• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

73. 「悪い表現」をめぐる4つの態度。

~4月病文学入門2010(3)

  • 千野 帽子

バックナンバー

[1/4ページ]

2010年4月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。4月病文学入門の3回目、文学その他の表現が道義的に「いい」とか「悪い」とかいうときに、人はどういう基準で話をしているのだろう、という話の続きです。

 一例として挙げると、第66回第67回に取り上げた太宰治など、「人としてダメ」の典型だ。

 妻を含む周囲の女たちにつぎつぎと甘え、その全員を裏切り、あちこちに子どもまで作り、ヘタレの癖して大言壮語、親のすねをかじり税金を払わず、子分にいい顔したくて借金、心中・自殺を何度も図り、薬に頼り酒に溺れ、文字どおり人間失格。

 作品にもそういうネタがいっぱい出てくる。自分の浮気・嘘・借金・依存症・自殺未遂・中二病をひけらかすような表現もある。

 ということで、もっとも素朴な反応としては、(a)「道徳的に逸脱した言動や思考をひけらかす作品は、批判されるべき悪い作品である」となりますね。これを「道徳主義」としておきます。

 では彼の書いた文学作品が「悪い」のかというと、どうしてどうして、じつに多くの人の心の支えとなっているではないか。……という理屈がある。つまり、(b)「文学者・文学作品のなかの悪い部分とはべつに、作品の価値がある」という考えかただ。これを仮に「価値分離主義」と呼ぶことにする。

 あるいは、もっと進んで(c)「文学者・文学作品のなかの悪い部分は既存の秩序への反抗である、人間性の解放である、ゆえに、作品の価値がある」という考えかたもある。これを「逸脱主義」としよう。

 これがさらに進むと、(d)「悪い部分(既存の秩序への反抗)のない文学作品には価値がない」という考えかたになる。「逸脱至上主義」と名づけておく。

 いずれも不細工な命名で申しわけない。まとめると、こういうふうになる。

(a)道徳主義
規範からの逸脱をひけらかす表現は、批判されるべき悪い表現である。
(b)価値分離主義
規範からの逸脱と、表現の価値とはべつものである。
(c)逸脱主義
表現は、規範からの逸脱ゆえに価値を持つことがある。
(d)逸脱至上主義
規範から逸脱しない表現は無価値である。

コメント4件コメント/レビュー

どんな文学作品にも視点を変えたら、アホかいな、と思えるところがあるのでは。時差のできてしまったものはその度合いが深い。といって、村上春樹の「なまめかしくリアルに光る」肉切り包丁、の感性はわかりそうでわからない。男ならわかるのか?ということで、ジェンダーの問題にも広がていくよね。この問題をカンジさせずに読ませる本は、「フランケンシュタイン」以外に私は知らない。(2010/04/21)

オススメ情報

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どんな文学作品にも視点を変えたら、アホかいな、と思えるところがあるのでは。時差のできてしまったものはその度合いが深い。といって、村上春樹の「なまめかしくリアルに光る」肉切り包丁、の感性はわかりそうでわからない。男ならわかるのか?ということで、ジェンダーの問題にも広がていくよね。この問題をカンジさせずに読ませる本は、「フランケンシュタイン」以外に私は知らない。(2010/04/21)

表現を道義的な良し悪しで推し量って議論出来るという前提に違和感を感じます。表現はどう感じどう解釈するかは読み手に委ねられており、読者が読み手として加担する事で成り立ちます。ですから表現には主体と他者は無くそれを道義的な良し悪しという二元論で語るのは不可能です。たとえ作品が男尊女卑的であったとしてもそれは書かれた時代と現代とのギャップであり、作家の意図として捉えるのは悪意に過ぎます。そもそも生きている時代の風潮を完全に無視して無から創作する事など不可能ではないでしょうか。(2010/04/21)

表現を道義的な良し悪しで推し量って議論出来るという前提に違和感を感じます。表現はどう感じどう解釈するかは読み手に委ねられており、読者が読み手として加担する事で成り立ちます。ですから表現には主体と他者は無くそれを道義的な良し悪しという二元論で語るのは不可能です。たとえ作品が男尊女卑的であったとしてもそれは書かれた時代と現代とのギャップであり、作家の意図として捉えるのは悪意に過ぎます。そもそも生きている時代の風潮を完全に無視して無から創作する事など不可能ではないでしょうか。(2010/04/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

会社も社員も多少「やせ我慢」をして、長期的に物事を考えるべきだ。

川野 幸夫 ヤオコー会長