• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「作り手だってスバリスト!」スバルはかくして作られる

第46回:スバル レガシィ【開発者編・後編】

2010年6月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 どこの自動車メーカーにも固定したファン層はいるもので、1つの車種がモデルチェンジする度に律儀に乗り換えられたり、ライフスタイルの変化に併せて同じ会社のクルマをコツコツとステップアップする、所謂「いつかはクラウン」を実践される方がいたりします。私の亡き父親などは、こうしたトヨタ自動車の戦略にドップリとハマっていたクチでして、それこそ“いつかはクラウン”を地で行っていた人でした。

画像のクリックで拡大表示

 トヨタにはトヨタのファンが、ホンダにはホンダのファンが、そして日産自動車にもマツダにもそれぞれに根強いファンが存在します。しかし“スバリスト”と呼ばれる熱狂的なスバルのファンは、そうした他社のファンとはいささか趣が違います。何と言いますか、熱狂のケタが違う。一種宗教じみた感じさえするのです。
 それでは富士重工業はスバリストのことをどのように捉まえているのでしょう。毎度ありがとうございのヘビーユーザーなのか。はたまたアレコレ文句を言う厄介な客なのか。

 今回の開発者インタビューは、そのあたりからお話を伺いましょう。
 スバルの看板娘、5代目「レガシィ」を開発された、プロジェクトゼネラルマネージャー熊谷泰典氏のインタビュー後編です。

*   *   *

フェルディナント・ヤマグチ(以下、F):スバリストのお話が出たので、その辺りをもう少し詳しく伺いたいと思います。富士重工としては、スバリストと呼ばれる熱狂的なファンの存在をどのように理解されているのでしょう。

スバリストの明確な定義は…ない!?

熊谷(以下、熊):実は会社として“スバリスト”を明確に定義づけている訳ではないんです。僕の勝手な解釈だと、スバリストは先ほどヤマグチさんがおっしゃった排他的でバリバリの人達よりも、もうちょっと範囲が広くて、走りだけじゃなくスバル車そのものを愛してくれている、家族でスバルを乗り継いでくれているような方々だと思っています。

F:親の代からスバルファン、という方も……?

熊:それはもう大勢いらっしゃいます。お爺様の代からのスバルファンで、私でもう3代目です、という方も少なくありません。お陰様でスバルはリピート率が非常に高いクルマです。

F:世の中にはこれだけたくさんのクルマがあって、しかも今は外車も安くなっていて、それでも代々スバルを買い続けてくれるというのは、メーカーにとっては非常にありがたい話ですよね。他社のクルマではあまり見られないケースではないでしょうか。

コメント10件コメント/レビュー

今回も大変楽しい記事で、スバル車は昔から大好きなので特に今回は楽しませて頂きましたスバルは好きですが、実は一度も購入したことがありません(まさに口だけスバリスト?)。その時々の生活・好みにベストマッチするものをメーカを問わずに5台くらい乗りついでますが、たまたまスバルとはタイミングが合わなかったようです。ただ、ダウンサイジング+直噴ターボにしたものが次期エクシーガに載ったら、恐らく買うと思います。スバルさんは1.5Lの良い4気筒エンジンと優れたターボ技術をお持ちのようなのでいつでもできるはずです。ゴルフTSIに乗ってますが、燃費だけなく乗り味もとても良いです。ハイブリッド車は乗り味的に受入れられません。まだ買ったことは無い私ですが、スバルには期待し続けます。(2010/06/18)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「作り手だってスバリスト!」スバルはかくして作られる」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今回も大変楽しい記事で、スバル車は昔から大好きなので特に今回は楽しませて頂きましたスバルは好きですが、実は一度も購入したことがありません(まさに口だけスバリスト?)。その時々の生活・好みにベストマッチするものをメーカを問わずに5台くらい乗りついでますが、たまたまスバルとはタイミングが合わなかったようです。ただ、ダウンサイジング+直噴ターボにしたものが次期エクシーガに載ったら、恐らく買うと思います。スバルさんは1.5Lの良い4気筒エンジンと優れたターボ技術をお持ちのようなのでいつでもできるはずです。ゴルフTSIに乗ってますが、燃費だけなく乗り味もとても良いです。ハイブリッド車は乗り味的に受入れられません。まだ買ったことは無い私ですが、スバルには期待し続けます。(2010/06/18)

Aピラーによる視野の遮りと,ワイパーの拭き残しが少ないのもこの車の特徴です.デザイン重視でやたらAピラーが寝ている車(右折で右側が見えにくい)が多いなか,Aピラーの位置が適切なので,右折交差点等でAピラーが寝ている車と比較すると視界が広いため,安全に通行できます.また,運転席側のワイパーの拭き残し(ワイパーで拭かれる部分とAピラーとの間)が少ないので,雨や雪道でも安全です.特に,雪道ではこの部分に雪が積もるので,拭き残しが狭い方が視界が広くなります.このような細かい部分まで考えられているのも特徴です.視界確保もアクティブセーフティの一部と思います.(2010/06/18)

今回は、スバリストの方々でコメント欄が埋め尽くされると思ったんですが、違いましたね。私はシトロエニストなので、レガシィについては足回りが固すぎるように感じます。 何故、その様な味付け?をするのか疑問です。ひょっとして、走行安定性と乗り心地のバランスの煮詰めが甘いとか? 硬めの足回りのVWと比較しても、もっとドライバーの疲労軽減に配慮を払った方が良いかと思うのですが。(オペル程度が中庸?)◆4WD専業とかラリー車もどきも有るよという商品訴求力に拘らず、優れた欧州車の足回りバランスを研究すべきかと思います。もちろん、古臭くなったボルボとかサーブとか、道を間違えつつあるようなシトロエンの一部は参考にしないで。 まぁ、路面の起伏や状態、それと横風なんかでフラフラしてハンドルでの微修正がよく必要になる、T社の車達よりは良く出来ていると思いますが。(2010/06/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長