• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

小沢さんにとっての選挙の意味を、コラムニストにとっての連載で考える

2010年9月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最初に訂正とお詫びです。先週の当欄で「S/N比」について、「サウンド/ノイズ比」という説明をしましたがあれは間違いです。正解は、「シグナル/ノイズ比」の略でした。私の記憶違いです。40年近く、ずっと勘違いをしていました。わかっているつもりでも確認しないといけませんね。
 原稿を読んで「なるほど。サウンド/ノイズ比か、ひとつ利口になったな」なーんて思っていた人は、ひとつ愚かになっています。申し訳ありませんでした。

 さて、小沢さんが負けた。
 民主党代表選挙の話だ。
 菅さんが勝ったのではない。
 小沢さんが一方的に負けたのだと私は考えている。一人相撲での一人負け。決まり手はお手付き、だろうか。

 意外だった。
 勝つと思っていたからだ。
 というよりも、小沢さんは、負ける戦いをしない人だというふうに私は思っていて、だから、その小沢さんがあえて勝負に打って出た以上、当然勝つのであろうと思いきめていたのだ。
 結局、私もまた小沢マジックにひっかかっていたのかもしれない。

 敗北という結果を受けて、いささか茫然としている。
 落胆ではない。
 敗北感ともちょっと違う。
 安堵している部分もあるからだ。予想通りに小沢さんが勝ってしまわなくて良かった、と、心のうちの半分ぐらいではそう思っている。
 が、一面、寂しくもある。そう、自分ながら不思議なのだが、私は、小沢さんが負けて、感傷的な気持ちになっているのだ。
 おそらく私は小沢さんに関して、愛憎相半ばする、少しばかり厄介な思い入れを持っている。

 だから、小沢さんの敗北について、国益においての評価とは別次元の、エモーショナルな反応を示していて、その反応に自分ながら面食らっている次第だ。
 いずれにせよ、私をこういう気持ちにさせる政治家は、ほかにいない。

 一般の政治家に対しては、私の態度はもっとはっきりしている。期待するか、でなければ興味が無いのか、どちらかだ。評価も状況次第。是々非々。それだけの話だ。
 一方、政策や主張とは別に、どうしても好きになれない人たちというのがいる。正直な話をすれば、私にとって多くの政治家はこっちの分類に入る。単純に嫌いなタイプの凸型人格。テレビに顔が映ると、即座に消音ボタンを押したくなる。そういう対象だ。

 以前、当欄でも書いたことがあるが、小沢さんは、高校の先輩に当たる。そういう個人的な事情も、多少は関連しているのだと思うが、そんなこんなで、ごく若い頃から、私は小沢さんに注目していた。

 必ずしも支持していたわけではない。敵視していたのでもない。ともあれ、ふだん、政治には関心を持たない私が、30年間にわたって、一人の政治家をウォッチングしてきたのである。これはなかなか大変なことだ。

 実際、小沢さんは、田中角栄の一の子分と言われていた時代から、注目に値する政治家だった。
 竹下派の中にいた時も、新生党を旗揚げした時も、細川内閣の背後にいた時も、この30年間、いかなる場面でも小沢一郎の存在感は際立っていた。

 小沢さんは、「絶対に負けない」と思わせるオーラを身にまとっている政治家だった。デビュー以来ずっとそうだ。どの政党のどの派閥に居た時も。倒れた時や、実際に負けた時でさえ。
 だから、小沢さんのもとには人が集まり、票と権益とカネが集中し、議員と候補者と政策通と官僚が集うことになった。そうやって彼のまわりにはひとつの雲(←クラウド?)のごときものができあがり、その雲の上から、彼は魔法のような影響力を行使することができた――と、少なくとも、彼を信奉する人たちはそう思っていた。

コメント37件コメント/レビュー

手詰まりになることが予想されているときは、手詰まりになった時は、私だよという次の存在感を与えておくことが戦略だとすれば、勝ったのではないでしょうか。 10月の審査会で不起訴になってからでもお遅くない。手詰まりは、そう遠くないのだから、マスコミは挙って反対しても、君が代を歌わない信念が揺らいだ首相を見放すのも早いはずである。(2010/09/21)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「小沢さんにとっての選挙の意味を、コラムニストにとっての連載で考える」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

手詰まりになることが予想されているときは、手詰まりになった時は、私だよという次の存在感を与えておくことが戦略だとすれば、勝ったのではないでしょうか。 10月の審査会で不起訴になってからでもお遅くない。手詰まりは、そう遠くないのだから、マスコミは挙って反対しても、君が代を歌わない信念が揺らいだ首相を見放すのも早いはずである。(2010/09/21)

今40代以下の人はロッキード事件以後の政治しか見ていません。そういう人たちの割合が増えてきたことで小沢的利誘導型選挙が賞味期限切れになったのだと考えます。今は、大衆煽動的な小泉型選挙の時代です。これだけ浮動票の割合が増えてくると、自分のまわりの支持者だけに受けることを叫んでもだめでしょう。小沢さんがいくら地方行脚といって各地を回ったところで、話す相手は一部の小沢マニアの人だけです。それでは圧倒的多数の浮動票はつかめないでしょう。(2010/09/21)

小沢さんが集中攻撃を受ける理由はごく単純、それは官僚機構と大マスコミにとって小沢さんが怖くてたまらないからです。小沢さんが権力を握ったら本気で既得権益を壊しに来る。現状維持でぬくぬくとしていたい官僚と大マスコミはそれを嫌い、片や検察が濡れ衣捜査とリークで「大悪人」のレッテルを貼り、片や大マスコミが胡散臭い「世論調査」で都合の良いように世論を誘導する。すっかり財務省に取り込まれている菅さんなら人畜無害で既得権益が脅かされる恐れはないので、大マスコミは「支持率V字回復」を喧伝して援護射撃。実に分かりやすいではありませんか。既得権益を破壊する「小沢総理」を見てみたい。(2010/09/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授