• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

できれば所在不明のままでいてほしい

2010年8月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 足立区で都内最高齢とされる男性がミイラ化した遺体で発見された事件は、当初、奇妙奇天烈奇々怪々な事件として報じられた。
 なにしろ相手がミイラだから。

 111歳(←生きていれば)という年齢も驚きだったし、遺体が30年を経たものであるらしい点も特異だった。家族によれば、本人は30年以上前のある日「即身仏になる。絶対に開けるな」と言い残したきり、部屋から出てこなくなったのだそうだが、その証言の真偽も含めて、当件はどこまでも素っ頓狂だった。

 だから、世間の人々も、第一報を聞いた段階では、誰もが特殊な家庭に起こった例外的な事件だというふうに受け止めていた。私もだ。どうにも浮世離れしていると思った。猟奇的に見える半面、牧歌的な感じもある。お伽話みたいだ。昭和拾遺物語。ワンスアポンアタイム・イン・アダチク。

 ところが、同じ事件について、年金の不正受給の疑いが報じられると、コメンテーターの論調はガラリと変わった。夢が醒めたみたいなぐあいに。なるほど。カネの匂いはすべてを消臭する。物語りっぽさも。
 で、ニュースは、類似の事案を導き出す端緒となった。新たなミイラを召喚したのではない。別の遺体が発掘されたのでもない。所在が確認できない高齢者の記録が、全国で見つかったのである。それも、百歳を超える幻の高齢者たちの、行き先を辿れない書類が。続々と、だ。
 彼らはどこへ行ったのだろうか。
 ニュースショーの司会者は、お盆からこっち、毎日びっくりしていた。
「本当にこれはいったいどういうことなのでしょうか」

 私は、正直に申し上げて、さほど驚かなかった。
 実際にご老人が消えたわけではないからだ。誰にだってわかることだ。彼らは消えたのではない。ただ、所在が確認できていない。それだけの話だ。
 というよりも、有り体に言って、書類上の処理が滞っているということ以上でも以下でもないのだ。
 とすれば、これは大いにありそうな話ではないか。
 私だってしょっちゅう行方不明になる。

「オダジマさんはいません」
「いない? どうしてだ? なぜ消えるんだ?」
「知りません。何度連絡しても不在です」
「携帯は?」
「不通です」

 そう。電源を切れば良いのだよ。簡単な話だ。
 で、鎖切った男(←「腐り切った男」by Atok)として午後の町をさまよう。必要な時間だ。こうしておいた方が何かと都合が良いのだ。私と、私を捜す側の人々の双方にとって、真相は電波の届かない場所に放置しておいた方が万事丸くおさまる。そういうものなのだ。

 ご老人の遺族もまた多くの場合、ご老人だ。百歳超ということになれば、息子や娘だってすでに後期高齢者だ。すべての手続を遺漏なくこなせるとは限らない。百老百態。様々な事情がある。お役所の窓口だって、ある程度年齢の行った人間に対しては、そんなにせっついた対応はしない。納税も期待できないわけだし。であるならば、多事多端な日常の中で記録だけが生き残っていくという事態は十分に考えられる。

 死亡届は出ていないものの、確たる生存確認には至っていないケース。こういうグレーゾーンは、ある確率で必ず発生する。しかも、こういう玉虫色の記載事項については、役所によって扱いが違う。税務署はどこまでも執念深く標的を追うだろう。彼らはハンターだから。

 しかしながら、そのほかの役所は必ずしも追跡者ではない。ハイエナでもない。住民基本台帳を扱う係のお役人はずっと鷹揚だ。鷹揚。ハゲタカの旋回とは違う。その他、転出届や転入届や死亡届や行方不明者の捜索願を受け付ける係の人々もそれぞれにそれぞれな仕事をしている。すべてのお役人が同じ解釈で動いているとは限らない。誰もがハゲタカ基準で働いているわけではない。当然の話だ。

コメント63件コメント/レビュー

コラムニストは、世の中と違った切り口で、世の中の事象を切り取って見せるのが商売。といったことをあるコラムニストが書かれていましたが、今回はまさに、その意味で傑作コラムでした。大変面白かったです。そういう「自分と違う切り口」を面白がるのがコラムなのに、コメント欄でマジレスしている人、そのマジレスコメントにマジレスしてる人・・・(笑)。「絆って美しい」の回は、ありきたりの切り口で面白くなかったですが、今回は最高!(2010/08/23)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「できれば所在不明のままでいてほしい」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コラムニストは、世の中と違った切り口で、世の中の事象を切り取って見せるのが商売。といったことをあるコラムニストが書かれていましたが、今回はまさに、その意味で傑作コラムでした。大変面白かったです。そういう「自分と違う切り口」を面白がるのがコラムなのに、コメント欄でマジレスしている人、そのマジレスコメントにマジレスしてる人・・・(笑)。「絆って美しい」の回は、ありきたりの切り口で面白くなかったですが、今回は最高!(2010/08/23)

小田嶋さん、ほんといつも面白いです。小田嶋さんみたいな方が増えれば、世の中もっと楽しくなりそうです。(2010/08/23)

「無縁死」という言葉がある以上、「戸籍上は生存している死者」が日々発生しているのは誰でもわかることで、ことここに至ってまるで初めて聞いた!こんなことがこの世の中にあるなんて!と大騒ぎをしているのもちょっと白々過ぎやしませんか。まさに「かまとと」もいいところ。私なんぞは「地域社会のネットワークの復活を!」なんて聞いただけで「隣組の復活かい?」と思ってしまいますが、行政も政治家もマスコミ関係者も有識者とやらも、ここぞとばかりに「家族の崩壊」「地域社会の崩壊」を騒ぎ立てるのはいかにも暑苦しい。「年金の不正受給」はもちろんイケナイことですが、不正受給した家族にもうちょっと知恵というかエネルギーがあれば、生活保護に頼ったでしょうよ。実際問題として生活保護を受けたほうがその家族にとってもよかったんじゃないの?と思うようなケースの方が多いんじゃないですか?小田嶋先生の言うとおり、実情を確実に把握しなくてはならないのは、児童相談所の虐待通報の方が先でしょう。何か問題の扱い方が間違っているとしか思えない。(2010/08/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授