• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自殺の「理由」なんて、デュルケームは信じない

『自殺論』エミール・デュルケーム著

2010年6月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大学の教室で

今から数十年前、ぼくが二十歳前後のときだ。
大学の教室で、ぼんやりと講義の始まりを待っていると、友人がひどく真面目な顔をして近寄ってきた。
彼は小さな声で、同級生のAが自殺したと言った。
その瞬間ぼくは、まるで熱いストーブに手が触れて飛び上がるみたいに、席から腰を浮かして、調子はずれの声で「なぜ」と叫んでいた。

いや、ぼくは自殺の理由を知りたかったのではない。
遺書はあったのかとか、何か事情を知っているかとか、そんな詮索をしたかったのではない。
たとえそのような話を聞いたとしても、自殺の理由などわかるはずがないと思っていたのだから。

もちろん、自殺者の最後の言葉が残されているのなら、それを文字どおりに理解することはできるだろう。
だが、ぼくらが本当に知りたいのは、彼がそのような言葉を残さざるをえなくなる、それまでの過程ではないか。当人にもどうにもとどめようのない、向きすらも変えられない、「必然的」と言いたくなるような心の流れ、彼がはまってしまったその流れと、そのときに彼が見ていた風景、聞いた音、心をよぎった想いではないか。
流れが尽きたところ、その最後の最後に彼の意識の表面に浮かんだ言葉だけを、その言葉どおりに受け取って、いったい何がわかるというのだ。

そもそも言葉で言えるような事柄が彼の自殺の理由だったら、そして、そんなにも簡単に伝わり、容易に理解されるものなら、どうして自殺にまで至るだろう。
そんなことは、つまり「自殺の動機など、外からうかがい知ることはできない」ということは、十代の中ごろからずっと考えていた。それなのに、同級生が自殺したと聞いたとたん、ぼくが最初に口にした言葉は「なぜ」だ。

自分が発したその大声に、ぼくはとまどってしまった。
違う、そんなことを尋ねたいのではない。
そんな無力な詮索をしたいのではない。

ぼくはAとは「会えば言葉を交わす」程度のつきあいしかなかった。しかし、知らせてくれた友人は彼ととても親しくしていたのだ。ひどいショックを受けている目の前の友人に向かって、そんな言葉をかけたいのではない。

だが、ぼくの頭の中は空っぽで、胸の中も、やはり空っぽだった。突然、場違いなところに放り込まれたみたいに、視線の向き、手の置き所もどうしたらいいのかわからなくなってしまった。

ぼくは何か「ちゃんとしたこと」を言わなければと思って、口を開いた。
そして、もう一度、「なぜ」と言っていた。

デュルケームは「理由」など信じない

自殺が報じられるときは、必ずその動機、理由が添えられる。「病気を苦にして」「借金の返済に困って」といった風にだ。また、自殺に関する本を開くと、必ず理由の一覧とそれぞれが何パーセントを占めるかを示した表が載っていて、それを前提に話が進められたりする。
そういうものを目にするたびに、「そうかもしれない、しかし、そうでないかもしれない」とつぶやく。そして、「これを書いている人は、この『理由』を信じているのだろうか」と疑う。
そんな統計を信頼している論考は、どうしても本気で読めない。

しかし、フランスの社会学者デュルケーム(1858年生―1917年没)が1897年に発表した『自殺論』は違う。彼は、そんな「自殺の理由」を決して真に受けたりはしない。

自殺者の先行与件のなかに、一般に絶望をもたらすとおもわれるなんらかの事実をいったん発見したと信ずると、人はそれ以上の詮索は不要だと決めこんでしまう。そして、当人は最近金銭上の損害をこうむったとか、家庭のもめごとに悩んでいたとか、いくらかの飲酒癖があったとかいうような噂にもとづいて、自殺の原因を、その飲酒癖や家庭の悩みや経済的打撃などに帰してしまうのである。このような疑わしい情報を自殺の説明の根拠とすることはできないだろう。

自殺の動機は、傍観者がいくら考えてもわからない。それどころか、当事者でさえ見誤っている可能性が高いとデュルケームは言う。

自殺する本人は、生からの訣別の行為をみずからに納得させるために、それをもっとも身近な周囲の事情のせいにする。

自殺の基本的な原因は「社会」にある

デュルケームは、傍観者の見立ても当事者の言葉も信じない。
彼は自殺の原因をどこに求めるのか。

社会だ。

自殺の基本的な原因は「社会の状態」にあるというのが、彼の主張だ。
人に自殺を促すような社会の状態があって、その状態の度が強まれば自殺者は増え、その度が弱まれば自殺者は減る。

だから、自殺者ひとりひとりの個別の理由は重視する必要はない。自殺するような状態になれば、どんな理由ででも、ひとは自殺するのだから。

直接に自殺を思いたたせる、決定的条件のようにみえる私生活上の出来事はどうかといえば、それらは、じつは偶然的な原因にすぎない。個人が環境の与えるごく軽微な打撃にも負けてしまうとすれば、それは、社会の状態が個人を自殺のまったく恰好の餌食に仕立てあげているからにほかならない。

このように社会を極度に重視するデュルケームの自殺論に対しては、「個人無視のアプローチだ」等の批判がある。

しかし、ぼくはそうは思わない。
そもそも「病気」「貧窮」などの個人的事情に原因を求めれば、個人を重視していることになるのだろうか。

生そのものの否定

自殺者に対する非難を、ときどき耳にする。
「病気を苦にして自殺した」と見なされると、「重い病にもめげず、敢然と立ち向かっている人がいるのに、彼は逃げた」などと言う。
また、「経済的に苦しいから自殺した」と見なされると、「どん底から再起する人もいるのに、勇気がない」などと言う。

そうなのだろうか。

コメント12

「生きるための古典 ~No classics, No life!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長