• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

社長を説き伏せても、娘さんには勝てず。
ハイブリッドはイケてもMTはつらかった

第54回:ホンダ CR-Z【開発者編・後篇】

2010年8月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ヤマグチさん!勘弁して下さいよホント。あんまりじゃないですか」

 先週号の冒頭でご紹介した、美しい彼女とセックスレス状態にある某広告代理店に勤務するイケメン君から電話がかかってきた。

「なんだ、どうしたんだよ、藪から棒に」
「僕たちのことを日経ナントカに書いたでしょう。会社で噂になっているんですよ。コレ、あいつじゃないかって……」

 どうやら彼と同じ職場で働く方に当欄の読者がおられたようだ。先週の文章を読んでピンときて、「おいコレあいつのことじゃないのか?」とリンクを張ったメールを社内の関係各位に送信されたらしい。世界最大規模と言われるあの会社の方にもご愛読いただいているのですね。いや、ありがとうございます。

「おかしいなぁ……。大学の時のクラブをバスケ部とかに変えて、多少のカモフラージュを施したんだけど」
「その程度じゃバレるに決まってるじゃないですか。同期の奴らにゃ“草食ケーキ”とか言われるし……もう最悪です」
「なに?草食ケーキって」
「僕が彼女と一緒にケーキを作ることを書いたでしょう。だから……」
「なるほどねぇ……さすがは広告屋さんだ。うまいこと言うわ」
「ヘンな事に感心しないで下さい!次の号で訂正しといて下さいよ。アレはボクじゃないって、分からないように上手く書いて下さい。あ、ツイッターでもお願いします。ひとこと違うと呟いておいて下さい」
「分かった。お安いご用だ」

 と言うことで、彼と同じ職場のみなさま、アレは彼じゃありませんので、ご理解の程よろしくお願いいたします。しかし草食ケーキとは上手いこと言いますね。いやなに、でも彼じゃありませんから。因みに私のツイッターのアカウントは“gogoferdinand”です。ここでも(たぶん)呟きますのでフォローよろしく。K君。こんな感じでいかがでしょうか。万全でしょう?

画像のクリックで拡大表示

 さて、彼の勤務するこの会社。
 実は「CR-Z」の広告展開にも深く係わっておりまして、このクルマの開発当初、本田技術研究所の主任研究員、友部了夫氏がスタッフに向けて発したとされる、「かっこ悪くなったら、やめるからね」という例のセリフを見事に引き出しているのです。CR-Zの開発者インタビュー後半。まずはそのあたりから。

*   *   *

フェルディナント(以下、F):友部さんがこのクルマを開発されるにあたり、最も気を遣ったポイントはどのあたりにあるのでしょうか?

友部(以下、T):う~ん、それはとても難しい質問ですね(笑)。いろいろなポイントがあるんですけれども……。でも一番根底にあって、開発期間中、常に気をつけていたのは“クルマってやっぱりカッコ良くなきゃいけない”ってことなんです。そのことを常に念頭に置いて仕事をしていました。

コメント5件コメント/レビュー

↓こういう本論にあまり関係ないことを公式の場で発言するのはもうやめましょうよ。「あっ全然違うじゃんオートマばかりだ」なんてことになっても何処にも誰にも何の問題もないように思うのです。今回はコメントが圧倒的に少ないので「発言してやろう」と優しい気持ちでされていると思いますがね。(2010/08/19)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「社長を説き伏せても、娘さんには勝てず。
ハイブリッドはイケてもMTはつらかった」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

↓こういう本論にあまり関係ないことを公式の場で発言するのはもうやめましょうよ。「あっ全然違うじゃんオートマばかりだ」なんてことになっても何処にも誰にも何の問題もないように思うのです。今回はコメントが圧倒的に少ないので「発言してやろう」と優しい気持ちでされていると思いますがね。(2010/08/19)

評価結果の「とても参考になった」と「ぜひ読むべき」の割合が高いけれど、そう思った理由が気になった。この記事の出だしを読んだ時、何処ぞのスポーツ紙を読まされてるようで、こんなので記事かよと思った。(一応評価を入れるからには、最後まで読んだけれど。)4ページ目の「T:全て日本製です。他の分野では分かりませんが、ことクルマに関して言えば中国のものはまだまだ使い物になりませんよ。あの薄さであの強さを出すには日本製でないと。ただ、コストのことを考えると、徐々に採用するようにはなるかも知れませんね。彼らの技術だって進化している。どんどん良くなるのでしょうし。」これは本当に現場の人の発言?中国製で安物買いの命失いなんてご免なんだが。パクリを「技術」と言われても。因みに韓国車は「走る棺桶」で有名。車選びの際はホンダには要注意ですか?(2010/08/19)

お言葉ですが、CR-Z、格好良いですか?それこそCR-Xが現役だった頃なら評価されたかも知れませんが。(2010/08/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長