• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

不況は節約より、理系的好奇心で乗り切ろう!?

【最終回】ACADEMIA港北店

  • 三田村 蕗子

バックナンバー

2010年4月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回取り上げるのは、首都圏を中心にチェーン展開しているくまざわ書店の新業態、ACADEMIAの港北店。こぎれいな商業ビルやマンションが整然と建ち並ぶ、なんだか書き割りのような人工的な町の大書店から見えるのは、ステップアップに励む知的ファミリーの肖像でした。

 横浜市営地下鉄センター北駅には、大きな商業施設が5つもある。そのうちの一つ、ノースポートモールの3階にACADEMIA港北店は店を構えている。

 同店の紹介に入る前に、まず既存のくまざわ書店とACADEMIAとはどう違うのか。ちょっと探ってみよう。

 一番わかりやすいのが、立地。

画像のクリックで拡大表示

 くまざわ書店は現在約200の店舗を全国に展開しているが、ACADEMIAは、港北店をはじめ、つくば市のイーアスつくば店、市原市のちはら台店、多摩市聖蹟桜ヶ丘の桜ヶ丘店、京都府相楽群のけいはんな店などわずか8店のみ。共通するのは、新興住宅地で経済的に比較的余裕がありそうな働き盛りの30代、40代のファミリー層が多く住むエリア。必ず、大規模な複合商業施設に出店している。

 つい最近まで港北店の店長をつとめ、現在はACADEMIA桜ヶ丘店の店長・西原宗佳氏はACADEMIAのポイントをこんな風に教えてくれた。

「みすず書房」の大規模フェア! 勝算は?

「ジュンク堂では、2年に1回しか回転しないようような本でもしっかりと揃えていますよね。あの手法に学んで、ACADEMIAでも専門書や実務書を充実させています。ただし、全部がジュンク堂と同じというわけじゃない。ジュンク堂では、軽めの本とか売れ筋の本は扱いがやや薄い。ACADEMIAは、そこにも力を入れています。要するに、一般の書店とジュンク堂のような特化した書店のいいところを学んでいこうと(笑)」

 ACADEMIAを見て、くまざわ書店の運営だと気づく人は少ないのではないだろうか。それほど、ACADEMIAは店の作りもディスプレイも雰囲気も、何もかもが、いつものくまざわ書店より相当に洗練され垢抜けている(失礼!)。

画像のクリックで拡大表示

 フェアを開催する売り場前面中央部は白木の床で明るさ爽やかさを演出し、奥の売り場では濃い木目の什器を使って図書館のような重厚感を醸し出すメリハリのあるレイアウト。なんだか居心地の良い書店空間なのだ。

画像のクリックで拡大表示

 売り場を訪れてまず驚いたのが、中央でみすず書房の大々的なフェアを開催していたことだ。アカデミックで知的で難解で(そして、高い)本をたくさん出しているみすず書房のフェアをこれほど大規模に開いて採算が取れるのか。

 心配になって現店長の吉澤真理子さんに聞くと、こんな返事が返ってきた。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

「そうですね。普通だったら月に数冊しか売れないんですが、フェアを始めたら2日で7冊も売れましたから、まずは順調な滑り出しです。いつもですか? 新刊が出ると必ずそれなりに売れますよ」

 完読するかどうかは別として、みすず書房の本を読んでみようじゃないかという客が同店には付いている。ほら、これだけで客層がある程度わかるでしょう。

 驚きはほかにもある。

画像のクリックで拡大表示

 この店はなんだか理工系の読み物がやたらと充実しているのである。『数学は言葉』『測る』(ともに東京図書 2009年)、『語りかける中学数学』(ペレ出版 2005年)、『完全なる証明』(文藝春秋 2009年)、『世界でもっとも美しい10の科学実験』(日経BP社 2006年)『5分で楽しむ数学50話』(岩波書店 2007年)といった2000円前後で、数学や科学をわかりやすく(…すくなくともタイトルからはそう思えます)解説した読み物系の書籍が確実に売れていく。

画像のクリックで拡大表示

 ソフトバンクのサイエンス・アイ新書や講談社のブルーバックスといった理系新書は、よその書店では文系新書に居場所を奪われ、居心地悪そうにしているが、ここでは充実のラインナップ。お目当てのタイトルはきっと見つかるはずだ。

 同店における理系書やコンピューター関連書籍の売上比率は約10%。しかも順調に伸びているとか。全国的に、こうした理系読み物本がブームとはいえ、ここまで揃え、かつ実績もあげているとは参りました。

コメント2

「ヒントをくれる本屋さん」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック