• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

仲間はずれだって、「ガラパゴス」と思えばいいじゃない?

単行本第2弾、奇跡の発売! 刊行記念でシーズン3開幕(後編)

  • 岡 康道,小田嶋 隆,清野 由美

バックナンバー

2010年9月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 お待たせしました、1年ぶりに「人生の諸問題」が先週から復活。そしてなんと講談社さんから、第1シーズンの単行本『人生2割がちょうどいい』に続いて、第2シーズンを編集・加筆した『ガラパゴスでいいじゃない』が、8月26日に発売になります。

 いや、本当にお待たせしました。ということで第3シーズンは前回(世間なんて相手にせずに、「ガラパゴス」でもいいじゃない?)に続き、「文化というガラパゴス」と、「経済というグローバル」の関係について、お話を続けてまいります。ネットを介して、経済や世間からの影響が、広告やコラムの表現という「ガラパゴス」に押し寄せてくる時代に、おふたりはどんな未来を見るのでしょう。

前回から読む)

岡 …だから何だろうね、ツイッターとか何やかやで、みんなの声が――って「みんな」の声ってカッコ付きの声なんだけど、それが聞こえないときの方が広告はやっぱり面白かったよね、作るほうも見る方も。

―― ガラパゴスのほうが楽しかった?

コラムニスト 小田嶋隆氏(写真:大槻純一、以下同)

小田嶋 これは有名な話なんだけど、どこかのブログが炎上したときに、その何千という書き込みのログを全部取ってみたら、結局、5人ぐらいの人間だった、という話もあるぐらいで、いくら炎上だとはいっても、そんなに何千人が書き込みに来るわけじゃないんだよね。

岡 広告のクライアント企業も、身を守るためにという理由で、自社広告に批判的なコメントを集めているからね。そうすると作る方としては、面白いことはできなくなっちゃうんですよ。

―― アメリカでは炎上ってよくあるのでしょうか。

岡 アメリカって、何をやるにも本名じゃないといけないっていうムードがあるでしょ。

小田嶋 というか、あんまり掲示板自体が流行らないって聞いた。

岡 ネットでも、カルチャーの違いはあるだろう。

小田嶋 アメリカはわりとブログがベースにあって、匿名で物を言うことでは満足ができない人たちでしょう。だって向こうで一番流行っているSNSが「フェースブック」だもんね。自分の発言として、本名と顔を付けていないと満足できない、というメンタリティで、スピーチ訓練の時間が学校にあるような国の人たちって、そうなのかもしれないよね。

ネガコメの原因は「拒否された」気持ち?

クリエイティブディレクター 岡 康道氏

岡 アメリカはアメリカで問題を抱えているけど、だけどこんなになっちゃったらさ、よっぽどアメリカの感性の方がまともだと思うよ。もうびびり過ぎだもん、日本中が。

小田嶋 ネガティブコメントって、それを見たり読んだりする側にとっては、アタマに来た、という「怒り」よりは、分からなかったとか、共感できなかったとかしたときの「失望感」がベースになっていたりするみたいだけどね。

岡 それは、自分だけのけ者にされたような疎外感があるということ?

小田嶋 そう、疎外感。

岡 広告の表現へのネガティブコメントについて言えば、「分からない」ということだけじゃないと思うんだよね。

コメント0

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長