• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

62. あいまいなソープランドの私(後)

人が「逆・言葉狩り」をしてしまうとき。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2010年2月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。前々回前回の続きです。

 考えてみれば、1980年代末から90年代半ばまでというのは、表現にかんしてピリピリするようなことが多かった。

 たとえば1988年から翌年にかけて、『ちびくろサンボ』の各社の版がつぎつぎと絶版になっていったし、昭和天皇の体調不良にさいしては全国的に歌舞音曲を自粛する主催者が続出した。90年には『手塚治虫漫画全集』が出荷停止になった。91年になると、サルマン・ラシュディ『悪魔の詩』を翻訳した五十嵐一教授が殺害された。93年には、大江健三郎の文学上の友人である筒井康隆が、旧作「無人警察」(『にぎやかな未来』所収)にたいする日本てんかん協会の抗議を受けて断筆を宣言している。

小説のゆくえ』筒井康隆 著、中公文庫、720円(税込)

 この断筆は各方面に衝撃を与えたらしい。筒井さん自身の意見表明や各版元と取り交わした文書は『断筆宣言への軌跡』『小説のゆくえ』『エンガッツィオ司令塔』『笑犬楼よりの眺望』『笑犬楼の逆襲』などで読める。この話題には関連書籍も多く、小林よしのり・山下洋輔・絓秀実・平岡正明らがそれぞれの立場から発言した。

 筒井さんの断筆を挟む数年間、私は日本に住んでいなかった。噂は伝わってきたが、なにしろインターネットが普及する前のことで、なりゆきを知ったのは少し遅れて帰国してからのことだ。だから、時代の雰囲気を自分なりに再構築するために、ちょっとそのへんのことを書き並べてみた。

小説の経験』大江健三郎 著、朝日文芸文庫、714円(税込)

 大江光さんには癲癇の症状もあったらしく、父である大江健三郎は当時、《朝日新聞》紙上の文芸時評(のち『小説の経験』所収)で、〈日本てんかん協会に、切実な抗議の動機があるように、筒井氏にも、その孤独な奮闘の激しいスピードからくる摩擦の積み重なりが感じとられた〉と書いている。ここで奮闘と言っているのは、ディケンズに見られるような〈断固として面白い小説を書いてやるという、偏執狂めいた才能の奮闘〉を方法化したのが筒井さんである、という大江さんの筒井康隆観である。

 たがいにリスペクトしあいながらこの点で鋭く対立するふたりの作家は、1994年に新聞でこの問題について対談した(朝日新聞「断筆」争点)。大江さんのノーベル賞受賞の半年前のことだ。その最後の部分にある大江さんの言葉を引こう。

大江 あなたと対立したまま終わりますが、お考えの根本的なところはよくわかりました。

2年後に『大江健三郎小説』の刊行がはじまったとき、まだ筒井さんの断筆は続いていた。

コメント7

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授