• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

66. あなたの周囲に太宰ファンはいますか?

  • 千野 帽子

バックナンバー

2010年3月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 昨年は生誕100年の松本清張と太宰治、ベストセラーは村上春樹、ロングセラーは山崎豊子と、なんだか小説家はこの4人しかいないような間違ったイメージが流布した年だった。現在も映画『人間失格』が公開中だ。

 太宰治はそれほど得意な作家ではござらぬ。

読まず嫌い。』千野帽子 著、角川書店、1785円(税込)
太宰治全集』1(全10冊)、太宰治 著、ちくま文庫、998円(税込)

 『読まず嫌い。』という本を出しているだけあって私は読まず嫌いの達人だが、太宰はいちおう、ちくま文庫版全集全10巻(『太宰治全集』、文庫版なので断簡零墨にいたるまで収録しているわけではない)は読んだし、それに収録されていない作品を含む新潮文庫版『もの思う葦』『地図』も読んでいる。

 一昨年には太宰を含む「無頼派」と呼ばれた作家たちについて雑文の註文を請け、ささやかながら関連資料も読んでみた。太宰論はそれこそ汗牛充棟であり、私などそのなかのほんの一部を嘗めた程度だが、それでも世間一般の人よりは太宰の人生について知ったと思う。

 それほど好きでもないのに。

 いわゆる「太宰嫌い」ではない。なんとなく苦手なだけだ。

 苦手な理由のひとつは、文章に「、」が多いこと。大正時代の宇野浩二も、作風は好もしいのに「、」が多くて困る。吉田健一みたいな「、」の少ない文章のほうが好きなのだ。

 そういう個人的な好みはべつにしても、「太宰嫌い」の人たちの気持ちはわかる。太宰が苦手な人は、太宰の「甘え上手」なところが苦手なのだ。

コメント8

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック