• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

とある「外国人労働者」の悲劇

未来なき職場に品格なし

2010年2月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回のケースについて、朝青龍の行動は、やはり擁護できない。
 したいのはヤマヤマだが、私の力量では無理だ。擁護しきれない。

 一緒に火だるまになってあげることぐらいはできるかもしれない。
 が、それはしたくない。
 私にも生活がある。
 しみったれた生活だが。許せ、ドルジよ。

 報道されていることのどこまでが真実で、どこから先が尾鰭なのかは、正直なところまだわからない。尾鰭とは別に、私が知らない手足や羽があるのかもしれない。それもよくわからない。

 が、ともかく、真相がどうであれ、朝青龍が場所中に泥酔して暴行事件を起こしたところまでは、はっきりとした事実だ。とすれば、引退は、残念だが仕方のない結末だった。そう考えざるを得ない。

 今回は、朝青龍をめぐる一連の出来事を、一歩引いた視点から見つめ直してみたい。

 朝青龍個人については別のところで書いてしまったのでもう書かない。それに、様々な人々によって、言うべき事は言われつくしてもいる。これ以上付言すべきことがあるのだとすれば、「付き合う人間には注意しろよ」、と、後知恵で手遅れの忠告を伝えることぐらいだ。

 思うに、この度の事件を、ドルゴルスレン・ダグワドルジ(←朝青龍の本名。スポーツ新聞は既に「元朝青龍」という名称を使いはじめている)という一人の人間の資質に帰してしまう態度は、安易であるのみならず、卑怯だ。でなくても、飽きた。平凡すぎる。

 角界には、ここ数年不祥事が目立つ。
 これは偶然ではない。

 おそらく、続発する不祥事の多くは、相撲部屋が極めて内圧の高い組織であることに関連している。
 一連の事件は、大相撲の世界が、若い力士(特に外国人力士)を適正にマネジメントできていないことへの反応として顕在化している。そう考えなければならない。
 
 そう。マネジメントだ。
 別の言葉で言えば心遣い。
 あるいはホスピタリティ。
 「管理」ではない。それは冷凍食品を扱う時に使う言葉だ。

 外国人労働者の権益と待遇。彼らの心的負担と暴発。そして日本文化の独自性と普遍性。その閉鎖性と因循。こういうことについてもっと議論が起きないといけない。品格は、そうした議論が決着した後に、見る者と見られる者が対等の立場で語り合うべき話題だ。誰かが誰かに課して良いものではないし、まして、不特定多数の人間が特定の誰かについて評定したり落第点をつけたりできるものでもない。

 というよりも、品格は、本来、語るものではない。
 評価するものでもない。
 ただそれは人が去った後に香気のように漂うものだ。
 いずれにせよ、品格について語る者は品格を失う。いま語っている私も含めて。

 大相撲は、今後、しばらくの間、興行的に低迷せねばならないだろう。なにしろキャラの立った人気横綱を失ったわけだから。人気だけではない。朝青龍は、実力的にも、歴代で五本の指に入る名横綱だった。

 先場所の把瑠都との一番は見事だった。スピードと反射神経に頼りがちだった取り口に、巧さが加わって、第二の全盛期が来るのではないかと、入幕時以来のファンである私などは、見ているだけでわくわくさせられたものだった。琴欧洲戦も、素晴らしい切れ味だった。それだけに未練が残る。

 たとえ一時的に観客動員に翳りが出ても、朝青龍の引退によって角界が正常化するのなら長期的には正解だ……と、良識派の人々は、おおむね同じ意見を述べている。

 まあ、おっしゃる通りではある。
 でも、彼らの言う「正常化」とは、一体どういう状態を指しているのであろうか。
 私には、それがわからない。
 
 というよりも、大相撲の「未来」や「改革」や「あるべき姿」については、人それぞれ、抱いているイメージが違うのだ。「正常化」もまた、国民的合意として、確かな像を結んでいるわけではない。
 
 現在は「品格」「相撲の美」「正常化」「改革」「原点」といったあたりの編集部用語が一人歩きをしている。が、この状況もそんなに長くは続かない。どうせじきにみんな飽きる。で、忘れて元通り。おなじみの展開だ。

 大雑把に考えて「正常化」にはふたつの道がある。
 ひとつは伝統回帰。もうひとつは、オープン化だ。そのいずれを選ぶのかによって、シナリオは180度違うものになる。
 協会はどちらの道を選択するのであろうか。
 
 両方?
 うん。気持ちはわかる。
 
 伝統の枠組みの中で近代化するだとか、文化としての側面を継承しつつ競技としての透明化をはかるとか、国技である面を維持しながら国際化を果たすだとか、そういうふうに、現場は両にらみで行きたいのだと思う。
 
 でも、それが一番いけない。
 かなり高い確率でダブルスタンダードの混迷に陥る。
 二兎を追う者は虻と蜂の両方に刺されて悶絶することになる。間違いない。

コメント68件コメント/レビュー

朝青龍問題をテーマに,日本社会の内包する問題に鋭く切り込んでいる。がんばっても報われないならば,いったい誰が雇い主の言うことを素直に聞くのか。これは,相撲に限らずどんな組織にも言えることではないだろうか。(2010/02/14)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「とある「外国人労働者」の悲劇」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

朝青龍問題をテーマに,日本社会の内包する問題に鋭く切り込んでいる。がんばっても報われないならば,いったい誰が雇い主の言うことを素直に聞くのか。これは,相撲に限らずどんな組織にも言えることではないだろうか。(2010/02/14)

連載開始当初から毎週楽しみに拝読しています。身近でタイムリーな話題を取り上げて、ときにはっとさせるほど深い問題へと目を向けさせる、鋭い視点からの記事にいつも感服しています。ちなみにこの連載はいつ書籍化されるのですか?待ち遠しいのですが…。(2010/02/13)

子供のような横綱でしたが、いなくなって残念です。子を叱れ(ら)ない、子供のような態度のあの親(方)、私にはそう見える、も今回の要因の一つではないでしょうか。そしてそんな親(方)を許していた相撲界にも反省すべきはあるのでは。そして見ている私たちにも。考えさせられます。(貴乃花頑張れ 米国在住)(2010/02/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長