• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世間なんて相手にせずに、「ガラパゴス」でもいいじゃない?

単行本第2弾、奇跡の発売! 刊行記念でシーズン3開幕(前編)

  • 岡 康道,小田嶋 隆,清野 由美

バックナンバー

2010年8月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 文化は、ガラパゴスのものだ。
 経済は、グローバルなものだ。

 マネーはユニバーサルでオープンでワールドワイドでインターナショナルなものだ。欲望と同じく。

 だから、商品は、常にフェアな競争にさらされなければならない。度量衡は統一されていなければならないし、市場は開放されていなければならない。

 が、文化の世界では、度量衡は統一できない。
 言語も一元化できないし、交渉過程や鑑賞法についても標準化は不可能だ。

 言い方を変えれば、文化とは度量衡のバラつきそれ自体のうちに内在する要素なのであって、元来翻訳不能なのだ。

 であるから、ある種の音楽が西洋音楽の手法で採譜するととたんに意味を喪失してしまうのと同じように…

(小田嶋隆「ア・ピース・オブ・警句」2010年8月6日掲載分より引用・編集)

* * * * *

 第2シーズンの終了(「若ハゲ!? 髪は気力で生やせ!」)から、はや1年、皆様大変お待たせしました。「人生の諸問題」シーズン3の開幕です。

 …と書くとカンのいい方はお気づきになるかもしれません。そうです。シーズン2をまとめた単行本、『ガラパゴスでいいじゃない』(講談社)が、ついに刊行になるのです。

 今回の再開はその告知を兼ねておりますので、どうぞ皆様、張り切ってお近くの書店、もしくはこちらのリンクからお求め下さいませ。

 さて、この1年の間に、世間ではツイッターの流行や、iPadの登場など、いろいろな騒ぎがありました。「経済」が「文化」のガラパゴスに開国を迫る1年だったとも言えそうです。かたや広告プランナー、こなた引きこもり系コラムニスト、のお2人は、グローバルとガラパゴスの狭間で、どんな思いを持っているのでしょうか。

―― 小田嶋さんは「ア・ピース・オブ・警句」で、ツイッターに関して面白い考察を書かれていましたね。(「伝書鳩がつぶやくのは、誰のメッセージなのだろう」。鳩山さんがお始めになったころですねえ)

コラムニスト 小田嶋隆氏(写真:大槻純一、以下同)

小田嶋 あの記事を書いた時点から、ツイッターはますます何だか有名人の自己満足メディアになってきている感じがして、うかつに参入しなくてよかったなと、俺はほっとしているところです。

―― 一瞬、しようと思ったんですか?

小田嶋 そう、一瞬、参入しようかな、と思った。というのは、やっぱり「お世辞を聞きたい」という強い欲望があるんですよ、半端知名度の人間にとっては。

クリエイティブディレクター 岡 康道氏

 だって、あれってすごく、お世辞にだけ窓を開いておける不思議なメディアでしょう。だから、あそこで発言しちゃっている有名人の出している馬脚というのは、こっち側から、下から、のぞいていると、本当にひどい、本当に恥ずかしいものだな、って。

岡 だって批判をしたっていいんでしょう?

コメント2件コメント/レビュー

自分発信のメディアを持つことは面白い何かができそうだけど、自己肥大化の危険は確かにあるなあ。SNSもツイッターも、「痛い人々」に限って発信量が半端なく多いような気がします。SNSは「ROM」(リード・オンリー・メンバー)の人が多くて、俺が日記書くとわぁって足跡だけ残してくださる。だから日記を書くのが抵抗ある。いや、ありゃあ日記じゃねえな。カミングアウトしないと書けない。カミングアウト損。つながりを演出する装置。ひそかにブログを書いて自己満足に浸りつつもソーシャルに向けて何かを発信するのが1番健全な方法だろう。今流行のパーソナルブランディングは演出がメインで、中身自体がスゴイ人は少ない。大いなる錯覚を楽しむ舞台だ。錯覚しきって幸せならそれでいいじゃないと、ほんとはみんなどこかで気づいている。でも錯覚を貫き続けることが、本物へ近づく一里塚になる(かもしれない)。(2010/08/30)

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自分発信のメディアを持つことは面白い何かができそうだけど、自己肥大化の危険は確かにあるなあ。SNSもツイッターも、「痛い人々」に限って発信量が半端なく多いような気がします。SNSは「ROM」(リード・オンリー・メンバー)の人が多くて、俺が日記書くとわぁって足跡だけ残してくださる。だから日記を書くのが抵抗ある。いや、ありゃあ日記じゃねえな。カミングアウトしないと書けない。カミングアウト損。つながりを演出する装置。ひそかにブログを書いて自己満足に浸りつつもソーシャルに向けて何かを発信するのが1番健全な方法だろう。今流行のパーソナルブランディングは演出がメインで、中身自体がスゴイ人は少ない。大いなる錯覚を楽しむ舞台だ。錯覚しきって幸せならそれでいいじゃないと、ほんとはみんなどこかで気づいている。でも錯覚を貫き続けることが、本物へ近づく一里塚になる(かもしれない)。(2010/08/30)

(かつての?それとも今も同様の?)携帯電話の開発のような、悲惨な環境でものを作り、しかし安くしか売れないといったことがなければガラパゴスでも構いません。ガラパゴスの問題は、作り手が報われない環境であるということにあるのですから。(2010/08/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長