• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

乗らナイ、買わナイ、見向きもしナイ
三ナイ主義の草食系若者が食いついた

第53回:ホンダ CR-Z【開発者編・前編】

2010年8月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今回はのっけから“性の匂い”がするお話をさせて頂きます。朝イチで本稿をご覧になっていらっしゃる方は、どうぞこのまま読み飛ばして下さいますよう。朝からセックスの話なんてヘンですものね。あれ、でも日本経済新聞では朝刊で官能小説を連載していましたっけ……?するとウチでも朝から一発カマしたって問題ないワケだ……。(編集部I:かまさないでください!)

 先日仕事で知り合った青年と飲んでいた時の話です。年齢は30歳。有名私大を卒業した後に某広告代理店に就職し、現在の所属は広報部。なかなかのイケメンです。高校の頃まではバスケット部に所属していたそうで、身長は180cmに近い。要するに高学歴、高収入、高身長という“モテ条件”を見事に満たしたムカつく野郎……いや、ナイスガイです。世の中にはこういう人が本当にいるんです。
 彼には3歳年下の彼女がいます。所謂合コンで知り合った女性で、こちらは商社勤務。
 人使いが荒いことで知られるこの会社は、女性だろうがオカマだろうが情け容赦なく使い倒します。深夜残業などは当たり前で、平均睡眠時間が4時間に満たない週もあるそうです。
 2人はお互いに1人暮らしで、週末は彼の部屋で過ごすことが多い。金曜の夜に待ち合わせて、映画か何かを見て、流行の店で食事を楽しんでから彼の部屋へ向かう。下着類や簡単な着替えなどは何セットか置いてあるので、そのまま週末は一緒にいて、月曜の朝に彼の部屋からそれぞれの職場へ向かいます。つまり金曜の夜から、土、日と3泊していく訳です。

3日3晩はどうでもいい!クルマが欲しくないのが問題だ

 若い男女が1つの部屋で3日3晩も過ごすのですから、そりゃもう何と申しますか昼夜を問わず……いや失礼いたしました。ここが高貴な「日経ビジネスオンライン」であることを失念しておりました。3日3晩親密で濃密な時間を過ごされる訳です。結構なことです。若いって素晴らしい。完全なるエロオヤジである私がソッチの方に話を向けると、彼は世にも不思議そうな顔をして、こう言ったものでした。
「え?別にヤりませんよ」
 何と。彼は若い身空でセックスレスなのです。
「ヤらないって……3泊もして1回も?」
「1回もヤりません。まあハグしたり、キスしたりとかはしますけど」
「それじゃ2人でいったい何をしているのさ?」
「一緒にDVDを見たり、ゲームをしたり、パスタを作ったり……あぁ、先週はケーキを焼きました。楽しいですよ、料理は」
「ちょっと待て。おかしいだろそれ」
「そうかなぁ……。別にフツーだと思いますけど。僕の回りは結構そんな感じです。それよりヤマグチさんの方こそおかしくないですか。いい年をして、なんでそんなにガツガツしているんです?」
「ガツガツって……。別にフツーだと思いますけど。俺の回りはみんなこんな感じで……」
「類は友を呼ぶってことですね。ボクから見れば、おぞましいエロオヤジの集団です」
 草食化もここに極まれり。彼の言う“僕の回り”のような青年達は、セックスもしないし旅行にも行かないし酒もあんまり飲まないのでしょう。当然クルマにも興味がない。

画像のクリックで拡大表示

「クルマですか?必要ないですね。電車の方が早いし、時間も読めるから合理的です」
「速いクルマとかには興味ないの?SUVでも良いや。楽しいぜ、運転するのは」
「ありませんね。燃費の悪いクルマなど、消え行く恐竜のようなものですよ。あ、ハイブリッドやEV(電気自動車)には多少の興味がありますね。やはりクルマにも社会的意義が必要です。いずれにしてもボクは買いませんが」

コメント12件コメント/レビュー

全長4m超、全幅も3ナンバー枠となるCR-Zは、日本人の感覚で「コンパクト」とは言えないと思います。フロントオーバーハングが極度に長いのもその印象を助長していますね。コンセプトとしては「有り」と感じていたのですが、CR-Zに試乗した結果、実際に買ったのは10年落ち中古車の初代「インサイト」でした(苦笑)。(2010/08/09)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「乗らナイ、買わナイ、見向きもしナイ
三ナイ主義の草食系若者が食いついた」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

全長4m超、全幅も3ナンバー枠となるCR-Zは、日本人の感覚で「コンパクト」とは言えないと思います。フロントオーバーハングが極度に長いのもその印象を助長していますね。コンセプトとしては「有り」と感じていたのですが、CR-Zに試乗した結果、実際に買ったのは10年落ち中古車の初代「インサイト」でした(苦笑)。(2010/08/09)

若者は評判に影響される。車に興味がなく、スポーツカーに乗ったことがない者が、なんだか自分で買えそうなエコカーが出た。これに乗ると、なんだかスマートで、いい人に見えるようだ。昔の若者が外面からハイソカーを買ったのと同じですよ。世間の評価、流行りがエコカー一辺倒だから、それにのせられただけ。(2010/08/08)

私は運転が苦手で通勤以外では一切運転しませんが、この連載は毎号楽しく読んでいました。筆者が素直に感じたことが、ポジティブ指向で伝わってきて良い気分になれるからです。今回、引き合いにだした草食系の人の話は、ポジティブ指向でもなく筆者が理解していない人の話で、話に好感が持てませんでした。以前の調子でお願いします。(2010/08/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

平等であることは人権でもあり、ビジネスの成功のカギでもある。

ヘレン・フォン・ライス イケア・ジャパン社長