• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

患者の8割が「医療機関のフリーアクセスは制限すべき」

  • 木村 憲洋

バックナンバー

2010年4月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「医療機関へのフリーアクセスは制限すべき?」とのテーマでまとめた前回の記事に対しても、多くの方からご意見をいただきました。本当にありがとうございました。

 フリーアクセスとは、診療所から大病院まで受診する医療機関を自由に選べる制度です。国民皆保険制度と並び、日本の医療を支える特徴的なシステムといえるでしょう。前回の記事では、そのフリーアクセスを制限すべきかを皆さんと一緒に議論するとともに、制限に対する「Yes」「No」を投票していただいたのですが、その結果は、私にとっては意外なものでした。

 フリーアクセスは、患者にとっては非常に便利な制度です。ただ、一方で、医療資源の効率的な活用という点からすると、ムダが生じやすい面があります。軽症例を含む大病院への患者集中が勤務医の疲弊を招いているとの指摘がありますが、これはフリーアクセスの負の側面と考えられます。そうした背景から、記事の執筆時点では、医師はフリーアクセスの制限に賛成し、患者は反対するのではないかと予想していたのです。

 ところが実際には、日経メディカルオンライン(NMO)、日経ビジネスオンライン(NBO)の双方で、「Yes(制限すべき)」が多数を占めました。NMO(医師)は89%、NBO(患者)は79%が「Yes」との回答でした。

患者が「制限すべき」と答えた理由

 9割が「制限すべき」と回答したNMOにおいて、医師がその理由として挙げたのは、「軽症患者が大病院にまで押し寄せ、勤務医の疲弊の一因になっている」の一点に尽きると言っても過言ではありません。

 一方、NBOでは、上記のような理由のほか、医療費の費用対効果の視点から「制限すべき」としたコメントも散見されました。少々興味深かったのは、ユーザーの視点で、大病院の混雑を解消するための方策の1つとしてフリーアクセスの制限に賛同する声が見られたことです。大病院で診察せずともいい軽い症状で来院している患者が多いと感じているのは、医師も患者も変わらないようです。

 ただし、NMO、NBOともに、英国の登録医制度のような厳格な手法で制限すべきとの意見はありませんでした。これは、フリーアクセスの今後のあり方を考えるうえで、非常に重要なポイントだと思います。

 寄せられたコメントは、「大病院の紹介状なし外来の窓口負担を大幅に上げればよい」「大病院が慢性疾患の外来患者ばかり診ていたら利益を確保できないように、診療報酬を変えるべき」といった、間接的な手法でのアクセス制限を求める声が大半でした。同様に「大病院への受診は制限しても、開業医への受診は制限すべきではない」など、制度化するにせよ、柔軟なシステムを求めるコメントもありました。前回の記事でも書きましたが、私の意見も、ほぼ同様です。

コメント4件コメント/レビュー

昨年の健康診断で、「肺に腫瘤状の陰影がある」との診断が出て精密検査となりました。近場の開業医では精密検査はムリですが、そこで紹介状をもらって大病院へ・・・という手順だと仕事を二回休む事になり無駄なので、余計なお金をとられるのを覚悟で大病院へ行きました。幸い精密検査の結果は「異常ナシ」でしたが、健康診断等で「精密検査を要する」と出た場合はその診断結果をもって「紹介状」としてくれないと、時間もお金ももったいないですね。(2010/04/28)

「どうする? 日本の医療」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昨年の健康診断で、「肺に腫瘤状の陰影がある」との診断が出て精密検査となりました。近場の開業医では精密検査はムリですが、そこで紹介状をもらって大病院へ・・・という手順だと仕事を二回休む事になり無駄なので、余計なお金をとられるのを覚悟で大病院へ行きました。幸い精密検査の結果は「異常ナシ」でしたが、健康診断等で「精密検査を要する」と出た場合はその診断結果をもって「紹介状」としてくれないと、時間もお金ももったいないですね。(2010/04/28)

フリーアクセス制限について、診療報酬:大病院<開業医 であれば、導入は良いかと考えます。適切な診療科目の開業医に行くのが必須であれば、まずもって診療科目も不明、症状の長期化による他症状の併発リスクもあります。結局のところ、専門知識のない患者に軽症か重症かを判断させることにより医療水準の低下が懸念されるのではないでしょうか。混合診療については、現時点では発展途上かもしれませんが、例えば開腹手術の場合、女性が傷口の縫合に再生医療を利用したい等、選択肢の拡大としてポジティブに考えるべきかと思います。(2010/04/27)

私の経験を一つ。■ある晩コシの後ろ側が痛くて眠れませんでした。しかし、1時間ほどで激痛は納まったので、2日ほどそのまま放置。3日目にかかりつけの内科で高血圧の診察を受けたあと、症状を話したが原因は不明。■しかし、更に3日後再度の激痛で県立病院の夜間受付へ。■診断は「尿路結石」■内科の先生は大変優秀で市内でも指導的立場にあります。それでもこのような結果になることを考えると、医療機関へのフリーアクセスを制限することには「大きな疑問」と言うより「反対」です。■病気の症状は極めてあいまいで、最初の診断を誤ると命にかかわる場合もあります。■むしろ、初期診断機関を指定するほうが、病院を渡り歩くことも無くなるのではないでしょうか。(百姓)(2010/04/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授