• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「絆って美しい」を疑ってみる

2010年7月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 暑い日が続く。
 こう暑いと、つい極端なことを考える。
 たとえば、温暖化は最終段階に来ていて、地球はもう危ないんじゃないか、とか。
 あるいは、人類はそろそろおしまいなんではなかろうか、とか。
 要するに、そういう甘美な考えに浸らないとやっていけないわけです。
 ん? どこが甘美だと?
 いや、人類滅亡というのは、どこかうっとりさせる幻想なのですね。私にとっては。自分だけがたった一人で死ぬことと比べれば。だから、気勢が上がらない時には、なるべく自己の滅亡ではなくて、人類の滅亡を思い浮かべることにしている次第です。まあ一種の健康法、ないしは暑気払いです。巻き込まれる人類の皆さんには申し訳ない話ですが。

 暑さのせいなのか、ひどい事件が目立つ。
 児童虐待のニュースが続発していたり、鬼畜系を自称していたライターさんが読者に刺されて亡くなったり。
 もしかして本当に人類は長くないのかもしれない。
 だと良いのだが。
 なーんて鬼畜なご発言を弄するのはやめておく。偽善と偽悪はいずれも立派な態度ではないが、より有害なのは偽悪だ。酔ったふりをしている人間は、じきに本当の酔っ払いになる。というよりも、酔ったふりをしているつもりでいるその男は、既に酔っているからそんなことをしているのだと思う。用心せねばならない。

 猛暑の日々のある夜、テレビのスイッチを入れると、仮装をした大勢の大人が、汗だくで三輪車をこいでいる。
 ふらふらになった男が泣きながら走っている。
 で、それを見て、スタジオ中の人々が涙を流している。
 なるほど。
 恒例の温暖化企画だ。
「FNSの日26時間テレビ2010 超笑顔パレード絆~爆笑!お台場合宿!!」

 「絆」というのが今年のテーマであるらしい。
 私は15分ほど眺めてテレビの電源を落とした。
 私が視聴をやめた後も、彼らは走っていたはずだ。
 私のために走っていたわけでもないんだろうから。

 絆。
 これは、21世紀の新しい流行なのであろうか。
 どちらを向いても絆だとか仲間だとか友愛だとかそういう暑苦しい話が聞こえてくる気がするのは、私の脳細胞が温暖化しているせいなのだろうか。
 いや、仲間が信頼し、友達が集い、朋輩が結束を確かめ親睦を深める機会を持つことは、たぶん、素晴らしいことなのだと思う。
 私自身、天涯孤独を願う者ではない。
 ただ、仲間同士がお互いの絆や友情に感動することは当然なのだとして、それを眺めることになる人間も、やはり一緒に感動せねばならないものなのだろうか。というよりも、仲間が仲間であることを、仲間以外の人間にアピールすることがエンターテインメントとして成立するはずだという判断は、いったいいつから公式化されたんだ?
 どうしてあの人たちは毎年、同じタイミングで似たような騒ぎをやらかしているんだ?

 個人的な感想を述べるなら、私は薄気味が悪かった。
 仲間が仲間を尊重するのはかまわない。あえて妨害しようとは思わない。
 でも、どうして君たちの内部的なパートナーシップをオレに向かってアピールするんだ?
 君らが泣く姿を見て、オレが泣くはずだという、そういう思い込みで番組を作ることが、どうして君たちには可能なんだ?
 その理由をぜひ教えてほしい。

コメント42件コメント/レビュー

絆の話題は、サッカーW杯日本代表総集編が「これでもかと」テレビで流されたときに取り上げて欲しかったです。(2010/07/30)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「絆って美しい」を疑ってみる」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

絆の話題は、サッカーW杯日本代表総集編が「これでもかと」テレビで流されたときに取り上げて欲しかったです。(2010/07/30)

今、テレビって誰が見ているのでしょう。iPadの話の時に出てきたような、すぐさま何でもググる層(イヤな表現ですが、コンピュータリテラシが高い層、というのか?)には、情報とは自分で選択的に探しに行くもの・興味深い見出しがあればクリックしてみるものであって、向こうからの垂れ流しを受け入れることに、既に耐えられなくなっているように思えます。たまにテレビを見ていても、見たくない顔が出た途端に消している、受容耐性の下がっている自分にふと気付く時があります。ここを読んでいるのは多分比較的そちら側の層なので、今もテレビを見ている層とは既に分断されており、未だに新聞や雑誌等の旧来メディアを読んでいる層、テレビだけを社会の窓として盲信する層、ケータイでゲームをしていて全てを拒む層(今や、映画館で2時間画面だけを見ている事に耐えられないのはもちろん、健康診断はコレステロール値とか言って傷つくからイヤ、体重計が示す自分の体重にさえ耐えられないそうですね)、と、バベルの塔の言語分断のような、今度は横方向の新たな断絶が今、目の前で生まれてつつあるのかと思えば、絆、という名の繋がりを、メディアの側が必死で出してくるのも、何となく肯けます。まあそんなもので繋がるような断絶ではなさそうですが。(2010/07/30)

山に北西を囲まれ、瀬戸内海に面した漁村で育ちました。旧制中学校まで7キロの砂利道を自転車で通学しました。下校時、台風がきて吹き飛ばされそうになった時、自転車を押してくれた上級生、感謝の気持ちから、同窓の固い「絆」が生まれたのを思い出します。昔は生活が苦しかったから、「助けたり・助けられたり」の村社会の「絆」ができたと思う。「高速道路を早急に作れ」「自分の土地は避けてくれ」総論賛成、各論反対、「絆」はできない。ヘキサゴンファミリー、「自分たちは酔っている、お前たちも早く酔え」バカバカしくてスイッチ オフにしました。(2010/07/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長