• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

死ぬときにわかる『いい顔してる人』
~天才アラーキー曰く「顔は究極のヌード」

  • 澁川 祐子

バックナンバー

2010年7月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

いい顔してる人』荒木経惟著、PHP研究所、1260円

 1日中動き回り、満員電車に揺られて帰る夜。電車の窓にふと目を遣ると、暗闇に映った自分の顔にギョッとさせられることがある。

 目尻に刻まれた無数の小じわ。重力のなすがままに、だらしなく垂れ下がる頬。ぐはっ、こんなやつれた顔をしていたとは! 無理やり口角を上げてみたり、目をぐっと見開いてみたり、ささやかな努力をすればするほど、虚しさがこみあげてくる。

 電車の窓に映し出される顔は、限りなく「素」に近い。鏡を覗き込む時と違って、自らの目線さえも意識していない。そんな「素」の顔をいきなり突きつけられると、自分が思っている「自分の顔」との落差にいまさらながら驚かされるのだ。

顔は嘘をつけない

 日頃から自分の「素」の顔に危機感を覚えているだけに、「天才アラーキー」こと写真家・荒木経惟の「顔は究極のヌード」という言葉に心底ドキッとした。

〈顔は生まれてからずっと裸のまんま。おっぱいの大きい小さいなんていくらでも嘘つけるし、髪だってハゲたらカツラにすりゃいい(笑)。でも顔だけは常にさらされているだろう?〉

 女性のヌードをごまんと撮ってきたアラーキーに言わせれば、おっぱいは〈デカいか小さいか、乳首の色がピンクかあずき色か、垂れているかピンと持ち上がっているか〉しかないらしい。顔のほうがよっぽど複雑で、顔には時代や時期、その人となりといった「本質」が現れる。「だから用心しろよー」と先制パンチが飛ぶ。

 そんな脅し文句から始まるこの本は、70歳になったアラーキーが語る「いい顔」論だ。

 表紙には、子どもと母親のヌード写真。子どもの泣きっ面といい、母親のこぼれんばかりの笑顔といい、確かにタイトルどおり“いい顔してる”。

 ページをめくって、なかに挿み込まれている写真をパラパラ見てみる。複雑な表情をした顔、見ているだけでホッと安心できる顔、生きる力強さを感じさせる顔……。いろんな顔があるが、どの顔も単純に美醜では説明できない魅力を持っている。

 書名が「美しい顔の人」だったら、この本にそれほど興味を引かれなかっただろう。美しい顔になるには、自ずと持って生まれた限界がある(整形という手もあることにはあるが)。だが、「いい顔」となると話は別だ。

コメント1

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師