• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

86. オタク文化と戦後モダンアートの遺伝子。

【後篇】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を待ちながら

  • 千野 帽子

バックナンバー

2010年8月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。お暑うございます。

 前回、1970年には勅使河原宏や岡本太郎などの戦後モダンアートと昭和40年代特撮怪獣ドラマが兄弟だった、という話をした。

 たとえば、1960-70年代に円谷プロ制作の特撮怪獣ドラマでウルトラマンやウルトラ怪獣や各種メカのヴィジュアルを生み出したデザイナー成田亨は、1950年代から活躍する彫刻家であり、また「太陽の塔」(1970)の内側の「生命の樹」をデザインした美術家でもある。

 いろんなものを無節操に呑み込んでいくのが、サブカルチャーの強みだ。

20世紀少年 第2章 最後の希望』堤幸彦 監督、バップ、3990円(税込)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』通常版、庵野秀明 総監督、キングレコード、4935円(税込)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.』通常版、庵野秀明 監督、キングレコード、5985円(税込)

 1970年に、浦沢直樹も庵野秀明も10歳だった。

 浦沢直樹原作の映画『20世紀少年 第2章 最後の希望』(2009)公開時のイヴェントで、「太陽の塔」が「ともだちの塔」になったとき、上下の顔は「ともだち」のシンボルマーク(目と手。一見手抜きっぽいがよくできている)になっていた。

 なんだか「太陽の塔」自体が、庵野秀明の『新世紀エヴァンゲリオン』TV版の第10使徒サハクィエル(これも目の怪物)になったみたいだった。

 そもそも「太陽の塔」には上の顔と下の顔があるが、金色をした上の顔はウルトラマンだけでなく、TV版の第3使徒サキエル(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』[2008]の第4使徒)や『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』[2009]の第7使徒の顔ともつうじるものがある。

 戦後「大衆的前衛」芸術は、世紀転換期の物語コンテンツに回帰してきたのだ。

 庵野秀明が大阪での日本SF大会(1983)のさいに自主制作特撮映画『帰ってきたウルトラマン MATアロー1号発信命令』の監督・主演をやっていることはよく知られている。

 TV版第5使徒ラミエル(『序』では第6使徒)が形も音も光怪獣プリズ魔へのトリビュートであることは有名だが、これとかTV版第10使徒サハクィエル、第12使徒レリエル、『破』の第8使徒のような抽象度の高いデザインの敵は、プリズ魔やブルトン、バルンガといった、顔も手足もない連中へのトリビュートとすら思えてしまう。

コメント2

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏