• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自分の思考グセを矯正する方法

イスラエル発の発想法『アニマル・シンキング』共著者ベラ・ブライヘル氏インタビュー

2010年4月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 時代の変革期、「これまでにない発想」が様々な場面で求められている。これまでも古くはKJ法からマインドマップ、ロジカルシンキングなど、様々な思考法・発想法が人気を呼んできた。

 そんな中、イスラエル発の「アニマル・シンキング」が日本に上陸した。シマウマのつもりで矛盾を受け入れる、コウモリのつもりでさかさまに考える…。

 来日した『アニマル・シンキング』(英冶出版、ベラ・ブライヘル/サリー・バルエル著、桑畑英紀監訳、小河祐子訳、1500円)の共著者であり、発案者の1人であるベラ・ブライヘルさんに、アニマル・シンキングによる発想法について聞いた。

―― 「シマウマのように考える」「コウモリのように考える」などと、「動物になる」ことで幅を広げていく発想法ですね。でもそれだけでなく、教材やノウハウも細かく作りこまれています。なぜこのような発想法を作ることになったのですか?

ブライヘル 私と、事業パートナーのサリー・バルエルは約20年一緒に、様々なベンチャー事業に携わってきました。2人ともMBA(経営学修士)を取得し、ビジネスとマーケティングを学んだ後、イスラエルでビジネスコーチを務めてきました。「特許における“特別”とはどんなことか?」「医療と看護ではどうか?」「株式市場にとっての創造性とは何か?」「絵画において創造性とは何か?」など、様々な角度から創造性について考えるようになりました。どんな分野にでも普遍的に使える発想法があるはず。そんな問題意識でした。

「アニマル・シンキング」について説明するベラ・ブライヘル氏(撮影:陶山 勉)

 だれでも、つい同じ思考パターンで考えてしまう「思考グセ」があります。我々はこれをパターン別に分類し、53種類の動物に例えています。シマウマは、白と黒が共存しているので、「矛盾を受け入れる」という意味になります。また、コウモリはいつもさかさまですから、逆さまから考えてみることになります。

 たとえ「クリエイティブになりたい」と思っても、簡単に1人で出来るものでもありません。アニマル・シンキングは、クリエイティブに考えるために脳を刺激するツールです。ごく普通の人が、この思考グセに気づきながら違った思考パターンをある程度自在に使えるようになり、価値あるイノベーション、すなわち「バリュノベーション」を起こせるようになることに、焦点を当てています。

――  イスラエルと日本では、「思考グセ」の傾向も違うようですね。

ブライヘル そうですね。日本では、現在の姿に別のものを組み合わせたり、何かを補完したりして発想する考え方が多いようです。一方でイスラエルではとりあえず壊してしまう、今の姿を否定してしまう、という思考が多いです。ベンチャー企業が多いのも、そうした土壌のせいかもしれません。ちなみに私も、自分で会社を立ち上げたベンチャー起業家の1人です。

まずフォーク自体を否定するイスラエル人

 例えば「新しいフォークを考えてみてください」という質問を投げかけるとしましょう。日本人の場合、別のモノと組み合わせたり、新しい機能をつけたりというケースが多いようです。一方イスラエルの場合、フォーク自体を否定してしまう。「よし、フォークとは別のものを作って食べてみよう」となるわけです。

コメント2

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「自分の思考グセを矯正する方法」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長