• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

81. 「わかってる/わかってない」で世界を分割する人たち。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2010年6月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。前回予告したとおり、「わかってる/わかってない」の話をします。しようと思っていたら、前回の記事にたいして、計ったようなタイミングでつぎのようなコメントがありました。

いままで毒舌でも筋の通ったことを書いているなぁと思ったけど、今回はフェミニズムの話だからなのか、それともわたしが女だからなのか、「わかってないわ」って言われて私憤する人の文章のように感じた。

そのような誤解を与えたのなら、私の書きかたが悪かったのですが、「お前はわかってない」と言われて、私は腹が立ちません(ってこれ、前回書いたよね)。あなたは、「お前はわかってない」と言われたら人は必ず憤慨するものなのだ、という思いこみがあるのではないでしょうか。

 レトリックでもなんでもなく、私は1980年代の《Olive》や《マーガレット》のこと「わかってる」側にはいる自信がありません。

 だから、

マーガレット酒井の女子高生〔リセエンヌ〕の面接時間』、酒井順子 著、角川文庫、660円(税別)

「マーガレット酒井という筆名がダサいと思う奴は《Olive》のことがわかってない奴だ」

なんて『ニッポンのミソジニー』(単行本はまもなく発売だそうです)の上野千鶴子さんのように「わかってる」側に自分を置こうという気はさらさらないのです。

 上野さんが1980年代の《Olive》のことを「わかってる」人なのか「わかってない」人なのか、「わかってる自信」がまったくない私には判断できません。しかしこれだけは言える。

 上野さんは、「わかってる/わかってない」で世界を分割する人、だということです。

 私にとっては、

わかってる人 / わかってない人

という区別よりも、それ以前に

「わかってる/わかってない」で世界を分割する人 / しない人

という区別のほうが重要なのです。

*   *   *

コメント7件コメント/レビュー

前回と今回の文章は、世の中の人間を「世の中は『分かってる/分かってないで分割する人』と『そうでない人』に分かれてるということが分かってる人(著者)」と「そうでない人」に分割してしまっているように読めてしまうという点で、なんというか拙い気がします。(2010/06/30)

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

前回と今回の文章は、世の中の人間を「世の中は『分かってる/分かってないで分割する人』と『そうでない人』に分かれてるということが分かってる人(著者)」と「そうでない人」に分割してしまっているように読めてしまうという点で、なんというか拙い気がします。(2010/06/30)

やはりそうなのか。自分の間違いも、わかってる、に起因している。わかってない、ことを肝に銘じるべきなのだ。知らない、分からないことは恥ずべき事でも何でもないのだが、歳を取る度に知ったかぶりが多くなる。もっと、恥をかいても、わからない、を連発すべきなのだな。(2010/06/30)

「わかってないことをわかってる」筆者は、「わかってる人」のことを”あちら側”として、「わかってないなぁ」と思っているわけですね。(2010/06/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長