• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

63. 本篇よりメイキング映像が重視される時代。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2010年2月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 この連載の第48回で、つぎのような例を挙げた。村上春樹ファンの青年が私に村上春樹のよさを説明するときに、

「村上春樹は優れた作家である。なぜなら世界的に読まれているからだ」

「なぜ世界的に読まれているのか。それは村上春樹が優れた作家だからである」

というループになっていたという話だ。

 また第59回では、こういう例も挙げた。Aさんという人が、Bさんというクリエイターの凄さを私に説明するのだが、Aさんの説明が、

「Bさんが「金は大事だ」と考えている。作品にもそのメッセージがはっきり見て取れる」

「そして、その思想を貫いた結果、Bさんの作品は大成功した」

「だからBさんの作品はすばらしい」

 という構造になっていて、つまりAさんは、Bさんの作品自体というより生きかたのほうに共鳴してしまっている、という話だった。

 こういった例は現代的な意味での英雄崇拝である。

*   *   *

 話は変わるように見えてじつは繋がっているのだが、私は中学生のころ、音楽を聴いていて、自分がちっとも感心しない曲が流行ったり高く評価されたりしていたら、それは世の中が間違っていると思っていたんですね。簡単に言うと、私から見てダメな曲が流行っているのは、曲の作者が才能も努力もなしに偶然ヒットしているだけだ、と思っていたわけです。

 で、これがもう少し大人になりますと、違うところが見えてきます。

 自分が好きなものがヒットしなければならない筋合いはない、ということがわかるわけです。だってそんなものは好きずきですから。で、ここから

「ヒットしているものはくだらない」

という方向に行けば、これはシンプルなルサンチマンの冥府魔道に直行なわけですが、たいていの人はさすがにそこまではいきません。私もさすがにそこまではいかなかった。

 で、もう少し大人になると、「蘊蓄垂れ」なものの見かたが可能になります。たとえば、曲の作者(アーティストだけじゃなくて、プロデューサーとかミキサーとかも含む)の戦略、その戦略を実現するために絞った知恵かけた手間、そういうものが見えてくる。

コメント4

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長