• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ザックジャパン始動、初陣の成否は

今後の進化を判定する3つのポイント

  • 森本 美行

バックナンバー

2010年10月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界を1カ月にわたって興奮の渦に巻き込んだサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会が閉幕して約3カ月。4年後の2014年にブラジルで開かれる次回大会の出場を目指して、新生日本代表がそのスタートを切る。

 南ア大会で1次リーグを突破し、日本代表を2002年の日韓大会以来2大会ぶりのベスト16に導いた岡田武史前監督。その後任に、イタリア人のアルベルト・ザッケローニが就任した。明後日(10月8日金曜日)に行われる「キリンチャレンジカップ2010」で初めて指揮を執る。

 相手は、W杯2回の優勝を誇るアルゼンチン代表。この南米の強豪に対してどのような戦いを見せるか。今から楽しみだ。

イタリアらしからぬ攻撃的サッカーが身上

 早くも“ザック”の愛称がついたザッケローニは、ACミラン、インテル、ユベントスといったイタリアの名門クラブの監督を歴任し、ACミランの監督時代には同国のトップリーグである「セリエA」の優勝も経験している。

記者会見に臨む日本代表新監督のアルベルト・ザッケローニ氏(左)

 イタリアのサッカーと言えば、かんぬきを意味する「カテナチオ」という言葉に象徴されるように、あたかも門にカギを掛けるがごとくゴール前の守備を固めてまずは失点を防ぐ。そして少ない人数でカウンター攻撃を仕掛けて点を取りに行く。こうしたイメージが一般には強いだろう。

 ザッケローニがこれまで志向してきたサッカーはそれとは一線を画す。ディフェンダー(DF)を3人にして、その代わり前線に3人のフォワード(FW)を置く「3-4-3」と呼ばれる布陣を多用し、攻撃重視のサッカーを展開してきた。

 その特色は、9月30日に発表された、アルゼンチン戦に臨む日本代表25人のメンバー構成に早くも表れた。8人の選手をFWとして登録したのだ。

 その中には、南ア大会で活躍した本田圭佑(ロシア・CSKAモスクワ)や松井大輔(同・トム・トムスク)、さらに9月4日のパラグアイ戦でゴールを決めた香川真司(ドイツ・ドルトムント)ら、前回召集時はミッドフィールダー(MF)で登録されていた選手が含まれている。

 このため、明後日のアルゼンチン戦は3トップの攻撃的な布陣を試すのではないかとの観測が浮上している。もっとも、攻撃的か否かは布陣だけで決まるものではない。いくら3人のFWを起用しても、彼らが中盤に下がって前線で攻撃を展開できなければ、攻撃的なサッカーとは呼べない。

 実際、南ア大会での日本代表は守備的だった。ボールの支配率は4割前後と相手を大きく下回り、勝利を上げたカメルーン戦やデンマーク戦でも守勢に立たされることが多かった。攻撃力を高めていかない限り、W杯でベスト8の壁を突き破ることは難しいだろう。

コメント3

「森本美行のスポーツ解剖学 データでひもとく試合の“真実”」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長