• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

78. 大義でモノを言う人は、私情を公憤だと信じこんでしまう。

田辺聖子『欲しがりません勝つまでは』(2)

  • 千野 帽子

バックナンバー

2010年6月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。前回は田辺聖子『欲しがりません勝つまでは』(1977)に出てきた愛国美少女〈竹本サン〉をご紹介しました。今回はその「竹本サン的」な人たちについて書いてみたい。

 竹本サンは従兄が出征したのを機に、「自分たちも国文学の勉強などしているばあいではない、いますぐ軍需工場に行って働き、お国のために働くべきだ」と血気に逸った主張をするのですが、クラスメイトたちにはイマイチ受け入れられず、友成先生には、じゃあなんで国文科になんかに入ってきたの? ただの注意力散漫なんじゃないの?ともっともなツッコミをされてしまう。ついに竹本サンは、〈あたしのいってること、ほんとに憂国の至情からいってるんです〉と言い捨てて半泣きで教室から出て行ってしまったのでした。先生は、

〈憂国の至情というより、私情の方ではないかね〉

と、うまいことを言います。竹本サンは熱弁事件のあとすぐに学校をやめてしまい、作中にはその後登場しません。

 さて、私は前回、つぎの箇所を引用しました。

〔…〕竹本サンに、私の書いた小説を見せるのは憚られた。〔…〕それは竹本サンの目ききに不信感をもっているからかもしれない。竹本サンを信用していれば、ズケズケいわれても、それはそれで納得するはずである。

そして、田辺さんはなぜ、竹本サンの批評眼を信頼できないと感じたのか、という問いを立てておきました。『欲しがりません勝つまでは』の本文中に書かれていないその答えが、上述の挿話にあらわれているのに、みなさんはもうお気づきのことでしょう。

コメント2件コメント/レビュー

「オタク文化なんて隙あらば差別してやるぜ」←私もこのように思っています。オタク文化の黎明期(1980年代前半)には、オタクな青少年達は世間から白い目で見られていました。しかしそれから30年、今は文化の一形態として社会に認知されたいます。オタクといわれ蔑まれていた人たちが戦って得た成果なのでしょう。でも私は、今でもオタク文化には違和感があり、ついていけません。(46歳・男性・サラリーマン)(2010/06/02)

オススメ情報

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「オタク文化なんて隙あらば差別してやるぜ」←私もこのように思っています。オタク文化の黎明期(1980年代前半)には、オタクな青少年達は世間から白い目で見られていました。しかしそれから30年、今は文化の一形態として社会に認知されたいます。オタクといわれ蔑まれていた人たちが戦って得た成果なのでしょう。でも私は、今でもオタク文化には違和感があり、ついていけません。(46歳・男性・サラリーマン)(2010/06/02)

大義を押し出さねば語れない自体がそもそも正当性に疑問がでますよね。歴史的に見ても、行動に後ろめたいものがある立場の人ほど『大義』を掲げようとしてますから。(2010/06/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今は一等地に支店を持って、 給料の高い行員をたくさん配置していることが、 むしろマイナスにもなりかねない。

森 信親 金融庁長官