• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スポーツカーの“軍事クーデター”
CR-Zは革命巻き起こすか?

第52回:ホンダ CR-Z【試乗編】

2010年7月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 さあさあお立ち会い。今回の“走りながら考える”は、友人知人関係各位から「いつになったらやるんだよ!」と散々せっ突かれていたホンダのハイブリッドスポーツ、「CR-Z」の登場であります。「スポーツカーは売れない」「2枚ドアは人気薄」なる昨今のイヤ~な流れを根底から覆したナイスな1台です。発売1カ月にして、1年分のバジェット(販売目標)を埋めてしまったという超人気振りはみなさまもご存じの通り。当然報道関係からも引っ張りだこでありまして、試乗枠を確保するのが非常に難しい。週末を挟んでの長期試乗など夢のまた夢。その内に空くだろう……とノンビリ構えていたら、7月までずれ込んでしまったという訳です。
 CR-Zの発売日は今から4カ月月前の2月26日。あえて二・二六事件の日を選んだのは、ホンダがこのクルマに託す強い意志の表れでもありましょう。即ち「平成維新断行・尊皇討奸」。武力を持って腐敗の元凶である悪辣なミニバンを我が国の市場から排斥し、スポーツカーを頂点とする天皇親政を実現する……ワケないですね……。最近はホンダもミニバンばかり作っているのですし。

画像のクリックで拡大表示

 ともあれ、CR-Zの登場、そして絶好調の売れ行きが自動車業界に与えたインパクトは計り知れません。恐らく今後は「何だ、スポーツカーも売れるじゃん」と、“柳の下系”が続々と出て来ることになるのでしょう。実にメデタイ。よい流れです。馬券を握りしめ、「そのままー!!」と叫びたい気分です。

 CR-Zは、ホンダが「地球環境を意識したクルマ」として販売する「Honda Green Machine」の第3号(ちなみに1号は「インサイト」、2号は「シビックハイブリッド」)。インサイトをベースにスポーツ化を計った意欲作です。ワイド&ローの精悍なボディは、実物を見ると本当に美しい。歩行者対策で(以前、スバルの回でお話した、潰れて衝撃を吸収するという例のアレです)ボンネットを低く構えることが難しくなった昨今の流れからすると、このデザインは“驚異的”とも言える低さです。空気を切り裂くために思い切り寝かせたフロントガラスから続くラインは、ちょうどクルマの真ん中あたりから緩やかなカーブを描いて、ハッチバックへと繋がります。そしてリアの部分でストンと下に落ちる。これが溜息が出るほどに艶めかしい。

熱帯化するニッポンにはハイブリッドカーでしょう

 外見を見ただけで、乗り込む前から“速い”ことが分かります。いつものようにJR品川駅前で編集I氏からクルマを受け取った私は、車両の周囲を歩き回り、思わず唸ったものでした。

 それでは早速参りましょう。ホンダが産んだ小型軽量ハイブリッドの革命児。CR-Zの試乗記です。

 「いやぁ、今日も暑いですねぇマジで。雨が降るときはスコールみたいな勢いだし、熊谷じゃ39度ですって。日本は完全に熱帯性の気候になりました」。編集I氏は滴る汗を拭いながらスマートキーを差し出し、そう呟いた。排ガスが起因となる温室効果の影響(かどうか本当の所は分からないが……)で、地球の平均温度はジワジワと上昇している。これからはスポーツカーもエコじゃなきゃイカンのである。

コメント12件コメント/レビュー

あのホンダのことです。素人が乗ってわかるようなドンくさいチューニングをあえてするはずがありません。単にハイブリッドって難しいということなんじゃないですかねえ。トヨタとホンダでは同じハイブリッドといってもうずいぶん違うシステムで、ホンダはモーターをアシスト程度にしか使っていないのに対して、トヨタは本気でモーターによる駆動を考えています。今回のホンダのCR-Zにマニュアルがあるのもそのためでしょう。トヨタのシステムではトランスミッションはほとんど無いに等しいのでマニュアルなんていう設定はありえません。その辺がハイブリッドとしてホンダの中途半端さがでています。ホンダの社長がハイブリッドでトヨタに白旗を揚げるのもうなずけます。ホンダでさえこうなのですから、プリウスの10年のアドバンテージはとても大きいのではないでしょうか。(2010/08/03)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「スポーツカーの“軍事クーデター”
CR-Zは革命巻き起こすか?」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

あのホンダのことです。素人が乗ってわかるようなドンくさいチューニングをあえてするはずがありません。単にハイブリッドって難しいということなんじゃないですかねえ。トヨタとホンダでは同じハイブリッドといってもうずいぶん違うシステムで、ホンダはモーターをアシスト程度にしか使っていないのに対して、トヨタは本気でモーターによる駆動を考えています。今回のホンダのCR-Zにマニュアルがあるのもそのためでしょう。トヨタのシステムではトランスミッションはほとんど無いに等しいのでマニュアルなんていう設定はありえません。その辺がハイブリッドとしてホンダの中途半端さがでています。ホンダの社長がハイブリッドでトヨタに白旗を揚げるのもうなずけます。ホンダでさえこうなのですから、プリウスの10年のアドバンテージはとても大きいのではないでしょうか。(2010/08/03)

CR-Zのカタログを見ると、エンジンのピークパワーは6000回転/分のところで、モーターのピークは1500回転/分のところですね。このピークの差が3000回転頭打ちの原因でしょうね。フラットトルクのエンジンがほとんどの世の中でわざとトルクの谷間を作るとは、さすが本田の味付け!というわけでは、多分全然無くて、なんかのしょぼい事情でしょう。こうなったら2速でアクセル踏み続けてパワーバンドに入れるまで頑張るしかないっす!きっとうるさいだろうな。(2010/08/03)

記事の内容はともかく、安易に軍事クーデターなんて言葉を使ってほしくありませんね。(2010/08/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授