• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

10年前の新卒

  • 津村 記久子

バックナンバー

2010年10月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2010年もあっという間に後半である。この季節、大学3年のみなさんは、そろそろ就職活動に関する大学側の説明会に呼び出されている頃ではないだろうか。わたしは、1999年の時点で大学4年生だったので、就職活動をしたのはもう10年以上前のことになる。

 やり直せるものならやり直したい、と思う。学生だった頃の仕事選びと、仕事を経験した後の仕事選びでは、それこそ天と地ほどのギャップがあるからだ。今の考え方でもって、新卒の就職活動に臨んだとしたら、まだもう少しましだったかもしれないと常々思っている。

* * *

 就職活動を経て最初の会社に入社し、そして退職し、その後今の会社に落ち着いた後も、就職活動の時に集めた資料などはなかなか捨てられなかった。3年生の後半の時点で家に送られてきた、リクルートの5巻か6巻セットの、業界ごとの会社案内もかなり長い間本棚に挟まっていた。

 特に読み込んで自分の見識に役立てるわけではないのだが、とにかくその背表紙を見るとうっと息が詰まる。そして、自分が今職を得ていることに感謝する。そのうっとなる感じを忘れないために、かなり長い間持っていた。

* * *

 それもいいかげん場所をとるので捨ててしまい、資料も処分して、わたしの手元には、大学から配布された就職活動用のA5のルーズリーフだけが残った。

 これだけはどうしても捨てられなかった。しかし開くこともないので、なかったことにするわけにはいかないのだけれども、おいそれと開帳して眺めたい過去でもないのだろう。

* * *

 1998年、3年生の秋に、初めて大学主催の就職説明会があり、実はあなたたちはすっごいすっごい厳しい状況にいます、と告げられた。

 それまで、「バブルがはじけた」だとか「不況」いう言葉はところどころで耳にしていたものの、それと自分の就職がどう関係しているのか、うまく頭の中でつなげることができなかったのだった。地方の私立大学生なんてそんなもんなのかもしれないし、わたしが特段ばかだったのかもしれない。

* * *

 就職活動ノートの最初には、第一印象を良くするこつが記されている。第一印象は6秒で決まり、そのうちの58%は目から見えるもので、内面を伺い知れる要素はわずか7%らしい。じゃああとの35%は何なんだということは書かれていない。

 その他、コートは「着ていていいよ」と指示された場合以外は着ていてはだめ、だとか、資料は両手で受け取れだとか、名刺は胸の前ぐらいで受け渡しをしろだとか、目を合わせてしゃべれだとか、完全に基本やろということが記載されている。

 大学生の時点では、こんなこともわかっていないのかということが逆に驚きである。

画像のクリックで拡大表示

コメント2

「藁でもよろしいですか?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長