• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Vol.3 本当に「死にたい」、でもそれは病気が思わせているだけ!

  • “う”あがりOL

バックナンバー

2010年6月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 またまた「下山論プロジェクト」へようこそ。よその部署に勝手な企画を継続中の編集Y(@日経ビジネスアソシエ)です(ツィッターはこちら)。

 さて今回、内容が大変キツいです。筆者の「うあがりOL」さんと「コレはどうなんだろうね、読んだら気分がメゲないかしら」と相談を重ねました。「でも、この話を明るく楽しく書くって、もう超絶な才能の作家さんでもないと無理」「そりゃそうだ…」。

 才能もなく作家さんでもない私たちは潔く諦めました。
 でも、本当の話ですし、ちゃんと「出口」も付けました。

 あえて本論の比喩でいけば、ここで語られている様々な方の体験は、「下山」の途中で出くわす、雪崩のようなものかもしれません。といいますか、本人の頭(論理、立場)がどうしても下山できないでいるときに、雪崩が起こって無理矢理下へ押し流されてしまう、それが、この辛い経験なのではないでしょうか。

「うつの湯」をあがれば、新しい道が見えてくる

 もうひとつ思ったのは、しつこくご紹介している当プロジェクト第一弾、計見先生の記事(「お父さんが『眠れない』のは、心の問題ではない」)で語られる患者さんの心理と、この「うあがりOL」さん、「う」友(本稿では、うつ病を「う」と記します)さんが語る内容とが恐ろしいくらい一致することでした。もしまだ計見先生の記事をお読みでなければ、先に読んでおいていただくと、より納得でき、しかも気持ちが楽になるかと思います。

 では、ちょっとだけ覚悟を決めて、どうぞ。(Y)

(前回「Vol.2 「ありがとう」に応えきれなかった、わたし」から読む)

 働き過ぎで「うつ」と診断された私は、発症した部署から古巣を経て、別の編集部に異動になりました。これまでとは違う分野の雑誌を作るのです。

 「うつ」病中は、環境の大きな変化を避けるのが定石とされています。結婚や離婚、転居や転職など。環境の変化は、大きなストレスとなるからです。そのため、部署を異動することに不安はありましたが、新しい職場の上司とは顔なじみでもあり、新しい仕事の日々が始まったのです。

 しばらくして、まだ雪深い新潟の酒造会社に取材に行った帰り、新幹線の中で「それ」はやってきました。激しい「悪寒」と「恐怖心」「不安感」。吐き気とも違う、えもいわれぬイヤ~な感じ。―――「うつ」の症状でした。

 その後、打ち合わせの途中で、悲しくもないのに泣きそうになったり、取材に出かけて人に会うのが怖くなるなど、不安定な状態が続きました。極めつけはパニック症状。ある夜、自宅で、強烈な不安感と恐怖感に襲われて、泣きながらパニックに陥ったのです。「助けて! 怖い! 助けて! 私、おかしいの!」。

(嗚呼、自分で思い出すだけでもしんどい話なのに、それをお仕事中に読ませてしまってごめんなさい~。でも、ツラいばかりでは終わりませんので、どうか、おつきあいくださいませ)

 その後も、出社しようとすると手が止まってしまい、支度に時間がかかり、思い悩む出社困難な状態が日常化します。

 そんな日々がしばらく続いた頃、上司が言いました。
「無理せず、ここは、しばらく休んだらどうだ?」

 こうして私は休職することになったのです。

「なんだか、とんでもないことになってしまった」
というのが偽らざる気持ちでした。
「これから、自分はどうなってしまうのだろう?」
 不安と恐れ、落胆、焦り、あきらめが、じっとりと自分を包む…。

 “う”の湯は、濃い灰色のドロ湯で、ドロは沈殿しておらず、しかも濃い。どっぷりと浸かっていると、ドロにハマったかのような、不思議な感覚を覚える。
 少し、のぼせてきたら、洗い場に出る。ふーっ。そしてまた、ドロ湯へ。この繰り返しだ。

 着ていたものがすべてドロに溶けて消えてしまうと、妙に心細くなった。自分をミメ良く見せるためのアレコレは、もはや自分のものではない。身につけていたヨロイはどこへ消えたのか。いつも持ち歩いていたお気に入りのアクセサリーもどこかに失ってしまった。はて、残った自分はナニモノなのか。

 ドロ湯に浸かりながら、私はなぜこの湯に入っているのだろうかと不思議に思う。どうしてココへ来ることになったのか。身につけていたものを失ってしまって、どうやってココから出ればいいのだろうか。

 仕事人間だった私から、仕事を取ったら何が残るのか?…見事に何も残っていませんでした。コテンパンに打ちのめされたかのような、壊滅的なまでの自信喪失が待っていたのです。

コメント18

「“う”あがり美人になりたくて」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授