• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

朝日新聞に全面広告を出して、実感したあること(実話)

単行本第二弾『ガラパゴスでいいじゃない』発売記念連載、その4

  • 岡 康道,小田嶋 隆,清野 由美

バックナンバー

2010年9月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

岡 インターネットの普及によって、ほとんどの人は、豊かになったのではなく、むしろ奪われたんじゃないか、と僕は思うんですね。新聞が危ないとか、本も危ないとか、あるいは書店が危ないとか、取り次ぎも危機だとか、いろいろ大変じゃないか。それらは少し前まで、僕たちの日常に深く組み入れられていたのに。

小田嶋 確かに業界的にもそうだけど、個人で言うと、俺たちだって全員が、携帯代とか、プロバイダー料金だとかいうことで、薄ーく、万遍なく取られているよね、情報税みたいな形で。

クリエイティブディレクター 岡 康道氏(写真:大槻純一、以下同)

岡 そう、実際に今だって取られているわけでしょう。グーテンベルクは与えたけれども、インターネットは奪ったと考えてもおかしくないんじゃないか。

小田嶋 インターネットがどういう意味を持つのかって、大きくは、これからしばらくたたないと分からないと思うんだけど、でも、とにかく壁が取れたことだけは確かで、その壁が取れたことによって、儲けた人もいるし、失敗した人もいるし、なくなっていく産業もある。いいことばっかりじゃなくて、おそらく庶民にとっては悪いことの方が多いような気は、俺にしたって、しないでもない。

「タダ」のようで「なんでも商い」になった

岡 無料である、ということを最初の前提にしたことが、すべての間違いのもとだったんじゃないだろうか。

小田嶋 俺はそうは思っていなくて、むしろ、ブログにしても、ツィッターにしても、お互いがお互いにとって商売になっちゃったみたいなところで、どんどんおかしくなっていったと思う。

岡 そうか、逆にね。

小田嶋 適切な例かどうか分からないけど、男湯と女湯の間の壁をぶっ壊しました、と。そうするとただで見られてラッキー、というのがあるかもしれないけれども。

岡 これは革命じゃないか、と(笑)。

小田嶋 でも、女性の裸が丸見えになってすごく安くなっちゃったね、ありがたみがなくなっちゃったね、みたいなことが必然的に起こると、じゃあ、壁を取ったことで、いったい誰が得をしたんだろう? という話になるよね。だいたいセックス観みたいなものは、隠しているからこそ成立する、ということが我々の中にはあるから。

―― 岡さんは今年3月に、TUGBOAT(=岡康道が代表を務めるクリエイティブ・エージェンシー)10周年の作品集の広告を、朝日新聞の朝刊に見開き30段で出しましたが、そのときに新聞広告の反響、効用は実感されましたか。

全面広告・朝日新聞・しかも見開き

岡 実感しましたよ。直接、電話をかけてきて「よくやった」と言ってくれた人もいたし、わざわざ僕を呼び出して、「あんなのは自己満足じゃないか」と言ってきた人もいたし。

―― それで、新聞はやっぱり消滅しない、と思ったりはしませんでしたか。

岡 僕があのときに一番感じたのは、新聞ってすごく広告費が安くなった、ということですよ。

―― だから出せた、ということでもあった、と。

岡 だから出せた。だったら新聞広告って、仲間内のメディアとして使えるな、とあのときは思ったわけ。

コメント3

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長