• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

円高と下がり気味の眉の悲劇

2010年8月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 連日の猛暑だ。
 円高でもある。
 程度は、たぶん円高の方がキツい。

「気温に換算すると43度ぐらいかな」

 と、K山は言っている。私はこの男の景況判断を大筋のところで信頼している。経営者だからだ。経営者はやはりどこかが違う。必死だからだと思う。必死な人間には何かが宿る。でないと不公平だ。

「ははは。摂氏43度じゃ、そこらじゅう死屍累々じゃないか」
「笑い事じゃないぞ。実際に死人は出ている。然るべき人間がきちんと数えれば、熱中症の死者より多いはずだ。本当だぞ」
 K山は笑っていなかった。ん? もしかしてお前も死にそうなのか。
「ノーコメント」
 了解した。以後、円高について冗談を言うのはやめることにする。

 夜、テレビをつけると、ニュースショーの解説役のおじさんがこんなことを言っている。
「私は経済の専門家ではないが、円高も悪いばかりのものではないとは思う」
「確かに輸出企業はきついだろうが、日本には輸出企業しかないわけではない」
「見方を変えれば、円高は日本が内需型の社会に移っていくための試練だというふうに考えることもできるのではなかろうか」
「私は経済の専門家ではないし、よくわからないのだが、そんなふうに思ってしまうのですね」

 マクロ的に見れば、解説者氏の言い分にも一理はあるのだと思う。
 でも、怒る人は怒る。
 K山は間違いなく怒っている。あいつはたぶんこう言う。
「つまりアレか? 猛暑で年寄りの熱死が続発していることについて、あんたは『ご老人の熱死も悪いことばかりではない。高齢化社会を是正するという意味ではひとつの調整局面と見ることもできる』と言うわけか?」

 K山のほかにも、怒っている日本人は山ほどいるはずだ。彼らは誰かに怒りの矛先を向けないと眠ることができない。それほど、今回の円高は急激で、かくまでに人々は追い詰められている。
 こんな相場が続くようだと、輸出企業の経営者のみならず、血の気の引いた顔の人々は今後さらに増えることになるだろう。

「昨日膝までだった水位が胸元まで来てる感じだと言えばわかるか?」

 うむ。わかる。少しだが。私は波打ち際で暮らしている人間ではないが、「轍鮒の急」ぐらいは学校で習った。水たまりで渇きに喘ぐ鮒と荘子の会話を模した味わい深い寓話だ。知らなかった人は検索してみてくれ。太古の賢人が二千数百年の時を超えて、為政者の無策をたしなめていることが了解できるはずだ。

 ニュースの画面は白川総裁の写真を映し出す。
 と、良くない空気が流れる。
 総裁が無能だと言いたいのではない。
 ただ、あの人の顔は、このたびのような鉄火場じみた空気には似合わない。そのことを私は申し上げている。
 なにより、表情が気楽すぎる。
 あの顔が映るたびに、焦っている人々は絶望するはずだ。

「なに余裕ぶっこいてるんだよ」

 と、輸出関連の中小企業を経営している向きは軽い殺意をさえ抱くかもしれない。

コメント44

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「円高と下がり気味の眉の悲劇」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長