• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「作り手だってスバリスト!」スバルはかくして作られる

第46回:スバル レガシィ【開発者編・後編】

2010年6月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 どこの自動車メーカーにも固定したファン層はいるもので、1つの車種がモデルチェンジする度に律儀に乗り換えられたり、ライフスタイルの変化に併せて同じ会社のクルマをコツコツとステップアップする、所謂「いつかはクラウン」を実践される方がいたりします。私の亡き父親などは、こうしたトヨタ自動車の戦略にドップリとハマっていたクチでして、それこそ“いつかはクラウン”を地で行っていた人でした。

画像のクリックで拡大表示

 トヨタにはトヨタのファンが、ホンダにはホンダのファンが、そして日産自動車にもマツダにもそれぞれに根強いファンが存在します。しかし“スバリスト”と呼ばれる熱狂的なスバルのファンは、そうした他社のファンとはいささか趣が違います。何と言いますか、熱狂のケタが違う。一種宗教じみた感じさえするのです。
 それでは富士重工業はスバリストのことをどのように捉まえているのでしょう。毎度ありがとうございのヘビーユーザーなのか。はたまたアレコレ文句を言う厄介な客なのか。

 今回の開発者インタビューは、そのあたりからお話を伺いましょう。
 スバルの看板娘、5代目「レガシィ」を開発された、プロジェクトゼネラルマネージャー熊谷泰典氏のインタビュー後編です。

*   *   *

フェルディナント・ヤマグチ(以下、F):スバリストのお話が出たので、その辺りをもう少し詳しく伺いたいと思います。富士重工としては、スバリストと呼ばれる熱狂的なファンの存在をどのように理解されているのでしょう。

スバリストの明確な定義は…ない!?

熊谷(以下、熊):実は会社として“スバリスト”を明確に定義づけている訳ではないんです。僕の勝手な解釈だと、スバリストは先ほどヤマグチさんがおっしゃった排他的でバリバリの人達よりも、もうちょっと範囲が広くて、走りだけじゃなくスバル車そのものを愛してくれている、家族でスバルを乗り継いでくれているような方々だと思っています。

F:親の代からスバルファン、という方も……?

熊:それはもう大勢いらっしゃいます。お爺様の代からのスバルファンで、私でもう3代目です、という方も少なくありません。お陰様でスバルはリピート率が非常に高いクルマです。

F:世の中にはこれだけたくさんのクルマがあって、しかも今は外車も安くなっていて、それでも代々スバルを買い続けてくれるというのは、メーカーにとっては非常にありがたい話ですよね。他社のクルマではあまり見られないケースではないでしょうか。

コメント10

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「作り手だってスバリスト!」スバルはかくして作られる」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック