• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タイから届いた「ゴーンのマーチ」
アイドリングストップはいいけど、高速は?

第61回:日産 マーチ【試乗編】

2010年10月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。
 しかし何ですね。一雨ごとに秋めいて参りますね。記録的に長く暑かった夏も、過ぎてしまえば一瞬のことのように思えるから不思議です。今頃になって、夏にやり残した事がアレコレと思い浮かび、今からでも何とかフォローできぬものかと焦ったりしています。
 思い返せば今年の夏は、海外にばかり出ていたのもので、冷やし中華を1度も食べずに終わってしまいました。こう涼しくなってしまうと、今さら季節外れの冷やし中華など食べても空しいばかりで……と、失礼いたしました。え~とクルマクルマ……。クルマの話でしたね。当欄もここ最近は“番外編”ばかりが続き、なんと最後の「CR-Z」編から1カ月も間が開いてしまいました。今回は久しぶりに本来の姿である“試乗編”をお送りいたします。

 今回チョイスしたクルマは日産自動車のマーチ。
 日産初のリッターカーとして、「マッチのマーチはあなたの街にマッチする」なるしょうもな……いえ衝撃的なコピーとともにデビューしたのが1982年。今から28年も前のことです。このクルマは非常に人気が高く、実に10年もの長きにわたり生産され続けました。国産車で、かくもモデルライフが長く続いたのは非常に珍しいことです。

画像のクリックで拡大表示

 今やVWの専売特許のように思われているスーパーチャージャー+ターボという先進の複合過給器システムも一部の車種で採用され、(これは930ccのエンジンで110馬力を実現した、凄まじいモンスターマシンでした)峠道で大排気量車を追い回す痛快な姿が見られたものでした。
 92年にデビューした2代目もやはり大変な人気で、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のみならず、欧州でもカーオブザイヤーを獲得し、既に懐具合が寂しくなっていた日産の屋台骨を支える主力車種にまで成長していきます。モデル後半には「フィット」や「ヴィッツ」などの手強い競合車が出てきたために売り上げはやや細りますが、このクルマもやはり10年間にわたり生産が続きました。

画像のクリックで拡大表示

 そして現在街に溢れているのが、2002年デビューの丸っこいデザインが特徴的な3代目マーチ。もはや“経営危機”と呼んでも差し支えのないガタガタの状態にあった日産は、ルノーの傘下に入り、カルロス・ゴーン氏がCOO(最高執行責任者)として送り込まれたのが1999年。このクルマはゴーン氏着任後、途中からではありますが彼の意見を多く取り込んで開発された最初の量産車ということで、その売れ行きは大いに注目を集めました。無論ゴーン氏着任から2002年の間には何台ものニューモデルがリリースされているのですが、ゴーン氏の考えが強く反映されたという意味で、3代目マーチを“ゴーンの子“と呼んで差支えないでしょう。

画像のクリックで拡大表示

コメント15

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「タイから届いた「ゴーンのマーチ」
アイドリングストップはいいけど、高速は?」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長