• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

70. 自慢したい男と、甘えたい女。私たちは幼稚で厚かましい。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2010年3月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。口頭コミュニケーションの話、いちおうきょうで最後です。

 前回までに述べてきたことをまとめると、つぎのようになる。

(1)
聞き手にとって価値のある話とは、(1a)内容がおもしろいか、(1b)話しかたが上手であるか、(1c)話し手に個人的な関心があるか、そのいずれかである。
(2)
前項(1c)において、聞き手が関心を持つ話し手とは、(2a)自分が気になる著名人か、あるいは(2b)自分にとって身近なたいせつな人である。これらのばあい「猫にメロメロ」「激辛好き」程度の情報でも聞き手には意味を持つ(その話し手にたいする関心を共有しない他の聞き手にとっては、これらの話は当然ながら価値を持たない)。
(3)
前項(2b)において話し手は、(3a)自分と聞き手とがコンテクストを共有していることを前提として「アレ取って」的な極端に省略の多い話しかた(頑固親父の一言)になったり、あるいは(3b)聞き手が自分に高い関心を持つことを前提として仕方話になったりする。
(4)
前項(3b)の仕方話においては、最初から結論を提示せず、できごとを時間順に語る。できごとを要約せず、できごとの流れを、感情をこめて再現する。報告中の自分や他人の発言も、要約ではなく再現する(しばしばモノマネつきで)。
éclat(エクラ)』2010年04月号、集英社、880円(税込)、表紙 黒田知永子

 今回、この「仕方話」について、さらに踏みこんでみたい。正確には、私たち一般人の仕方話について、である。

 芸人がその話術の力を生かして「人志松本の○○な話」の「ゾッとする話」枠で体験談をしてみせるのは(1b)のパターンだし、ライフスタイルを真似されるカリスマ著名人である黒田知永子さんが《éclat》誌読者に自分の生活のなんてことない一挿話(《ku:nel》や《ヤングマガジン》の読者にはほぼ無価値な話)を生き生きと語るのは上述(2a)のパターンだから、いずれも今回のテーマではない。

コメント6

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授