• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

貴兄のお子様、家のクルマの名前知ってます?

第31回:マツダ ロードスター【試乗編】

2010年2月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。

 どのような書き方をするにせよ、“批判記事”を物するのは実に難しいものです。前回ディーラーのマイナス部分を表現するに際して、私の直感的なインプレッションだけでなく、7年連続輸入車ナンバーワンという、“客観的な高評価”をも併せ挙げた上で、私個人の超近視眼的な例を「極めて希な“外れクジ”」、なる言い回しで記述しました。つまり、「評判がいいクルマほど、作る側も売る側も細心の注意が必要なのでは」と言いたかった。件のクルマは掛け値無しに素晴らしい。これは間違いがない。しかし残念ながら、私の意図とは外れた解釈をなさる読者の方も多かったようです。ネットで「結局ヤマグチさんは、最後に落とす事が目的で持ち上げたんですね、けなすために誉めたんだ」という趣旨の書き込みを見たときは、さすがに腕を組み、「う~む」と唸りました。

 物を書く上での大原則があります。こちらの意図は一切際関係が無い。読者諸兄に「どう受けとめられたか」、が全てである、というものです。クルマをお借りして記事を書くに当たり、マイナスが強調して印象付けられてしまえば、取材に応じて下さった方も堪らないでしょう。意図したことが思い通りに伝わらないのは、自らの筆力不足以外の何物でもありません。ただただ恥じ入るばかりであります。

 何人かの方にご指摘いただいたように、批判の一方通行はフェアではありません。先様に反論がおありであれば、謹んで拝聴しなければいけないし、またそれを正確に皆様にお届けする必要がある。いつなりとお待ちしていることを、申し添えさせて頂きます。インターネットメディアの特性を最大限に活用し、インタラクティブでオープンな議論が出来れば、それこそが“フェア”というものでしょう。

 この度はたくさんのご意見を頂戴し感謝感激であります。「よく言った!」とお褒め頂いたものから、「死ねバカこの野郎チョーシに乗んな!」というお叱りまで、全てのご意見を有り難く拝聴いたしました。読者諸兄からいただく叱咤激励こそが当欄のパワーの源泉であります。今後ともご指導ご鞭撻の程、伏してお願い申し上げます。

*   *   *

 さてさて、今週からお伝えするのはマツダのロードスター。

 フロントエンジン・リアドライブという伝統的なレイアウトに、オープンボディ2シーターという何とも思い切りの良いスタイルを採用した、極めて趣味性の高いクルマです。21年前にデビューしたときは、マツダの社内からさえ「こんなクルマが売れるのかよ」と疑いの目で見られていましたが、その後のサクセストーリーはご存じの通り。日米欧で売れに売れ、BMWのZ3、フィアットのバルケッタ、メルセデスのSLK……と多くのフォロアーを産んだ、日本車には珍しい、正に世界の流行を自ら作り出した、エポックメイキングとも言えるクルマです。

画像のクリックで拡大表示

特に話題もありませんが、好きなので取り上げます

 ところで何で今頃ロードスター? ニューモデルでも出たんだっけ? と訝しく思われる方も居られましょう。いえ、新しいモデルは出ていません。5年前にモデルチェンジをし、その翌年にパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)が追加設定されて……そのままです。一昨年にマイナーチェンジが施されましたが、それも内外装やエンジンマネジメントを少々。それと触媒に手を加えた程度で、文字通りの“マイナー”チェンジ。ではなぜ今頃ロードスターなのか。

 それはこのクルマが本欄で追及している「クルマの楽しさ」を、商品化して売ることに成功した、日本車として類い希なる存在だからです。これは是非とも取り上げたい。しかし何も新しい話題がない時期にフィーチャーしても良いものでしょうか。担当Y氏に恐る恐る相談してみると、「ああ、いいっスよ。乗りたいクルマに乗って下さい。僕も乗ってみたいし」と男気の二つ返事。そうした背景から(背景ってほどでもないですが……)今回は広島のマツダが産んだ世界の名車、ロードスター。まずは試乗記からお送りします。楽しんでつかあさい。

*   *   *

 最近の若いモンはまったくなっていない。

 今春から高校に進学するウチの豚児もそうだ。クルマにまったく興味を示さない。いくつかのクルマ雑誌に連載を持つお陰で、拙宅には入れ替わり立ち替わり様々な試乗車がやってくる。だが彼はどんなクルマが来ても、文字通り“見向きもしない”のだ。朝起きたら家のガレージに威風堂々の巨大なSUVが停まっていたり、流れるようなボディラインのスポーツカーが停まっていたりしたら、普通は「わースゲー。これ何て言うクルマ?」と大騒ぎしないだろうか。最近彼がクルマに関してコメントを述べたのは、アウディQ7のオーディオくらいのもので(バング&オルフセン製のサウンドシステムが装着されていた)、エンジンを掛けると、ダッシュボード上にニューっとツィーターがせり出してくるギミックに手を叩いて大喜びした。おい喜ぶところはそこじゃないだろう。クルマはどうなんだ。

 彼の友人達もまた同断で、何人か連れ立って家に遊びに来ても、誰も興味を示さない。
「こんちはっス」
「やあいらっしゃい。見ただろあのクルマ。BMWのZ4」
「……はぁ……凄いスね」
「凄いスねって君たちさ。あれを見て何も思わんのか?」
「速そうですね」
「前が長いスね」
「ウチのクルマと同じかなぁ。同じマークが付いてるから」
「や、君のお父さんはBMWに?」
「……良く分かんないスけど……多分」

コメント39

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「貴兄のお子様、家のクルマの名前知ってます?」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)