• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いま私のガレージに、VWマークがない理由

第30回:フォルクスワーゲン ゴルフGTI【総括編】

2010年2月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回「『お嫁にください』を言うならゴルフに乗って!? 」から読む)

 いやあ、面白かったですね。山崎氏のお話。“クルマのローカライズ”と一言で言っても、かくも奥深い。「日本人はこんな嗜好だからね、ココをこういうふうに改造しといてちょうだい」とメーカーにメールを送れば済む問題ではないのです。販売地域の綿密なマーケティングに加えて、ドイツ本国に対する粘り強い交渉力が必要になってくる。

 “7年連続輸入車車種別ナンバーワン”のタイトルに話が及んだ際、山崎氏が笑いながら、「そりゃ私のマーケティングが良いからで......」とおっしゃったのも、あながち冗談だけではないでしょう。豊富な実績に裏打ちされた自信があればこそ吐ける科白なのではありますまいか。その果実を享受できる我々日本のユーザーの、何と恵まれていることか。

 それにしてもゴルフは素晴らしいクルマです。初代からの大ファンである私は、最新Ⅵの“正常進化”ぶりに大いに感激したものでした。ステアリングを切れば切っただけ、曲がりたい方向にスパッと曲がる。未明の首都高で飛ばすときも、街中の交差点をゆっくりと曲がるときも、それぞれのシーンで”運転の楽しみ”を味わうことができる。

 およそ思いつく限りのクルマに関する“FUN”と言うものが、コンパクトなボディにみっちりと凝縮されている。ゴルフはそんなクルマです。長い期間を掛けて構築されてきたブランド力と技術、そしてもちろん優れた品質がそれを支えていることは、山崎氏の話からも充分にうかがえます。

 一見隙なしに見えるゴルフ。だからこそ、心配になることがあります。

 製品、ブランドともに輸入車の中で別格の地位を獲得してきたクルマが、いとも簡単に評価を覆して奈落の底へ落ちていった例を、まさにいま我々は目の当たりにしています。そう、米国におけるトヨタのプリウスです。

 米国内の論調に関しては、些か行き過ぎの感もありますが、私はその根源にNUMMI閉鎖のイチャモン……じゃなくて普天間の意趣返し……いやそれも違う……米国ユーザーがプリウスに寄せた「期待値の高さ」が有るのではないかと見ています。評価も期待も高かったからこそ(可愛さ余って憎さ百倍ってヤツですね)、それが裏切られたときの反動が大きくなるのはないか、と。

いま、車庫にVWマークがない理由

 私は長いことフォルクスワーゲンが好きでした。生まれて初めて買ったガイシャでもありますし、アメリカ人がトヨタ製品を信頼するのと同様、いやそれ以上にフォルクスワーゲンのクルマを愛おしく思っていた。

 自ら何台も保有してきたことは、前回までにお話しした通りです。しかし現在、拙宅のガレージにVWのバッジを付けたクルマは停まっていない(グループ傘下のクルマは2台ありますが)。

 その理由をこれから、お話ししましょう。

 あくまで自分自身の体験という、超近視眼的な話ではありますが、いかにクルマの出来がよかろうとも、ユーザーのロイヤリティは“そのほかの要素”で、かくも簡単にひっくり返ってしまう、という実例をご覧下さい。ついでに、買う側、売る側双方にとって、危機管理のケーススタディとしてお役に立てば望外の幸福です。

 ちなみに私は交際する女性や担当して頂く編集者からよく「バカ」とか「ロクデナシ」とか言われますが、決してウソツキではありません。ここからは非常に微妙な内容になるので、言葉を選んで慎重に書き進んでいきます。事実を正確にお伝えするため、いつもの文章よりリズムが悪くなるかもしれません。今回だけはどうかご容赦ください。

*   *   *

 今から6年前のこと。
 車検時期を迎えた愛車ニュービートルを、フォルクスワーゲンのディーラーに預けることになった。私は本業の仕事で台湾へ出張していたので、クルマは家内が子供を乗せて自らディーラーヘ運んで行った。入庫前のチェックを済ませ、家内と子供は自宅に帰る。クルマは予定通り数日後に車検を終えて帰ってきた。

 その日の夜、台北の林森北路(台湾へ行かれる方はご存じだろう。台湾一の歓楽街で、それはそれは楽しいところである)で飲んだくれていた私に家内から電話が入った。始めはチェック電話かと思い、無意味に焦ったものだ。

「ななな、何だ君か。決して遊んでいるワケじゃないぞ。接待でやむなくだな……」
「……ねえ。車検に入れる前にクルマをぶつけた?」
「何だクルマのことか……。いやなに。そんな覚えはないけど。どこがどうなっているの?」

コメント98

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「いま私のガレージに、VWマークがない理由」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師