• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「価値観」の合致で快適なランニング

仲間を募って楽しく走る方法《折り返し点編》

  • 岡田 博紀

バックナンバー

2010年9月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった』(岡田博紀著、大和書房、1470円)

 レストラン経営で学んだスキルを生かして、メンバーを集めて毎週土曜日の朝に皇居の周りを走る「皇居ラン」を主催しているのが、エンレスト(東京都新宿区)の代表取締役である岡田博紀氏だ。現在、都内で炭火焼きの「江戸前炭火焼 kemuri(けむり)」1店舗と中華料理の「一茶一坐」2店舗を運営するほか、レストランのモニター調査サイト「くぅべる」を開設するなど飲食業界に関わるビジネスを手掛けている。

 そんな経験を踏まえて、岡田氏は今年4月に『ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった』を出版した。そんな起業や経営の経験を、どのように「皇居ラン」に結びつけているのか。具体的に見ていこう。

『おもてなし』はランニングに通ず」《スタート編》」から読む

 前回は、「皇居ラン」を始めるに当たって、「仲間を集めて増やす」方法について述べました。ここでは、レストラン経営における起業や顧客獲得の手法を応用しました。今回は、集まった仲間で楽しむための考え方を取り上げたいと思います。経営で言えば、チームマネジメントにかかわる部分です。

レストランでの学び[応用その3]
お互いに褒め合う文化を作ろう

 仲間と皇居ランをする1番のメリットは「喜びを共有すること」だと思います。時間や距離などの目標を達成した時に、一人で喜ぶのか、一緒に喜んでくれる仲間がいるかは大きな違いがあります。このために欠かせないのが、「褒め合う文化」です。

期待値を上回れば、評価していい

 私が経営するレストラン炭火焼きの「江戸前炭火焼 kemuri(けむり)」では、「アウトスタンディング・カード」という仕組みを取り入れています。

 私の経営する神楽坂の「レストランkemuri」では、「アウトスタンディング・カード」という、期待を上回る活躍をした人に仲間がカードを渡すという仕組みがあります。これは、「期待を超える活躍」を賞賛する賞で、MVP賞とは異なります。MVP賞をもらえるのは、常に仕事ができる一握りの優秀な人たちだけですが、アウトスタンディング賞ならば、まだ右も左も分からない、入ったばかりの新メンバーでも評価を受けることができます。
 ベテランの人は期待値が高いですが、新メンバーであれば期待値が低いので、「初日でこれだけできたら凄い!」と評価されるといったものです。「みんなと比べて1番」ではなく、「その人の期待値と比べて上回っているかどうか」の視点です。
『ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった』pp.100より

 この「アウトスタンディング・カード」の考え方を、皇居ランでも実践しています。さすがにカードの発行こそありませんが、皇居ランの前に各人が目標を設定し、皇居ランの後にそれが達成できたかできなかったかをみんなで確認し合うという活動です。

画像のクリックで拡大表示

 走る前に設定した目標を当人が達成できた時は、みんなで「凄い!」「よくやった!」といった感じで喜び合うようにしています。誰だって人から褒められると頑張れるし、何より楽しい!

 例えば、私が掲げていた目標は、最近まで「皇居1周(5キロメートル)を歩かずに、どんな遅くとも走り抜く」というレベルでした。ストイックに走りを追求されているような方には、お粗末なレベルに思われることでしょう。それでも初めて歩かずに走り終えた時は、何とも言えない達成感に包まれました。

画像のクリックで拡大表示

コメント0

「レストラン経営で教わったことを「皇居ラン」で実践した」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

開発スピードは速くもなんともない。何が速いかと言えば、ジャッジですよ。

大山 健太郎 アイリスオーヤマ社長