• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“進退伺い”した岡田監督が目指したもの

韓国戦終盤の選手交代に垣間見えた片鱗

  • 森本 美行

バックナンバー

2010年5月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ビジネスを取り巻く環境の変化は激しさを増し、不確実性は高まるばかり。でも、そんな時代だからこそ、データを基に現状を正確に把握することが欠かせない。

 多様なデータの活用が進んでいるスポーツの世界。集めたデータを分析すると、観戦した時の印象とは異なる試合や対戦相手の「実像」が浮かび上がってくる。そうしたデータの分析と活用の仕方は、ビジネスパーソンにも意外に参考となる点が多いはずだ。

 このコラムでは、スポーツのデータの分析と配信を手がける会社である「データスタジアム」の森本美行会長が、データの分析を通して、スポーツファンの注目を集めた一戦や選手の“真実”に迫る。そして、ビジネスにも通じるデータ活用の重要性を示すとともに、スポーツというものの奥深さを伝えていく。

 試合会場やテレビなどで観戦していたサポーターの胸中には、どのような思いが去来したのだろうか。

 4日前の5月24日、埼玉スタジアムで行われたサッカーの国際親善試合キリン・チャレンジカップ。ともにワールドカップ(W杯)南アフリカ大会(6月11日開幕)に出場する韓国代表と対戦した日本代表は、0-2で敗北した。

 韓国代表には今年2月にも、東京で開かれた東アジア選手権で1-3と敗れている。だが、あの時は両チームとも海外でプレーする選手が出場していなかった。今回は海外組も参加し、W杯を目前に控えてお互いに持てる力を試し合う“真剣勝負”だった。それだけに再びホームで敗戦を喫したのを見て、サポーターの多くが落胆したことだろう。

 試合後、日本のメディアは、岡田武史監督が犬飼基昭・日本サッカー協会会長に「続けていいですか」と“進退伺い”したことを大きく取り上げ、W杯開幕を目前にしたチームの混迷ぶりを報じた。

 では、岡田監督が“進退伺い”するほどの試合内容だったのか。それは、きちんとしたデータの分析に基づいて、次回で詳しく論じたい。

 今回は、この試合に先立って5月10日に発表された代表メンバーの選考結果などから、岡田監督がW杯本大会で披露しようとしているサッカーについて考えてみる。

Jリーグ得点王と予選の立役者を押さえての選出

 メンバーに選出された23人の多くは岡田ジャパンの常連で、その顔ぶれのほとんどは大方の予想通りだった。そうした中、昨年1月以来、代表から遠ざかっていたGKの川口能活選手(ジュビロ磐田)とともに、「サプライズ」と評されたのが、アルビレックス新潟のフォワード(FW)、矢野貴章選手の選出だ。

 矢野選手は今年に入ってからの代表出場が4月のセルビア戦だけだったのに加えて、FWの候補には今回選ばれた選手のほか、Jリーグで昨季の得点王に輝いた前田遼一選手(ジュビロ磐田)や、W杯予選で活躍した田中達也選手(浦和レッズ)などの名前が下馬評に上がっていた。これらの“実力者”を押さえての選出が驚きと受け止められた。

 だが、様々なデータから分析する限り、矢野選手の選出は決してサプライズではなく、岡田監督にとっては“必然”だったと私は見る。

コメント7件コメント/レビュー

相手チームが真剣勝負していればこのような分析は役に立つだろうが、オランダとの親善試合を善戦したなどとと考えていること自体が無様。日本チームにわざとボールを「持たせておいて」自陣ゴール25メートル前ぐらいから、真剣にボールを取りに行き守備をして、日本チームのスタミナを消耗させ、後半一気に勝負に出る、そう、オーストラリアとのドイツワールドカップ予選と同じ。これは強豪チームの対日本戦の常套。なぜなら日本にはゴールを取れそうな怖い選手がいないから。(2010/05/28)

「森本美行のスポーツ解剖学 データでひもとく試合の“真実”」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

相手チームが真剣勝負していればこのような分析は役に立つだろうが、オランダとの親善試合を善戦したなどとと考えていること自体が無様。日本チームにわざとボールを「持たせておいて」自陣ゴール25メートル前ぐらいから、真剣にボールを取りに行き守備をして、日本チームのスタミナを消耗させ、後半一気に勝負に出る、そう、オーストラリアとのドイツワールドカップ予選と同じ。これは強豪チームの対日本戦の常套。なぜなら日本にはゴールを取れそうな怖い選手がいないから。(2010/05/28)

球技は違うが、過去に国内ラグビーをよく見ていたら、下馬評を覆すかというような善戦をしていても、最後に動けなくなれば地力に勝るチームが勝利していたかと思います。それだけプレスを掛け続けることは体力を損耗するし、このうるさいハエ戦術であれば、相手が日本のペースに巻き込まれないようにすれば、どんどん体力を奪う戦術を取ることができるかと。そうすると、早い時間帯に点をとって相手を日本のペースに巻き込む必要が生じるけど、点がとれませんものねぇ・・・(2010/05/28)

前の方も仰っていますが、プレッシングを重視して矢野を選出するなら連動させて中盤もそうしないと。その中盤に運動量の少ない選手をおいても機能しないでしょう。テクニック重視で運動量がある中盤の選手は日本では軽視されがちですね。(2010/05/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長