• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ピンクレディーを作った男の、モー娘へのコメントに唸る!『星をつくった男 阿久悠と、その時代』
~大ヒットの裏には理詰めの作詞術があった

  • 大塚 常好

バックナンバー

2010年1月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

星をつくった男 阿久悠と、その時代』 重松清著、講談社、1700円(税抜き)

 ビジネスマン諸君、もっと阿久悠を歌い、阿久悠に学ぼう!

 何をいきなり、とお思いだろうが、一気に読み終えたばかりのワタシは、今、声を大にしてそう叫びたい。

 カラオケで「作詞・阿久悠」の曲を歌う前に、本書を読んでおくと歌詞にシビれる度合いが段違いのはずである。

 それだけではない。

 仕事キャリア10年以上の人にも、「仕事」ってこういうことだったのか、と痛切に感じさせる「何か」が阿久悠の作品にはあると思う。

 歌を通して、作詞活動の裏にある執念のような「胆力」をもらえば、自然と前向きな気持ちにもなるのだ。

 著者は、阿久の生い立ちから他界するまで(1937-2007)を綿密な取材・下調べによって、阿久がハンパなく「仕事が趣味」のワーカホリックであったこと、また観察眼と分析力を持つ「静かな社会学者」でもあったことなどを解き明かす。

「まず歌手ありき」ではなく時代から発想する

 デビューは30歳の時。遅れてきた作詞家だった。明治大学を卒業後、就職難の年に広告代理店へ入社。7年後、脱サラして作詞家へ転身した。

 他界するまで作った歌詞は約5000曲。作品の総売上枚数は6826万枚(09.2時点/オリコン調べ)。日本レコード大賞の大賞には5回輝いた。

 「津軽海峡・冬景色」「舟歌」「どうにもともらない」「学園天国」「勝手にしやがれ」「北の宿から」……。大ヒットした作品はまさしく枚挙にいとまがない。

 では、阿久はいかにして芸能界でのし上がり、不動の地位を築いたのか。

 それが、ビジネスマンが阿久に教えを乞うべき最大ポイントである、「ないものを作る」力だ。

 1976年8月、阿久は作曲家・都倉俊一とのコンビで半年前まで女子高生だった2人を一躍スーパーアイドルに押し上げた。ピンク・レディーである。本書がつまびらかにしたところによれば、最初、彼女たちには関係者さえも期待していなかったらしい。

 しかも、デビュー曲「ペッパー警部」を2人が直にレコード会社の編成会議に出席して振りを付けて初めて披露した時、それを見た人のほとんどは「こんなゲテモノ」とNOだった。ミニスカートで股を広げて屈伸する、あのセクシーな踊り。著名な振り付け師・土居甫によるものである。

 期待値ゼロの無名の2人を阿久はいかに売り出したか。当時のピンク・レディーの担当ディレクター(現avex取締役)が著者のインタビューに答えている。

 作戦は端的に言って、「変わったものをやるしかない」だった。その頃、新人賞レースのトップを走っていた新沼謙治と内藤やす子を逆転するため、都倉とともに立てた「非日常性のエンタメ路線」「歌のアニメーション化」という戦略。

 「正統派メジャー」に対抗できるのは、阿久が作詞家としてやっていこうと決心した時に思ったように、異端でも傍流でも「存在を示す」スタイルで勝負するしかなかったのだろう。といっても、投げやりなのではない。

 著者は分析している。

 阿久の作詞のしかたは、旧来の「まず歌手ありき」ではない。聴き手である大衆や、「いま」という時代をどう捉えるか、というマーケティングの手法だった。

コメント1

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長