• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

1945年の『終わらざる夏』
~8月15日に戦争は終わっていなかった

2010年8月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

終わらざる夏(上・下)』浅田次郎著、集英社、各1785円

 猛暑、いかがおすごしでしょうか?

 ワタシはひどい多汗症で、冷房のきいた電車に乗っていても、背中のあたりがびっしょびしょ。シートが汗でぬれてしまうので、空いた席に座るのもはばかられ、憂鬱です。そんな悩みって、65年前の人たちもしていたんだろうか? 悩んでますなんていうと、当時の人たちからしたら、ゼイタクって言われそうですが……。

 今年もまたやってきた、8月15日。さて、何の日?

 「終戦記念日」だと、多くの方はお答えになるでしょう。しかし、この日から3日後に、千島列島北端の小さな島で、激戦が始まったなんてことを知っている人はどれぐらいいるのだろうか? ワタシはこの本で初めて知ったわけですが。

終戦後に始まった日ソの戦闘

 日本の無条件降伏直前に、ソ連軍が満州や樺太にドサクサで攻め込んだことは知られていても、千島のこの小島での戦闘については、どうして多くの日本人が知らないままに過ぎてきたのか。

 守る日本軍は無傷のまま、新式戦車60輌、精鋭2万3000の兵員を要していた。攻めるソ連軍は約8000。戦車の援護もない状態での上陸戦は、ソ連兵にとっては「戦え」ではなく「死ね」というに等しいものだ。事実、この戦闘は日本軍の圧勝で、ソ連軍は3000とも4000ともいわれる戦死者を出したとされる。

 ではなぜ無条件降伏した日本に向かって、ムチャとも思える戦いをソ連軍はあえて仕掛けたのか。そして、なぜ戦後、この史実は闇にほうむられてきたのか。満州におけるソ連軍の非道についてはいっぱい語られてきたというのに。

 埋もれてゆきつつあるこの謎を、日本とソ連、両方の兵士の目で解き明かしていこうとするのが、浅田次郎氏の最新刊『終わらざる夏(上・下)』である。

 あるインタビューで浅田氏は、「この小説の主人公は戦争です」と答えているが、いわゆる戦場のシーンは下巻の最後のほうに限られている。

 上下2巻で綴られるのは、戦時下においても今日と変わらずあったであろう、人々の暮らし、会話、息遣いである。今日と異なるのは、だれもが戦場に送られる人たちを身近に感じていることだ。

 職場や学校から「赤紙(召集令状)」1枚で戦場へと送り出された兵士とその妻や母たち。疎開した児童と教師たち。各家に、1通1通赤紙を届けた役場の職員、その名簿を作成し戦死の内報をも書いた在郷軍人、青年将校。さらには、ソ連軍の兵士にいたるまで、膨大な数にのぼる、個々の人間のあの時の様子を、作者は詳細に綴っている。市井の情話を得意とする浅田次郎の本領発揮である。

コメント3件コメント/レビュー

昨日のNHKニュース9で、昭和24年の日本海沿岸で起きた機雷爆発による死者を悼む特集がありました。千島におけるロシア軍との戦いは9月2日で終わりましたが、「機雷との戦い」は昭和27年にようやく終わり【戦死者79名】を悼むため、吉田茂首相の指揮のもと金刀比羅宮境内に碑が建立され、毎年追悼式が行われています。そこで培われた「対機雷戦のノウハウ」が海上自衛隊に受け継がれ、今、世界で最強の掃海部隊が日本に存在します。韓国で起きた哨戒艦沈没事件は、日本の掃海部隊ならば返り討ちにする事件でしょう。機雷除去に長けているのは、機雷の敷設に長けているのと同等ですから。(2010/08/18)

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昨日のNHKニュース9で、昭和24年の日本海沿岸で起きた機雷爆発による死者を悼む特集がありました。千島におけるロシア軍との戦いは9月2日で終わりましたが、「機雷との戦い」は昭和27年にようやく終わり【戦死者79名】を悼むため、吉田茂首相の指揮のもと金刀比羅宮境内に碑が建立され、毎年追悼式が行われています。そこで培われた「対機雷戦のノウハウ」が海上自衛隊に受け継がれ、今、世界で最強の掃海部隊が日本に存在します。韓国で起きた哨戒艦沈没事件は、日本の掃海部隊ならば返り討ちにする事件でしょう。機雷除去に長けているのは、機雷の敷設に長けているのと同等ですから。(2010/08/18)

朝山さんは、浅田さんの著書を読んで、占守島の戦いを初めて知ったと書いていますが、この戦いについては、今年の2月15日にノンフィクション作家の大野芳さんが新潮社から「8月17日、ソ連軍上陸す 最果ての要塞・占守島攻防記」を出版されており、また、朝日新聞2008年10月12日(日)の10面写真で語る戦争「北千島の激戦」で詳細に紹介されています。レヴューを書かれるのならば、もう少し情報を調べてから、キチンと書かれた方がいいのではないでしょうか。読者も小説と事実の違いが解ってより深く理解ができたことと思い、残念です。(2010/08/18)

1945/8/15は日本が無条件降伏をすると宣言した日であって終戦の日ではない。結果として卑怯な不意打ちをしたあげく、勝手に辞めたと言った日が終戦記念日とは身勝手も甚だしいと思う。9月2日まで戦争は続いていた。負けましたと言った瞬間に終わるのは囲碁・将棋の類であって戦争が外交の一手段である以上、相手国との同意を持って終戦となるのは当然。記事がソ連を非難しているように思えるが、それが浅田作品の意味の上でどれだけの比重があるか不明だ。もし作品も終戦後の侵攻であることが主眼点であるとしたら、勘違いも甚だしいと言える。浅田氏が戦争の専門家であるならそのようなことは無いと思うがそれを確かめるために読めって?(2010/08/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長