• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「日本中の街中で電書を交換し合うのが理想です」

「文学フリマ」で分かった「電書」の大いなる可能性【その5】

  • 深川 岳志

バックナンバー

2010年7月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米光一成立命館大学映像学部教授とエンジニアの松永肇一氏の対談もついに最終回を迎えました。前回は電書とコンテンツと日本語レイアウトの関係について考えてみました。今回は明日、7月17日に迫った“電書フリマ”(イベントの詳しい内容は文末をご覧ください)の開催を前に、電書の未来についてお話を伺いました。(前回から読む)

―― 今、我々も含めて紙の雑誌がどんどんつぶれていってます。その中で、文学フリマで電子書籍部がやった、電子版の活字雑誌的なものがすごく面白い。例えば、『本の雑誌』ってもとは電書部みたいなものだったじゃないですか。スタート時には自分たちで担いで配本してた。最初は手書きで、ガリ版。あの感じとすごく似たにおいを感じたんです。

米光 電子書籍って、今、わりと一個のものとして語られているけど、3つぐらいの方向があると思っているんです。一つはいわゆる紙の本。書籍がそのままの形でほぼ変わらずに電子のほうに来る。もう一つは映像だったり、ユーザーインターフェースだったり、ゲーム的なインタラクションだったりが合体する方向。あ、ちなみに僕はゲームをやるので、インターフェースが得意なので、そのへんもやりたい。

 僕から見るとこの手のインタラクションはまだまだ甘いです。ユーザーフレンドリーじゃない。ちゃんと作ればいいのに。発想もデザインも追いついてない。まあ、それはいいとして。

 そして、3つ目は回覧板。家に回ってくる回覧板レベルの電書。例えば、住んでいる地域のことを書いて、飲み屋に行って「この辺のおいしい店とか全部書いたやつを作ったから、読まない?」と、近所の人に売る。

特定エリアや濃いコミュニティーの中での可能性

―― エリアマガジン的なものですか。エリアで絞るのは、対面販売とあっている感じがします。

米光 趣味の分野もできる。僕の友達にインコ好きがいるんです。彼に今『季刊インコ』を作れって薦めてるんです。インコ好きの仲間がいる。インコ好きって2万人以上いるらしいんですよ。

 とはいえ紙の雑誌だと、買う人は数パーセントだから採算考えるとつらい。

―― そうですね。

米光 電書なら、それぐらい濃いコミュニティーがあれば、オフ会のときに新しいのができたよと渡して、渡された子が周りの子にまた渡してということをすれば、ほぼ経費ゼロでコミュニティーの中で流通させることができちゃう。

 そうすると何が起こるかというと、コバヘン(編集者の小林弘人氏)が言っていることですが、編集者の仕事が本だけじゃなくなる。インコ好きの人が言うには、いい鳥かごがないんですって。我々が想像する鳥かごしか売ってなくて、ヨーロッパ映画にでてくるようなかっこいい鳥かごがない。

 あれを輸入すると、形はいいけど、日本の家屋に置くにはちょっとでかいんです。なので、日本向けにしゃれたデザインの鳥かごが欲しいと言っているんだけど、電子書籍をハブにしてちゃんと集まっていけば、実現の可能性が出てくる。

―― 鳥かご屋さんと造形デザイナーを座談会させて、いけるねとなったら作らせるとか。予約をとって、オーダーメードで作れば、確実に誰も損せずに売れる。

米光 季刊インコを編集して、自分たちが欲しいものを手に入れる。それは、今までの紙の編集の仕事より、もうちょっと違うステージですね。でも、編集の仕事ってもともとはそういうものだったと思う。

コメント1

「電書革命」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック