数列的に増える。
対して食糧は、等差数列的に増える。

人口が1、2、4、8、16……と、倍々ゲームで増えていくとすると、食糧は1、2、3、4、5……と、コツコツ積み重ねていくようにしか増えないのだ。

たとえば、人口10万人の島があり、25年後に人口が2倍の20万人に増えるとする。今から50年後には、人口は4倍、40万人になっているだろう。

しかし食糧の生産量は、そこまで急速には増えてくれない。
25年後に2倍に増えているとしても、50年後には、今の3倍、30万人分しか生産できない。10万人が飢えてしまう!

「人口と食糧の増え方のスピードの違い」は、大ざっぱに言うとそんな感じだ。

不幸によって人口が調整される

どんなにがんばっても、食糧を増やすスピードには限界がある。
ならば、調整しなければならないのは、人口増加のスピードの方だ。

いや、「しなければならない」というのではなく、現実に調整されているとマルサスは言う。

コメント7

「生きるための古典 ~No classics, No life!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック