• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【最終回】外国人医師の受け入れ拡大に医師は「No」、患者は「Yes」

  • 木村 憲洋

バックナンバー

2010年9月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回の記事「外国人医師の受け入れを拡大すべき?」に対する、たくさんの投票とコメントありがとうございました。

 今回のテーマについては、日経メディカルオンライン(NMO)と日経ビジネスオンライン(NBO)の投票結果に大きな差が出ました。「外国人医師の受け入れを拡大すべき?」との問いかけに対して、NMO(医師)では「Yes」が37%で「No」が63%。約3分の2の回答が「No」です。一方、NBO(患者)では、72%が「Yes」との回答でした。

 現行、日本の医師免許を持たない外国人医師による日本国内での診療行為は、医療法により原則禁じられています。例外として、「臨床修練制度」(臨床修練指導医の下での特定の専門知識や技能の習得を目的としたものであれば、厚生労働大臣の許可を条件に、診療が認められる)の下での診療は可能ですが、在留期間は2年までで、その後は帰国しなければなりません。また、この制度により日本の医師免許を得ることはできません。そのためなのか、現状、この制度により日本で診療業務に従事する外国人医師はごく少数です。

 一方、外国人医師の受け入れ拡大が議論される際、その目的として挙げられるのは、(1)先端医療研究への貢献(2)メディカルツーリズム促進のための環境整備(3)医師不足対策――の3点です。以前は(3)の医師不足対策から論じられることが多かったのですが、最近は、主として(1)(2)が焦点になっています。実際、菅直人内閣が今年6月にまとめた「新成長戦略」の中には、外国人医師・看護師による国内診療などの規制緩和の実施が盛り込まれており、その目的は、先端医療研究への貢献やメディカルツーリズム促進とされています。

「外国人医師はやって来ない」

 今回、医師と患者で結果は大きく分かれましたが、医師の6割が反対した理由の一つは、受け入れ拡大に意義を見出せないと考えたからではないでしょうか。簡単に言えば、多くの医師は「受け入れを拡大したとしても日本で働きたいと思う外国人医師はほとんどおらず、意味がない」と受け止めており、それが投票結果に反映されたのだと推測されます。

 医師が「外国人医師はほとんど来ない」と見ている理由は、過酷な割に薄給とされる日本の労働環境にあります。そんな日本に、言葉の壁を乗り越えてやって来る医師は、いてもごく少数との見方です。

 実際、「Yes」に投票した方の中にも、「私が外国人なら間違いなく、障壁が低く、給与が良く、自分の時間もある他の国に行くと思います」「日本で働きたい外国人医師はほとんどいないでしょう。あえて日本を選ぶメリットがありません」といった意見が複数見られたほどです。そうした背景からでしょうか、「一度受け入れを拡大してみて、来日した外国人医師の反応を日本社会に知らしめるべきだと思います」といった、少々自虐的な意見も寄せられました。

 このほかでは、「医師は、どこの国でもまずその国民の必要のために養成されるべき。相手国の社会的資源を奪う形になるのはよくない」とのコメントが印象に残りました。

大きなメリットもデメリットもなし?

 一方、患者側のコメントを見ても、受け入れ拡大により多くの外国人医師が日本で働くようになると考えている向きは、決して多くはないようです。にもかかわらず「Yes」が多数に上ったのは、患者の立場からすると、受け入れ拡大による目立ったデメリットが感じられないからかもしれません。

 外国人医師に診察を受ける場合、患者にとって大きな問題になると思われるのは、コミュニケーションと医師の質の2点だと考えられます。

コメント4件コメント/レビュー

過重労働を訴える医師が受け入れ反対、というあたりに本音と建前の差がチラチラ見えるような気がします。看護士や看護婦の受け入れでも当事者には反対が多いと聞きます。当事者(医療関係従事者)の利害を尊重していては、事が決まらない。結局、何のための医療か、誰が主人公か、をベースにトップダウンで医療のあるべき姿を決める。その中で海外からの受け入れをどうするかも決めるしか無いと思う。少子高齢化が進む日本で、受け入れ拒否が可能とは思えませんが。(愚痩子)(2010/09/28)

「どうする? 日本の医療」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

過重労働を訴える医師が受け入れ反対、というあたりに本音と建前の差がチラチラ見えるような気がします。看護士や看護婦の受け入れでも当事者には反対が多いと聞きます。当事者(医療関係従事者)の利害を尊重していては、事が決まらない。結局、何のための医療か、誰が主人公か、をベースにトップダウンで医療のあるべき姿を決める。その中で海外からの受け入れをどうするかも決めるしか無いと思う。少子高齢化が進む日本で、受け入れ拒否が可能とは思えませんが。(愚痩子)(2010/09/28)

医師の労働条件が「過酷な割に薄給」ですか?ではなぜ多くの医師は自分の子供を「過酷な割に薄給」な医師にさせたがるのでしょう?かつて日本の経済を支えてきた「ものづくり」の分野では、エンジニアたちが本当の「過酷な割に薄給」な条件のために自分の子供たちを自分と同じエンジニアにはさせたくないと考えています。昨今の子供たちの理系離れの一因もここにあるでしょう。本当に医師の労働条件が「過酷な割に薄給」ならば自分の子供を医師にしようなんて思わないですって、、、(2010/09/28)

現在の保険給付と、一方では高度な患者ニーズがあるので(地方でも高度な医療を受けたい等)があって医師不足が感ぜられるのです。現在でも医師は見方によっては過剰ですし、15年後団塊の世代が大きな医療(強い化学療法や大手術など)の適応年齢を過ぎてしまうと大幅に過剰となります。地方も過疎が進めば、地方病院医師お過剰になります。従って反対であり、不要でしょうし、この勤務体系では来ません。(2010/09/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長