• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あれは相撲の「美」を守るためではなかったのか?

2010年6月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このたびの大相撲の不祥事について、私はあまり同情的な気持ちを持っていない。
 というのも、角界には、朝青龍を排除するに当たって盛大にきれいごとを並べた人たちが居残っているからだ。

 やれ国技だ文化だ伝統だと、彼らは、自分たちの関わっている興行について、歯の浮くような美辞麗句を言いつのっていた。曰く、相撲の美、横綱の品格、無言の掟、民族のDNA。武士の覚悟。ほのぼの麗句。

 なるほど。よくわかった。
 私は納得した。大相撲の世界が彼らの言うように、美しくも正しい文化的な結界であるのだとしたら、私の大好きな朝青龍は、その清廉な小宇宙にはなじまない異分子だったはずだからだ。ドルジは乱暴者だった。身勝手でもあった。ファンのひいき目で見ても教養溢れる紳士というわけにはいかなかった。ごくごくありきたりな二十代の粗野な青年であったに過ぎない。

 だから、そのがさつで傲慢で粗暴なファン太郎を、角界は、追放した。それは仕方のないことだった。

 私の朝青龍は、強くて愛嬌があって機転の利く真にアウトスタンディングな力士だった。人間的にも素晴らしく魅力的だった。が、「横綱の品格」のようなものを問われるなら、そういうむずかしいものは、やはり、備えていなかったからだ。

 ……仕方がない。
 私はあきらめた。
 私は朝青龍をあきらめ、ついでに相撲もあきらめた。そう。相撲界の人々、すなわち協会とNHKと評論家と横綱審議委員会と再発防止委員会の面々は、相撲の美を守るために朝青龍をあきらめたのかもしれないが、私の立場は違う。一相撲ファンである私が朝青龍をあきらめるためには、相撲も一緒にあきらめないとならない。そうするほかに選択肢がなかったのだ。

 ドルジなき後の大相撲は、きっと正しく文化的で教育的な国技として広く善男善女に愛されることになるのであろう。よろしい。私はそんなものに用はない。

 私が愛していた相撲は、時に荒くれた、半裸の男たちのぶつかり合いだ。
 その太古の時代の猛々しさを残した素朴な格闘技には、朝青龍が不可欠だった。
 そうだとも、あいつが居ないのならオレは見ない。
 というわけで、今年にはいってから、私は相撲中継を見ていない。

 ところが、その清く正しく文化的であるはずの品格ある大相撲の世界には、なぜなのかどうしてなのか、野球賭博に手を染める面々が多数含まれていたのだそうだ。
 それも、ただの仲間内の手慰みではない。
 暴力団にかかわりのある賭博だ。彼らは、そのハンデ師がハンデを切るところから始まる著しく反社会的なバクチに乗っかっていたといわれている。

 話が違うじゃないか。大相撲は国技で文化で神事で伝統で美しい所作の極致だったはずではないのか? だからこそ文部科学省は日本大相撲協会を公益法人として認可し、様々な特権を付与してきたのではないのか?

 ……と、いつまでも白々しい話をするのはやめておく。
 本当のことを言う。

 大相撲の世界が暴力団とズブズブであることは、昔からのファンなら誰でも知っている。当然、私も知っていた。実際に国技館に行ってみればイヤでもわかることなのだ。いつ観に行っても、前の方の席には一目でそのスジの人間とわかる人たちが、公然とタムロしているからだ。非常にのびのびと。

コメント55件コメント/レビュー

1:朝青龍はワルの匂いがして好き。それを排除した正しく文化的で教育的な連中は嫌い。2:相撲界はもともとヤクザとずぶずぶだ。3:それを充分知ってたくせに知らなかったかのようなコメントしてる連中はクズだ。4:携帯コンテンツはワルの匂いがするのが多くて気味悪い。若い人間には抗しがたい魅力があるのか。残念ながら。5:相撲界はヤクザとの関係を完全に絶たないといけない。▼…1も2も3も4も共感できる(または勉強になった)けど、1と4、1と5の関係がいまいち理解できない。(2010/06/22)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「あれは相撲の「美」を守るためではなかったのか?」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

1:朝青龍はワルの匂いがして好き。それを排除した正しく文化的で教育的な連中は嫌い。2:相撲界はもともとヤクザとずぶずぶだ。3:それを充分知ってたくせに知らなかったかのようなコメントしてる連中はクズだ。4:携帯コンテンツはワルの匂いがするのが多くて気味悪い。若い人間には抗しがたい魅力があるのか。残念ながら。5:相撲界はヤクザとの関係を完全に絶たないといけない。▼…1も2も3も4も共感できる(または勉強になった)けど、1と4、1と5の関係がいまいち理解できない。(2010/06/22)

月曜に戻してとは言いませんが、(月曜だと休日=休載が多いし)火曜か水曜くらいになりませんかね。金曜日をあまり待ちわびるというのも勤め人としてどうかと思うので。(2010/06/22)

相撲がその筋と関係してて、大雑把に言えば相撲取りが常識の範疇にはいない人たちだろう、なんて、そりゃ相撲ファン以外にも常識だと思うけど、いまさらびっくりしてみせる人たちって偉い。どんなにわかりきってることにもちゃんと改めて驚き、怒るのが良識というものの一部を構成していると思う。だから良識が行き過ぎると鼻持ちならなくなるんだな。コメントで誤解してる人がいるけど、最終的に相撲取り(プロ野球でもサッカーでも)で高卒、大卒ということは、「あちら側」の「世の中の捉え方」のまま、純粋培養でプロにまでなれたという可能性が高い。だから彼らが学歴持ってるからってコラムでいう「彼らの鬱屈」が解消されていることにはならないね。関係ないけど近所の居酒屋で「琴光喜は優しい顔をしているから、きっと騙された被害者に違いない」「きっとバクチも大麻も朝青龍がバラして逃げたんだ」と言われていて笑った。結局は朝青龍も顔が悪かったってことかな。(2010/06/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長